ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Realizing the True Power of Netskope Cloud Exchange

Mar 10 2023

When I talk to customers and partners about Cloud Threat Exchange (CTE), I immediately say, “I’m not in marketing, and didn’t see the future—so I misnamed the module. I should have named it Cloud Data Exchange.” Why do I say this? Because, as Netskope and Cloud Exchange have matured, the number of use cases the module can fulfill has naturally grown beyond the initial vision. How so?

In most customer deployments, Cloud Threat Exchange is enabled to facilitate the sharing of indicators of compromise, or IoCs. IoCs are information elements (IP addresses, CIDR blocks, URL, URI, domains, or file hashes) attributed to known attack elements. We originally built CTE to automate the sharing of this information among multiple, connected parties, including Netskope, because we believed that what one part of the security stack knows about an attack, all parts should know. Doing this via CTE reduces the operational strain of moving these IoC, making it a multilateral, automated push and pull versus a bilateral, manual push or pull. Once the “feed” of IoCs to be shared has been defined, the data movement becomes automatic. In many cases, we have heard customers tell us that the functionality is easy to enable and has resulted in attacks being discovered by other parts of the stack and then remediated by a different component—finding in the cloud, remediating on the endpoint; finding in the endpoint, remediating/blocking in the email solution; finding on the email, remediating/blocking in the cloud. All of this reduces dwell times for persistent, advanced threats and enhances the likelihood for comprehensively protecting against attacks.

As our ecosystem of partners continue to innovate, CTE has been expanded to go beyond exchanging IoC, and can move these data objects (IP addresses, CIDR blocks, URL, URI, domains, or file hashes) regardless of their original categorization. Systems like SecLytics surface indicators of behavior (IoB), which are warnings that an attack may be happening or about to happen. The same data objects can still be pushed into CTE plugged-in systems, but using the CTE feature of “labels”, each could be tagged by a string indicative of risk level provided with that object. 

In other words, labels add a rich, additional layer of context that can be used to make decisions about where the data is sent and how it is used. In the case of Netskope policy, this label could be used to take low severity IoC, and low risk IoB, and send each to a URL object used by an alerting rule, whereas medium severity IoC and high risk IoB could be sent to a URL object used to coach users away from engaging with those matching resources. Labels open up many use cases, including indicators of attack sharing, application access governance, URL filtering synchronization (see more below), SSL decryption rule population, SSL bypass rule population, and more.

Additionally, a year after CTE was launched, the Netskope platform expanded the DLP engine to support reading the file hash file object that CTE had previously been designed to use for inline threat prevention policies, the only policy function that could take advantage of custom file hashes at CTE inception. Now file hashes that CTE are able to extract from third-party systems can be used for exact data matches in DLP policy. We built the GitHub CTE plugin to take advantage of this enhancement. CTE could now pull file hashes related to all GitHub content in any given repository and push it into an object that the DLP policy refers to to enforce appropriate data sharing. In GitHub’s case, this enables customers to control sharing any code or content that exactly matches, with continuously automated refresh cycles. I’m looking forward to our planned expansion of how Cloud Exchange can work with innovative Netskope features and ecosystem data protections to make its use easier.

Finally, we see more customers using CTE to help migrate from legacy, premise-based URL filtering solutions to Netskope. In many cases, customers have spent years building custom URL lists. CTE can work with many solutions to extract those lists for use in Netskope, ensuring everyone can benefit from all of that work in the Security Cloud for direct to cloud use cases.

I’m proud of how Netskope has evolved, and how Cloud Threat Exchange, and its parent platform Cloud Exchange, continue to be able to take advantage of those features. If you have a use case that require you to move data between Netskope and IT/security solutions, please contact your Netskope account team and let’s talk. You can learn more about CTE here.

author image
David Willis
David is an experienced business, security, and technology leader with over 20 years of experience across telecommunications, financial services, and software industry verticals. David currently serves as Head of Technology Integrations for the Business Development Team, focused on addressing tactical and strategic security and IT solution integration needs at scale for Netskope customers. David also leads the building and expansion of new routes to market for Netskope.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog