ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Ad Injector Dulls Chrome’s Luster

Dec 10 2019

Netskope Advanced Threat Protection recently detected ads being injected into web traffic of multiple users. The source of these ad injections is a Javascript ad injector commonly known as Lnkr. In this blog post, we will provide an overview of Lnkr, a list of all the URLs we have uncovered that are hosting the Lnkr Javascript, and identify the source of the injections.

Lnkr Ad Injector

Lnkr is family of adware that injects ads into websites that a user visits. Lnkr has previously been found in browser plugins, standalone Windows adware applications, rootkits, Android packages, and even directly included on some websites. The most common active distribution vector is browser extensions that inject ads into all of the user’s web traffic.

Discovery

The Lnkr campaign began in early September and continues through the time of this writing. We were first alerted to the campaign when our Outbreak Detection System found ads being injected into websites that do not commonly serve ads, including online banking portals and internal websites.

Disclosures

On 5 December 2019, we notified Amazon of the Lnkr scripts hosted in AWS S3.

Customer Alert

Customers using Netskope’s Next-Gen SWG are protected from the injected ads. Affected customers will see alerts in their Netskope Skope IT console that contain URLs like the following:

http://nextextlink[.]com/metric/?mid=&wid=51824&sid=&tid=7501&rid=LOADED&custom1=[redacted]&custom2=[redacted]&t=1569547496304

The URL contains one of the domains listed at the end of this post and tracking information from the website where the ads are injected.

Netskope users will be able to recognize Lnkr infections, because an infected user will typically have a very high volume of alerts for one of the URLs listed at the end of this post.

Mitigation

Because the most common active distribution vector is Chrome extensions, we recommend removing all Chrome extensions on an affected system and doing a fresh install of Chrome. If the infection persists, the system might be infected with other malware that bundles the adware. 

Lnkr Analysis

The Lnkr Javascript is either directly included by a website or injected by the adware, as seen in Figure 1.

Figure 1: Website with Lnkr script

Though analytics.js, lknr5.js and lnkr30_nt.js are related to Lnkr, the main activity is carried out by the ‘analytics.js’ file in the snippet shown in Figure 1.

Upon visiting the webpage, the following actions take place:

  • A jsonp request is launched in the format /optout/get?jsonp=__twb_cb_808309138&key=1940453547ec8d17dd&t=1573556950225 as shown in Figure 2.

Figure 2: jsonp request by Lnkr

  • Several blank tracking GIFs are loaded with the callback arguments LAUNCHED, LOADED, BEFORE_OPTOUT, FINISHED in the format /metric/?mid=&wid=51807&sid=&tid=6464&rid=<status>&custom1=[redacted]&t=1573556950222 as shown in Figure 3.

Figure 3: Tracking GIFs

  • Another jsonp request is launched in the format /optout/set/lat?jsonp=__twb_cb_274636224&key=1940453547ec8d17dd&cv=1573556950&t=1573556950743
  • Based on the country in the jsonp response, as shown in Figure 2, the ScriptsToLoad function launches the associated Lnkr urls in the configuration as shown in Figure 4.

Figure 4: Scripts To load by Lnkr

  • The ad injection occurs. Popular services like Google or Reddit are allow listed from injection, presumably to stay under the radar and avoid detection.
  • Several blank tracking GIFs are again loaded with the callback arguments OPTOUT_RESPONSE_OK, MNTZ_INJECT, MNTZ_LOADED in the format /metric/?mid=cd1d2&wid=51807&sid=&tid=6464&rid=<status>&t=1573556950746 as shown in Figure 5.

Figure 5: Tracking GIFs

The script also contains functionality to redirect the searches to Adware-related websites. An excerpt of the redirect on the typo of the word, ‘booking’ is shown in Figure 7.

Figure 6:  Search redirect

The javascript also contains a webpage that its development is supported by optional advertisements as shown in Figure 7.

Figure 7: Optional Advertisement message

Though these settings are present in the script, they were not enabled or displayed in the webpage.

The earliest evidence of Lnkr dates back to 2016 in a Softpedia news article that describes an Imgur browser extension injecting ads using the URLs shown in Figure 8.

Figure 8: Lnkr Urls related to Imgur uploader

In 2018, Lnkr appeared again, this time in Firefox add-ons that were masquerading as official Firefox updates. A Bugzilla report lists 70 affected add-ons that have been taken down and a MalwareBytes article lists both Chrome and Firefox extensions. BitDefender also reported a rootkit distributing the adware around the same time. Figure 9 shows a screenshot of the website used to trick users into installing the extensions, ublockerext[.]com/ff/.

Figure 9: ublockerext[.]com/ff/ website

At the time of this writing, the website was live but the links to the add-ons hosted there could not be installed, displaying a message that they were corrupt, as shown in Figure 10.

Figure 10: ublockerext[.]com addon installation message

Static analysis of the add-ons identified Lnkr code present in the background.js and content.js files. One of the addons we inspected contained a currently active Lnkr script hosted on Amazon S3 as shown in Figure 11.

Figure 11: Lnkr script hosted on Amazon S3

Though several Lnkr associated browser extensions have been removed from the respective app stores, the associated URLs hosting the scripts remain active. A majority of Lnkr domains were using Let’s Encrypt certificates. Based on our observations we believe this to be an actively ongoing campaign. 

Conclusion

The Lnkr campaign we detected is still ongoing. To shield yourself from any possible ad injection, we recommend you block the domains listed at the end of this post. We also recommend you audit the extensions installed in your Chrome browser at chrome://extensions and remove any affected extensions. As this is still an ongoing campaign, we will continue to monitor and report on any new developments. Netskope customers using our Next-Gen SWG are already protected against the injection.

Indicators of compromise

URLS currently serving Lnkr 

1018433480[.]rsc[.]cdn77[.]org

1480876790[.]rsc[.]cdn77[.]org

appmakedev[.]xyz

appslinker[.]net

blickkeily[.]com

blinkjork[.]com

browlinkdev[.]xyz

captiontxt[.]com

cilkonlay[.]com

clonyjohn[.]com

closemike[.]com

colextidapp[.]com

countsource[.]cool

cozytech[.]biz

dataprovider[.]website

datapro[.]website

devappstor[.]com

dimagesrc[.]com

dismagic[.]com

domclickext[.]xyz

dowlextff[.]com

evenffext[.]com

extnotecat[.]com

flexylincks[.]com

goldapps[.]org

groproext[.]com

higedev[.]cool

jonyclose[.]com

jonysource[.]com

jsfuel[.]com

killssource[.]com

larickway[.]com

leaderdigital[.]org

lifebounce[.]net

linkangood[.]com

lonelyfix[.]com

longsrc[.]com

loudsjack[.]com

lowffdompro[.]com

magictraps[.]com

masyclick[.]com

mikkymax[.]com

miniklixk[.]org

minisrclink[.]cool

mirextpro[.]com

netstats[.]space

nextextlink[.]com

oilcloze[.]com

onlinekey[.]biz

pagevalidation[.]space

pingclock[.]net

plankjock[.]com

polinaryapp[.]com

prilapptime[.]com

programdiag[.]com

promclickapp[.]biz

protesidenext[.]com

proudflex[.]org

proxdevcool[.]com

rasenalong[.]com

renetteapp[.]com

serenityart[.]biz

shortyclubs[.]com

skillapp[.]net

slickfluide[.]com

sourcebig[.]cool

srctestlink[.]com

statcounter[.]biz

sysfileff[.]com

vibeclimate[.]com

www[.]die-rheinische-affaire[.]de

thrillingos[.]herokuapp[.]com/mozilla/best-ytb-down/content/analytics

s3[.]amazonaws[.]com/cashe-js

s3[.]amazonaws[.]com/js-cache

s3[.]amazonaws[.]com/js-static

s3[.]amazonaws[.]com/jscache

s3[.]amazonaws[.]com/jsfile

s3.amazonaws.com/jscriptcdn

author image
Ashwin Vamshi
Ashwin Vamshi is a Security Researcher with innate interest in targeted attacks and malwares using cloud services. He is primarily focusing in identifying new attack vectors and malwares, campaigns and threat actors using ‘cloud as an attack vector.’

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog