ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
Birds eye view metropolitan city

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope gartner mq 2022 sse leader
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

NetskopeCSOスピーキングイベント

今後のイベントの1つでNetskopeCSOチームに会いましょう。

イベントを探す
Netskope CSO Team

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ 脅威ラボ Netskope Threat Coverage: REvil
Jul 07 2021

Netskope Threat Coverage: REvil

Summary

The REvil ransomware (a.k.a Sodinokibi) is a threat group that operates in the RaaS (Ransomware-as-a-Service) model, where the infrastructure and the malware are supplied to affiliates, who use the malware to infect target organizations. On July 2, the REvil threat group launched a supply chain ransomware attack using an exploit in Kaseya’s VSA remote management software. REvil claims to have infected more than one million individual devices around the world. The attackers demanded $45,000 USD to restore the files from a single infected device, or $70 million USD paid in BTC for a universal decrypter that will allegedly work for all of the victims of the Kaseya attack. This threat is targeting anyone with Kaseya’s VSA Remote Management Platform agent installed on Microsoft Windows systems (any version).

Threat 

The REvil group has likely used a zero-day exploit against Kaseya’s management server, allowing the attackers to deploy the malware remotely on Windows devices running the VSA agent application. The first step executed by the group was to deploy a base64-encoded file to Kaseya’s working directory, which was probably ignored by anti-virus engines as recommended by Kaseya.

Once the encoded file (agent.crt) was deployed, the attacker executed a set of shell commands remotely to decode and execute the payload, as well as to disable the Windows Defender protections. The decoded file (agent.exe) is a malware dropper that writes to disk two different files:

  1. MsMpEng.exe: This is an outdated version of Microsoft’s Antimalware Service that is vulnerable to a technique known as DLL Hijacking.
  2. mpsvc.dll: This is the packed REvil payload, which is loaded by MsMpEng.exe through the DLL Hijacking technique.
“Agent.exe” writing REvil packed payload “mpsvc.dll” to disk
“Agent.exe” writing REvil packed payload “mpsvc.dll” to disk

Once executed, the REvil packed sample loads and executes a small shellcode, which is responsible for unpacking and executing the final payload, which contains an encrypted configuration within the binary.

REvil ransomware encrypted configuration
REvil ransomware encrypted configuration

The data is encrypted with RC4, so we can use a small Python script to decrypt it:

Decrypting REvil configuration using Python
Decrypting REvil configuration using Python

After decrypting the configuration, we can obtain more detailed information about the sample, such as the “affiliate” ID, ignored folders, C2 domains, etc.

Part of the decrypted REvil configuration
Part of the decrypted REvil configuration

In this case, the “net” option is set to “false” in the configuration, which tells the ransomware to ignore the C2 addresses. However, in case this option is set to “true,” the malware sends a POST request to available addresses with information about the infected machine, such as the encryption key and the machine name.

REvil ransomware preparing to send the POST request to the C2
REvil ransomware preparing to send the POST request to the C2

Within this REvil configuration, we have found 1,221 unique domains that could be used for network communication.

After encrypting the files, REvil changes the user’s background:

Image set by REvil as the user’s background
Image set by REvil as the user’s background

Also, the ransom note is created in the directories where there are encrypted files:

Part of REvil ransom note
Part of REvil ransom note

Protection

Netskope Threat Labs is actively monitoring this campaign and has ensured coverage for all known threat indicators and payloads. 

  • Netskope Threat Protection
    • Generic.Ransom.Sodinokibi.B.8FB3E6FD
    • Gen:Variant.Ransom.Sodinokibi.61
    • Gen:Variant.Razy.525651
  • Netskope Advanced Threat Protection provides proactive coverage against this threat.
    • Gen.Malware.Detect.By.StHeur indicates a sample that was detected using static analysis
    • Gen.Malware.Detect.By.Sandbox indicates a sample that was detected by our cloud sandbox

Sample Hashes

Namesha256
agent.exed55f983c994caa160ec63a59f6b4250fe67fb3e8c43a388aec60a4a6978e9f1e
mpsvc.dlle2a24ab94f865caeacdf2c3ad015f31f23008ac6db8312c2cbfb32e4a5466ea2
mpsvc.dll8dd620d9aeb35960bb766458c8890ede987c33d239cf730f93fe49d90ae759dd
unpacked5286889a725a109df74bdee612ce2c288a61970d3126c466c4e8c5cde1cc23c3

A full list of sample hashes, domains, and a tool to extract and decrypt the config from a REvil sample are available in our Git repo.

author image
About the author
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.