Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Nitol Botnet makes a resurgence with evasive sandbox analysis technique
Oct 14 2016

Nitol Botnet makes a resurgence with evasive sandbox analysis technique

Introduction

Netskope Threat Research Labs recently observed a strain of macro-based malware that use fairly smart techniques to bypass malware sandbox analysis. The macro code is obfuscated and uses a multi-stage attack methodology to compromise the endpoint machines. Netskope Active Threat Protection detects and mitigates this macro-based malware as W97m.Downloader.

Bypass the Malware Sandbox Analysis  

Although bypassing sandbox analysis is not new for malware, this strain of malware uses a novel technique to bypass analysis. Specifically, the malicious macro-based documents we observed use two methods to bypass sandbox analysis.

  • Password Protection: The documents that we have observed are password protected, thus bypassing the sandbox entirely. The process to enter the password is a complex user interaction event, so it is difficult for automated analysis technologies (like a sandbox) to emulate this event. Figure 1 shows a password prompt while opening one such malicious macro based document.

 

figure1

Figure 1.  Password prompt while opening a protected malicious document

  • Delayed Execution: Typical malware use instructions such as sleep or other methods like stalling “for loops” or date and time checks to delay the execution in a sandbox, effectively bypassing the analysis. In case of these macro-based malware documents, we have observed that they use the “ping” utility to delay the execution. The malware invokes the command “ping 8.8.8.8 -n 250” and waits for the ping process to complete the execution. This typically takes a long time to complete (sometimes as long as approximately 5 minutes) and in most cases is enough to bypass the sandbox analysis since they sandboxes are typically configured with a smaller time threshold for executing samples. The ping command has long been used, mostly to ensure the connectivity to the Internet. In this case, however, the use of the ping command to delay the execution of a sample is novel. Figure 2 shows the snapshot from the process explorer indicating the ping command being invoked by the execution of a malicious document.
figure2

Figure 2: Sample using ping command for delayed execution

Malicious Document Execution Analysis

Analysis of vbscript

The macro code in the malicious document drops and executes a vbscript (vbs) file as shown in Figure 2. The dropped vbscript file is responsible for downloading and executing the second stage payload. The vbscript file was obfuscated and for the purpose of demonstration in this blog  we will use debug feature of the vbscript editor to deobfuscate the file content.

figure3

Figure 3:  Vbscript deobfuscation using vbscript editor

As shown in Figure 3, the vbscript file launches the “ping” utility to delay the execution and after that connects to “http://doktrine.fr/mg.txt” domain to download the second stage payload. The vbscript then saves the downloaded payload to the disk with a “.qsb” extension.

The payload in “.qsb” file is xor encoded. The vbscript will decode the “.qsb” file and write the content to another file with “.fyn” extension and execute the file. Figure 4 and Figure 5 show the “.qsb” decoding routine and the execution of the “.fyn” file.

figure4

Figure 4: “.qsb” file decoding routine

figure5

Figure 5: Executing “.fyn” file

Analysis of .fyn (PE) file

The file with the “.fyn” is a Windows-executable file. As shown in the Figure 6 the execution started in the code section and then jumped to the marked region. The density of the API calls is higher in the region indicating the execution of the unpacked code.  

figure6

Figure 6: Distribution of API calls in the process address space

As shown in Figure 7, there is a region of the code which is checking if the execution environment is VMware using the process enumeration.

figure7

Figure 7: Code checking for VMware execution environment

The code also checks for active debugging using GetTickCount. After these checks the code will search for default browser in http//shell/open//command registry. After that, it will create a browser process in suspended mode and then it will unmap and write the browser process memory with a upx compressed file as shown in Figure 8 and Figure 9 respectively.

figure8

Figure 8: Create Process in suspended mode
figure9

Figure 9: Write the browser process memory with upx compressed file.

Analysis of UPX compressed file (Nitol Botnet)

The UPX compressed file is a nitol botnet binary. Nitol is a very old botnet and its C&C server domains are currently sinkholed. During our analysis, the binary tried to connect to d.googlex.me which is currently not active. It is interesting to note that the same domain was referenced as a C&C server in a blog published by McAfee in February 2016 on the Hydracrypt ransoware.

It is currently not clear if the attackers are using Nitol binaries as a placeholder for the future threats or if they are testing a new attack methodology.

Netskope Detection & Remediation

Netskope Active Threat Protection detects these malicious macro based documents as W97m.Downloader. Customers who have deployed the Netskope Active Platform and Netskope Introspection can set the respective malware & threat detection policies to detect and remediate against this malware.

figure10

IOC

  1. 5866c53bd16a15d88f51415fde254b8edac9bc22495ad3ac2f12f5e5ef025923
  2. 4d977327390a13a2660da4f65872810245b57b34d990c22c547410fe3b7f3511
  3. e88f5c562bb894e452c88ac1c8f4fa2aea9e14275ca5a2e25655cb95491cc37f
  4. 2e42ca6c471ef2894ea407d482b0b6419afbd2e550a8688932064caabd48dfb6
  5. d76cf03299107defbb6270bbe0118aa2ceaa1197d7a0499bdb869ed02401b756
  6. e65b5b57f3dd913e24bb65bfb7f0a9f60fb53f2b12460b537d6b21a6d5a14eb8
  1. b14f8b2b8b82267be787b4b844a17554e5b6fa34ea0af197176c29dcbba60b52 (.qsb)
  2. 5041bf99f3010fd88ec0a37557cb2ee51aba5cb49fac5bb0aec120f2cc893128 (.fyn)