ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プラットフォーム、製品、サービス Security Community, Let’s Also Do Some Self-Reflection
Mar 29 2022

Security Community, Let’s Also Do Some Self-Reflection

Co-authored by Jason Barnes and John Khotsyphom

Some of us in the security community took a step backward last week in our ability to deal with the crisis involving Okta. Instead of exercising well-thought-out and practiced contingency plans to objectively assess risk, many individuals took a trolling posture on social media. The reaction was neither professional nor conducive to our mission as defenders against threat actors seeking to do us harm. We should take a collective look in the mirror and reconsider our attitudes and reactions when one of our partners endures a crisis even when communications are questionable.

Understandably, leaders and practitioners are under intense pressure any time an Okta, SolarWinds, or Target hits the news. We scramble for answers. As humans, that is our nature. But fixing the blame on Okta via social media based on some screenshots proves some in the community have far more improvements to make than we imagined. Some of us seem to have reverted back to the hope that technology will save us all, ignoring the imperative of critical thought required to effectively defend an enterprise.

Key things to remember about crisis response

In a crisis—whether it pertains to a cyber attack, physical disaster, or supply chain logistics—business leaders must focus on people, organizational reputation, and finances. It is a balancing act between the head and the heart. The Board and C-Suite know their values. They prepare and practice for contingencies. As security practitioners, this understanding is table-stakes. The organization hired us with the assumption that we share these interests.

Top mistakes companies make in a crisis

To illustrate how poorly others in the community might have responded to this situation, let’s recall some fundamental mistakes in crisis communication. When a company in crisis rushes to judgment, its ability to respond accurately is crippled. Over-reaction can raise irrelevant questions. Failing to act and communicate induces uncertainty. Bending facts destroys faith—especially in cybersecurity where evidence will eventually bear out the truth. A lack of concern and empathy—or failure to demonstrate them—erodes trust, cohesion, and morale. A lack of teamwork or information transparency dooms your response to failure from the outset. Fixing blame is an empty cop-out that destroys integrity.

Enough of the negative tone. Let’s think critically about how to deal with these situations using a proactive threat-driven approach.

Self-reflection and hunting the unknown

Cybersecurity as a community must constantly review our own shortfalls during times of crisis. Recent months have highlighted areas many struggle with, such as supply-chain management, geopolitical risks, and vulnerability management. Every event presents an opportunity for us to self-reflect and improve our own preparedness. 

As news of the Okta breach developed many took to their SIEMs and reviewed Okta logs hunting for suspicious activities. How does one hunt a ghost based on screenshots and speculation? First, cybersecurity teams must have an understanding of their environment. Having a good understanding of the architecture around an Okta deployment can help teams determine their attack model and also identify gaps, such as logging, privilege access, documentation, and/or asset management. The gaps identified can be used to help demystify the ghost. As more information is released your teams will be better prepared to react if needed.

Define normal for your environment and determine how outliers manifest in the logs. A common threat hunting technique, stack counting, can be applied to help teams track down those leads and validate them. If there is new knowledge to inform the overall hunt, leverage that to further refine your insights. Repeat the effort to continually create order and derive understanding from chaos with the help of automation.

Time for an attitude check

If there is a fundamental flaw in an organization’s posture or execution in developing solutions, then that can, and should, be researched and debated. Since security practitioners and leaders have a vested interest in the success of our partners, we should contribute ideas toward those improvements. Before we even get to that, however, we must ensure that our own houses are in order before we cast stones.

author image
About the author
Jason Barnes is Senior Manager of Security Operations and manages the global Netskope Security Operations Center.
Jason Barnes is Senior Manager of Security Operations and manages the global Netskope Security Operations Center.
Related Articles