ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
このエピソードでは、ホストの Emily Wearmouth が、サイバーセキュリティの専門家である John Kindervag 氏、「ゼロ トラストのゴッドファーザー」である Neil Thacker 氏とともに、ゼロ トラストの概念を探ります。

ポッドキャストを再生する
ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

The Torture of a Constantly Dripping Bucket

Dec 10 2019

I cannot be alone in my frustration over the constant reports of data leakage from the cloud. It seems a day cannot go by without another incident being reported; yet none of them seems enough to serve as a rallying cry for change.  

The number and scale of leaks are both increasing, as is the potential impact on those affected (both the organizations leaking the data and those about whom the data pertains). The number and scale of leaks are both increasing, as is the potential impact on those affected (both the organizations leaking the data and those about whom the data pertains). Rather than determining whether a leak is worth media attention by the fame of the brand name concerned, the headlines should be paying more attention to the numbers and type of data involved.

Novaestrat, an Ecuadorian data analytics and marketing company, recently left an unsecured Elasticsearch server exposed, potentially compromising data on nearly 21 million individuals. This number includes duplicate records and obsolete entries but considering that the population of Ecuador is 16.6 million, that is a huge number!

Leaky AWS S3 buckets are probably the most common crime scene for unsecured data in the cloud and LionAir is the latest S3 exposure example. The company left an exposed AWS buckets containing personally identifiable information – including passport numbers – belonging to millions of passengers. Big names often lurk behind lesser known organizations within the supply chain for these incidents. In another recent example, data company Attunity left a trove of data belonging to Ford, Netflix and TD Bank in publicly accessible S3 buckets. 

I could go on and mention many more examples, but this exercise won’t answer the fundamental question: why do these incidents continue to happen?

The fourth Cloud Security Alliance Top Threats report (2019) shows that many of us are not blind to the risks. 241 industry experts place data breaches, misconfiguration of cloud infrastructure and a lack of cloud security architecture and strategy as the top three risks in cloud usage. Of course, not all enterprise cloud consumers are experts, but the majority of those responsible for cloud infrastructure are, at least, specialists. So, assuming that the risks of cloud threats are understood, I believe that too many organizations still do not completely understand the “shared responsibility” model. Shared responsibility establishes where the responsibility of the cloud service provider ends (security “of” the cloud), and where the responsibility of the customer begins (security “in” the cloud). A tiny preposition makes a huge difference! 

In an ideal world this model should be quite straightforward, but unfortunately, our world is far from ideal (and not only in terms of information security). Too many organizations ignore their duties relating to the  security of data “in” the cloud. Just this week, a new piece of research revealed that only 32% of organizations believe that protecting data in the cloud is their own responsibility. In many instances, this shared responsibility is further ‘clouded’ by the complexity of the supply chain, as we saw in the examples above. It is often the third party – rather than the data owners – that should have been enforcing all the necessary measures to secure the data “in” the cloud. Too often, there is a chain of implicit trust, misplaced with devastating consequences. These breaches become additional confirmation that the security of the supply chain should be a core element of a security strategy, and the cloud security strategy is no exception here.

User education plays an important role too in surmounting cloud security issues, but there are also multiple tools that can automate the policing of cloud use, and help educate users as they go. These tools are generally pretty straightforward; we have a predefined rule in our Continuous Security Assessment that states “Ensure S3 Bucket is not publicly accessible”, and we can prevent the ransacking of records on public Elasticsearch databases with a simple rule that alerts in case the TCP 9200 port is exposed so that the appropriate remediation actions can be easily enforced. This is a simple configuration that could have prevented a massive breach like the one that occurred in Ecuador, and demonstrates that sometimes the solutions are more straightforward than the initial problem appears.

Despite the speed at which organizations are now moving to the cloud, security mindsets and strategies (in a nutshell, the concept of perimeter) are still on-premise..This is the fault of both the organization as a whole and of individuals who continue to ignore the fact that misconfigurations in the cloud can potentially expose data to more than 3.2 billion people. In the past we used to implore people not to leave post-it notes on their monitors that would make a password visible to all their office colleagues. My sixth sense tells me that issue hasn’t gone away, but it now pales in comparison to the exposure of whole data sets left in publicly accessible cloud buckets, unprotected from any passer-by on the internet.

Organizations need to redefine the concept of data security in the cloud, enforcing security controls closer to the data and reimagining their perimeter in a way that is data-centric, cloud smart, and fast enough that it doesn’t prohibit productivity or innovation.

author image
Paolo Passeri
Paolo supports Netskope’s customers in protecting their journey to the cloud and is a security professional, with 20+ years experience in the infosec industry. He is the mastermind behind hackmageddon.com, a blog detailing timelines and statistics of all the main cyber-attacks occurred since 2011. It is the primary source of data and trends of the threat landscape for the Infosec community.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog