ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
Birds eye view metropolitan city

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope gartner mq 2022 sse leader
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

NetskopeCSOスピーキングイベント

今後のイベントの1つでNetskopeCSOチームに会いましょう。

イベントを探す
Netskope CSO Team

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
プレスリリース
ロスアルトス、カリフォルニア州
Oct. 25, 2018

IaaS/PaaSでのデプロイでのIdentity and Access Management(IAM)について、Netskope のレポートは最大の懸念点を明らかにしました

71.5% of CIS Benchmark Violations in AWS Occur in Identity and Access Management Category

LOS ALTOS, Calif. – Oct. 25, 2018 – Netskope, the leader in cloud security, today announced the release of the October 2018 Netskope Cloud Report™ on enterprise cloud service usage and trends. According to the report, which analyzed the Center for Internet Security’s Benchmarks for Amazon Web Services (AWS), 71.5 percent of violations occur around Identity and Access Management for AWS. Public cloud infrastructure services like AWS have seen widespread adoption in enterprises, affirming the need for clear identity and access policies in place to ensure sensitive data is secure. 

Insecure IAM Exposes Enterprises to Risks

Several major recent high profile corporate breaches have been traced back to a misconfiguration of resources like S3 buckets, pointing to a major weakness in many enterprise I/PaaS security strategies. While many organizations have controls around cloud services such as multi-factor authentication and single sign-on solutions, porting the same types of controls over to cloud infrastructure like AWS often goes overlooked. Organizations are exposing themselves to significant security risks without addressing these gaps.

According to the report findings, many of the IAM violations found involve instance rules, role-based access controls, and access to resources or password policy requirements — simple fixes that enterprises can easily address even without an external security solution.

Additional CIS Benchmark violations by category included Monitoring (19 percent), Networking (5.9 percent) and Logging (3.6 percent). In resource type violations, EC2 led the way at 66.2 percent of the violations, followed by CloudTrail (15.2 percent), S3 (10.9 percent), IAM (4.5 percent) and other (3.2 percent). In severity, 86.3 percent of violations were of medium severity, 9.1 percent high, 4 percent critical and 0.6 percent low.

Cloud DLP Violations on the Rise

Consistent with previous reports, most DLP violations still occur across cloud storage services (54 percent) and webmail (35.3 percent), followed by collaboration services (10.1 percent) and other (including cloud infrastructure) at 0.6 percent. Cloud infrastructure DLP policies are on the rise due to the increase in use of these services.

In DLP violations by activity, uploads made up the majority with 55.3 percent, followed by downloads (32.4 percent), send (11.2 percent) and other (1.1 percent). The report also looked at I/PaaS DLP violations as a separate category to understand the areas and activities in which security teams are focusing their DLP policies. Similar to the entire category, download and upload were the major activities with violations with 64.1 percent and 35.7 percent, respectively.

“As organizations increasingly adopt a multi-cloud approach, IT teams must continuously assess the security of their public cloud infrastructure and be aware of the data moving in and out of those services,” said Sanjay Beri, founder and CEO, Netskope. “Enterprises should consider using the same security profiles, policies and controls across all services — SaaS, IaaS, and web — in order to reduce overhead and complexity as the use of cloud services scales.”

Average Cloud Services Per Enterprise by Category

This quarter, the average number of cloud services per enterprise increased by 5.5 percent to 1,246, compared to 1,181 in the February 2018 report. The vast majority, 92.7 percent of these services, are not enterprise-ready (NER), earning a rating of “medium” or below in the Netskope Cloud Confidence IndexTM (CCI).

Similar to the February 2018 report, HR and marketing services are the most highly used in organizations in terms of average number, followed by collaboration services.

Service Category Average Number of Cloud Services  % NER
HR  175  96%
Marketing  170  98%
Collaboration  110  83%
Finance/Accounting  76  94%
CRM  76  93%
IT Service/Application Management  31  93%
Cloud Storage  28  67%
ソーシャル  26  92%

 

Resources:

  • Download the Netskope Cloud Report for more detailed analysis and to see the full list of the most widely used cloud services by enterprises.
  • Learn more about how to gain visibility into enterprise cloud services and how to ensure they are secure and compliant.
  • Visit the Netskope Hub for the latest commentary and insight on trends from the Netskope team.

 

ネットスコープについて

Netskope is the leader in cloud security. We help the world’s largest organizations take full advantage of the cloud and web without sacrificing security. Our patented Cloud XD technology eliminates blind spots by going deeper than any other security provider to quickly target and control activities across thousands of cloud services and millions of websites. With full control through one cloud-native interface, our customers benefit from 360-degree data protection that guards data everywhere and advanced threat protection that stops elusive attacks. At Netskope, we call this smart cloud security.