ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。
シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Young Voices: How Can the Cybersecurity Industry Attract More Diverse Talent

Jan 03 2024

When we discuss the topic of diversity in cybersecurity, we tend to hear from senior leaders who explain the challenges they face recruiting and retaining diverse talent, and the efforts they are making to beat those challenges. This is a useful discussion, but it’s one-sided. In a continuously evolving industry, these senior leaders likely entered the profession from a completely different social and career environment to the one we are experiencing today. They would have faced different circumstances, and first hand experiences of entering the market – after a decade or two – lose relevance. 

If we’re going to encourage diverse talent to enter the cybersecurity workforce, it’s a good idea to gather the perspective of those who have recently joined the industry. We should ask people who successfully joined the cybersecurity sector over the last five years about their experiences.

And so, in the latest episode of the Security Visionaries podcast, I spoke with three women who are still relatively early in their cybersecurity careers—and dispersed around the world—to extract some wisdom. The conversation was incredibly energising and informative (you can catch it all here), and at the end I asked for their thoughts on how we can attract more talent to the industry. Here is what I learned:

1. Start with education, fund scholarships and take on interns 

Samantha Van Stokrom, a Solutions Engineer in Melbourne Australia, told me just how important her scholarship and subsequent internship were for her.

“My internship was the first one run in Australia. I think one of the main reasons that we now have other interns in Australia today is because that first one was so successful and done so well, that they decided to do more. I think that’s a really important part of not just getting more women or diverse people into the industry, but just people in general.”

Samantha also pointed out that in the regional town in Australia where she grew up, the accepted career path for most was to go into a trade. She believes that having more technology courses available in these rural areas would help people of all backgrounds realise their passion and talent for these subjects: “It’s a rolling effect—the more waves we make, the more it will grow.”

Overall though, “there’s a real lack of awareness of the pathways you can take—just because of how broad cybersecurity is and the massive different amount of things you could do.” 

Increasing these pathways, and putting effort into making the career opportunities visible and financially pursuable will show more people, from a wider range of backgrounds, that they are capable of entering and succeeding in this industry. 

2. Invest in the organisations trying to address your talent shortage

Jacklyne Mbuthia, a cybersecurity engineer at CyberGuard Africa, spoke about the need for upskilling, particularly from her perspective of growing up in Nairobi:

“The biggest challenge we’re facing in Africa is upskilling… an amazing case study is the CyberGirls programme in Africa, spanning different countries to bridge the gap in cybersecurity and upskill the girls in the industry. However, such programmes also face the challenge of finances.”

She points out that companies need to provide more funding for these kinds of programmes which are explicitly designed to give opportunities to women and minorities, to equip them to usefully enter the cyber workforce. 

“Creating awareness and raising visibility of the existing training programmes that girls can leverage is going to be an amazing way to help bridge the whole gap in tech skills.”

3. Mentor someone

Jacklyne also described the importance of mentorship (and for me this quote is so powerful): “I am a product of my mentors… looking up to these individuals and seeing them succeed gives me hope that this is actually a place where I can thrive.”

When the success of a mentor rubs off on the mentee, it’s a win-win for both. We need more people who are willing to take newcomers under their wing and show them the ins and outs of the industry. 

In theory, senior people say they’re open to mentoring, but it’s important that they make time in practice.  A simple message on LinkedIn could be the first step to finding a mentor or a mentee. 

4. Remember financial inclusion

The final point was raised by Ally Frame, a supervisor in Netskope’s Security Operations Centre in the US. Ally spoke about the importance of ensuring that a lack of finance did not create unnecessary hurdles for diverse groups. She told us about the local chapter of Women in Cybersecurity that she’s heavily involved in herself: 

“We do a lot of things to help the community, like résumé reviews, putting on work sessions and talks, providing conferences and free conference passes. Part of inclusion is also financial inclusion – a lot of people seem to forget that.”

If you can’t find a cybersecurity chapter in your local community, why not start one up? If you run events and training, consider offering a certain number of free or subsidised passes for attendees from underrepresented groups. 

A more diverse future

I can’t tell you how refreshing it was to speak with these three talented and passionate women at the start of their cybersecurity career. I braced myself for tales of hurdles and difficulties, but what I heard was optimism, positivity and some pretty tenacious drive. I am also sure I recall accurately the words “…send it and show the patriarchy what we’re made of” may have been spoken. While it is clear to me that there are already lots of great initiatives available to support new diverse talent, we need to be doing more to make these educational pathways, training programmes and networking opportunities more visible and accessible. And funding is often the key to giving diverse groups the chance to fix our industry’s problems for us.

Listen to our full conversation on the Young Voices on Diversity in Cyber episode of the Security Visionaries podcast. If you like what you hear, please subscribe to Security Visionaries on Spotify or Apple Podcasts to keep up with our latest episodes.

author image
Emily Wearmouth
Emily Wearmouth is a technology communicator who helps engineers, specialists and tech organisations to communicate more effectively.