Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

企業内でクラウドサービスを安全に採用する方法を説明する、無料の実践的なクラウドセキュリティワークショップにご参加ください。

ワークショップを探す

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ CSO, Full Skope, Private Access The Benefits and Components of Zero Trust
Jan 21 2020

The Benefits and Components of Zero Trust

It’s inevitable that building a security program based on Zero Trust will drastically decrease an organization’s risk exposure. 

While North/South traffic was traditionally controlled by firewalls, this strategy has failed. Today, one of the biggest challenges within an organization’s perimeter is preventing lateral movement of both threats and data. Network-based vendors focus mostly on network segmentation capabilities, however that is just one of the many benefits Zero Trust provides. 

Other common benefits and use cases of Zero Trust include:

  • Providing strong authentication
  • Resource access governance
  • Protecting customers data
  • Protecting organizational intellectual property
  • Achieving lower breach potential
  • Minimizing any reputational damage
  • Helping with compliance audit initiatives
  • Supporting company’s transition to cloud
  • Aiding in security program transformation

More often, enterprise organizations are adopting a Zero Trust model in order to provide both full visibility and control over users and devices that have access to a growing number of cloud applications and data services. This includes both managed applications within an enterprise’s ecosystem as well as unmanaged applications used by lines of business within the enterprise.

Components of Zero Trust Programs

Assuming the relevant technology and processes exist, a security program must include the following capabilities in order to address the architectural principles of Zero Trust. This includes the following components:

  • Identity attestation
  • Endpoint interrogation
  • Application verification
  • Data access validation

The output of these components is analyzed against a contextual access policy, providing a risk score where an organization can implement an adaptive enforcement with an isolated session to its desired destination (this is often referred to as “Adaptive Access Control”). Some would argue that if just one part isn’t satisfied, reaching the desired destination, such as a SaaS application, would not be allowed. However, this determination is based upon an organization’s acceptable level of risk and the parameters that are used to build a proper policy. 

It’s time for a mindset shift. The traditional thinking of “Allow” or “Deny” will not work in a cloud and mobile first world. Risk is a continuum.

Context is KEY!

author image
About the author
Vladimir Klasnja is a seasoned technical leader with significant experience in enterprise, security and cloud architecture. Klasnja leverages his experience to help security executives achieve success within their respective organizations with respect to cloud architecture and digital transformation.
Vladimir Klasnja is a seasoned technical leader with significant experience in enterprise, security and cloud architecture. Klasnja leverages his experience to help security executives achieve success within their respective organizations with respect to cloud architecture and digital transformation.