ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope Threat Coverage: BlackSnake Ransomware

Mar 16 2023

Summary

BlackSnake is a ransomware-as-a-service (RaaS) group that first appeared in a hacking forum in August 2022, where the operators were seeking affiliates and stating that they would take 15% of the profit, which is below the typical average of 20-30%. On February 28, 2023, a new variant of BlackSnake was spotted, and is notable for having a clipper module that targets cryptocurrency users. This is an additional attempt to directly steal the victim’s money, while also encrypting files and asking for a ransom. 

BlackSnake operators seeking affiliates in a hacking forum.

BlackSnake is apparently targeting only home users at this point. This is due to the low ransom value demanded by this variant and the fact that the group does not have a website for publishing stolen data, often named the “wall of shame”, which is a common practice among RaaS groups that targets large organizations. Also, unlike other ransomware groups, like BlackCat or LockBit, BlackSnake does not provide a website as a contact point. The communication between attackers and victims occurs exclusively through emails.

Additionally, there is evidence that shows that BlackSnake was based on the Chaos ransomware, sharing similarities across its source code. In this blog post, we will show how BlackSnake ransomware works.

Analysis 

BlackSnake ransomware is developed in .NET and, although this information can be tampered with, the new variant was likely compiled on February 19, 2023.

BlackSnake ransomware binary details.

BlackSnake obfuscates its important strings using a simple technique common in .NET malware. We released a script that can be used to deobfuscate these strings in our GitHub repository.

Once running, the ransomware exits its process if the victim is located in Azerbaijan or Turkey, by checking if the OS language is equal to “az-Latn-AZ” or “tr-TR”.

BlackSnake checking the OS language.

BlackSnake checks if the file is being executed from the Windows AppData folder with the name “svchost.exe” and if there’s a ransom note at the same path. If this is true, it ends the process to  avoid re-infecting the system. If these conditions aren’t met, the ransomware then checks if there’s another BlackSnake process running by comparing the processes’ IDs.

BlackSnake compares the process ID to avoid instances running at the same time.

When BlackSnake identifies that the system wasn’t previously infected and there isn’t another instance running, it then checks again if the ransomware was executed from the Windows AppData folder as “svchost.exe”’. If that’s not the case, it copies itself to that location and starts a new process.

BlackSnake copying itself to Windows AppData as “svchost.exe”

BlackSnake establishes a very simple persistence through Windows registry.

BlackSnake persistence via Windows registry key.

BlackSnake stands out for having an additional functionality that attempts to steal Bitcoin from cryptocurrency users. It monitors the victim’s clipboard and when a Bitcoin address is identified, it replaces the address with the attacker’s wallet address.

BlackSnake replaces the Bitcoin address with the attacker’s wallet number.

This Bitcoin address is also associated with other ransomware families, like Phreaker, Sirattacker, Magnus, Baal, Helphack, and Bettercallsaul.  At this point, it is unclear if they are all sourced from the same attacker or if this address is being copied across source codes, especially because this Bitcoin address is not the same as the one used by BlackSnake in its ransomware note, as we will see later. 

Different ransomware families sharing the same Bitcoin address.

Like other ransomware, BlackSnake has a list of directories that it will skip the encryption to avoid corrupting the OS:

  • Program Files
  • Program Files (x86)
  • Windows
  • $Recycle.Bin
  • MSOCache
  • Documents and Settings
  • Intel
  • PerfLogs
  • Windows.old
  • AMD
  • NVIDIA
  • ProgramData
  • appdata\local
  • appdata\locallow
  • users\all users
  • \ProgramData
List of directories BlackSnake skips the encryption.

And there’s also a list of files that it won’t encrypt:

  • boot.ini
  • bootfont.bin
  • iconcache.db
  • ntuser.dat
  • ntuser.dat.log
  • ntuser.ini
  • thumbs.db
  • autorun.inf
  • bootsect.bak
  • bootmgfw.efi
  • desktop.ini
List of files BlackSnake won’t encrypt.

BlackSnake also has a function that tries to stop specific services in the OS:

  • BackupExecAgentBrowser
  • BackupExecDiveciMediaService
  • BackupExecJobEngine
  • BackupExecManagementService
  • vss
  • sql
  • svc$
  • memtas
  • sophos
  • veeam
  • backup
  • GxVss
  • GxBlr
  • GxFWD
  • GxCVD
  • GxCIMgr
  • DefWatch
  • ccEvtMgr
  • SavRoam
  • RTVscan
  • QBFCService
  • Intuit.QuickBooks.FCS
  • YooBackup
  • YooIT
  • zhudongfangyu
  • stc_raw_agent
  • VSNAPVSS
  • QBCFMonitorService
  • VeeamTransportSvc
  • VeeamDeploymentService
  • VeeamNFSSvc
  • PDVFSService
  • BackupExecVSSProvider
  • BackupExecAgentAccelerator
  • BackupExecRPCService
  • AcrSch2Svc
  • AcronisAgent
  • CASAD2DWebSvc
  • CAARCUpdateSvc
  • TeamViewer
Function to stop specific services.

Although this sample didn’t execute this function in our tests, it also has a way to stop Windows Shadow Copies and disable boot recovery mode to avoid files being restored, through the following commands:

  • vssadmin delete shadows /all /quiet & wmic shadowcopy delete
  • bcdedit /set {default} bootstatuspolicy ignoreallfailures & bcdedit /set {default} recoveryenabled no
  • wbadmin delete catalog -quiet

The encryption process is straightforward. Like other RaaS families, BlackSnake uses a combination of symmetric and asymmetric key encryptions throughout the process. First, it randomly generates an AES key and encrypts this value with a RSA hardcoded public key.

BlackSnake function that encrypts the AES key used to encrypt a file.

BlackSnake only encrypts files that are using specific extensions. The complete list can be found in our GitHub repository.

Then, it encrypts the file using the AES key and appends the encrypted key at the end of the file, so it’s possible to decrypt the data with the private RSA key.

BlackSnake ransomware encryption process.

This is what an encrypted file looks like, with the encrypted data at the beginning and the encrypted key at the end:

File encrypted by BlackSnake ransomware.

BlackSnake adds the extension “.pay2unlock” to encrypted files, and uses “UNLOCK_MY_FILES.txt”  as the name for the ransom note.

Files encrypted by BlackSnake ransomware and its ransom note.

It also changes the desktop wallpaper, like other ransomware families.

And finally, it displays the ransom note. There are two notable points here:

  1. BlackSnake is not demanding a high ransom value, indicating that it is likely targeting home users instead of large organizations.
  2. The Bitcoin address is not the same as the one observed earlier, which could indicate that the one used by the clipper module was simply copied from previous source codes, especially because we found the previous address being linked to other ransomware families.

So far, the Bitcoin address found in the clipper module has received $ 691.65 USD since June 2022, while the Bitcoin address in the BlackSnake ransom note has received $ 181.87 USD since May 2022.

BlackSnake ransom note.

The contact between BlackSnake attackers and victims are based on email. The ransom note provides a website link hosted on the deep web that victims can access, but the website contains the same instructions on the ransom note.

BlackSnake website hosted on the deep web.

The website also points to another URL, but it’s currently offline.

Conclusion

This new BlackSnake variant stands out as it has an additional way to steal money from victims, through the clipper module that targets cryptocurrency users. However, it seems that BlackSnake is perhaps still under development or that they don’t have affiliates at this point, given that it seems to be targeting home users and it doesn’t have a robust infrastructure like other families, such as BlackCat or LockBit.

Protection

Netskope Threat Labs is actively monitoring this campaign and has ensured coverage for all known threat indicators and payloads. 

  • Netskope Threat Protection
    • Win32.Ransomware.Blacksnake
  • Netskope Advanced Threat Protection provides proactive coverage against this threat.
    • Gen.Malware.Detect.By.StHeur indicates a sample that was detected using static analysis
    • Gen.Malware.Detect.By.Sandbox indicates a sample that was detected by our cloud sandbox

IOCs

All the IOCs related to this campaign, scripts, and a Yara rule can be found in our GitHub repository.

author image
Gustavo Palazolo
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog