Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ Uncategorized Telling the difference makes a difference with cloud app instances
Aug 11 2015

Telling the difference makes a difference with cloud app instances

As part of the field team, I get to speak with customers across multiple industries, which is a great vantage point for observing common themes. A recent example is positive customer reactions over Netskope’s ability to differentiate between different instances of the same SaaS cloud app (i.e. telling the difference between whether a user logged into the “Coke” or “Pepsi” -or a personal- instance of Box). Not all cloud access brokers (CASBs) offer this ability, but judging by market response, it’s an important feature, especially as an organization decides to rollout a SaaS solution such as Box.

So why is telling the difference between instances of the same cloud app so important? I’m seeing three use cases, as explained below.

  1. Pre-production and production rollout of SaaS solutions. A large Fortune 500 insurance company I’m working with has explicitly built their deployment plan to use separate instance IDs of Office 365. The goal is to validate security policies in the pre-production instance of O365 before applying the policies into the production instance. The early validation will ensure a smooth user experience for the majority of employees who are using the production instance and mitigate any disruptions to workflows and the regular use of the app. A secondary application of instance IDs during rollout enables IT to continue using the pre-production instance while setting a message to notify the employee who might still be accessing that instance to coach, or even redirect him or her to the production instance instead.
  2. Privacy and compliance concerns, including audit requirements. This is a big one. A good example of this is with regards to European Union privacy laws. By being able to tell the difference in corporate versus personal sessions of cloud apps such as Box, IT can specify to only monitor content and data exchanged between the user and corporate instances. Conversely, IT can also monitor corporate data being passed to shadow IT/non-sanctioned apps to ensure compliance – such as preventing users from uploading corporate PII data to an unsanctioned cloud storage service or non-corporate instance of a cloud storage app. Either way, differentiating instances of cloud apps provides for a clear audit trail of cloud activity and data across corporate and personal cloud app transactions. This is especially important for highly regulated industries, as I’ve seen these requirements in both financial services and healthcare customers and prospects.
  3. Granular access controls. The importance of context shines through when managing security and DLP controls. And by context, I mean things like user, group, device, location, app or category, activity, and more so you can contextualize policy and control. Being able to distinguish between personal and corporate sessions to a cloud app provides value, but the ability to apply mitigating controls around personal sessions separately and distinctly from corporate session is powerful. I have one customer that identifies the consumer-grade instances of a sanctioned cloud app and blocks access to that while only allowing access to their corporate instance of the cloud app from company-managed mobile devices. In the same vein, organizations could set a security policy such that data uploaded into a corporate instance of a cloud storage app be automatically encrypted while data uploaded into the personal instance be left alone.

To summarize, instance differentiation can be an important part of any cloud app rollout within an organization, addressing privacy and/or compliance concerns. The key lies in managing policy control for both sides.