Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
プレスリリース
ロスアルトス、カリフォルニア州
October 1, 2015

Netskope Extends CASB Leadership with Most Advanced Feature Set for Cloud App Data Loss Prevention

Netskope Active Cloud DLP 2.0 now utilizes data fingerprinting, Exact Match, and enhanced workflows to further reduce false positives and policy creation time

Netskope, the leading cloud access security broker, today announced Netskope Active Cloud DLP 2.0, a next generation data loss prevention (DLP) solution for finding sensitive content in transit or at rest within cloud apps. Netskope Active Cloud DLP 2.0 includes a set of cloud industry-first features to further reduce false positives and the time required for IT and security professionals to create the sensitive data policies necessary to mitigate potential security risks and reduce regulatory exposure for enterprises.

With increasing amounts of business data migrating to and being created in the cloud, identifying and protecting sensitive data is a challenge for many organizations. Traditional content inspection techniques have a reputation for introducing too many false positives or false negatives. While Netskope Active Cloud DLP already supports more than 3,000 data identifiers and 500 file types, keyword search, pattern matching, proximity analysis, and international support including double-byte characters to increase accuracy, Netskope Active Cloud DLP 2.0 raises the bar to ensure organizations have the most accurate information at their fingertips to effectively safeguard sensitive data.

“The proliferation of cloud apps has led to an exponential rise in the volume of sensitive business data stored in and shared across cloud environments. Until very recently, this has been a problem left largely untouched by traditional security vendors,” said Krishna Narayanaswamy, co-founder and chief scientist, Netskope. “Our aim with Netskope Active Cloud DLP 2.0 has always been to provide the most advanced solution, whether stand-alone or integrated with existing on-premises solutions. This next generation of our Cloud DLP solution takes us farther down that road and customer reception so far has been tremendous.

Integrated with the Netskope Active Platform, Netskope Active Cloud DLP 2.0 enables IT to incorporate cloud app and usage details such as the app, its enterprise-readiness score per the Netskope Cloud Confidence Index™, the user or group, type of data being shared, location, device, browser, and user activity (e.g., upload, download, or view) into policies, which helps IT precisely identify cloud app usage patterns to protect data in a targeted way. This also aids IT in quickly identifying cloud app policy violations and trends in real-time, which further increases the accuracy of sensitive data detection and protection.

Netskope Active Cloud DLP 2.0 includes a set of industry-first features for cloud content:

  • Fingerprinting: By scanning data repositories, Netskope Active Cloud DLP 2.0 allows organizations to catalog and create unique markers for sensitive files without defining complex rules with regular expressions. This enables efficient discovery of DLP violations in either whole files or trace amounts of sensitive data in transit or at rest in the cloud. Coupled with Netskope’s ability to target DLP violations to specific content or metadata or a combination of both, this increases the precision of results and requires less time when it comes to creating sensitive data policies.        
  • Exact Match: The Exact Match capability of Netskope Active Cloud DLP 2.0 allows users to augment policies already in place by providing an extra layer of protection. Exact Match minimizes misclassification by performing an extra pass of inspection for sensitive data such as personally identifiable information (PII) and protected health information (PHI) against customer specific sensitive data (.e.g., a database of employee social security numbers). This automated feature provides organizations a very precise match based on all data residing in the organization and protects against false positives.
  • Enhanced workflows: Netskope Active Cloud DLP 2.0 enables critical workflows that simplify DLP policy creation for administrators, complete incident response processes such as funneling suspected policy violations to on-premises DLP solutions via secure Internet Content Adaptation Protocol (ICAP), and use Netskope’s REST API to pull events into tools like security information and event management (SIEM) platforms. These workflows reinforce the Netskope Cloud DLP Reference Architecture, practiced by Netskope’s most cloud-forward customers and partners.

Together, these noise-cancelling features significantly reduce false positives and false negatives to create a high-fidelity DLP solution. To learn more about Netskope Active Cloud DLP 2.0, download this datasheet.

リソース

ネットスコープについて

Netskope™ is the leading cloud access security broker (CASB). Only the Netskope Active Platform™ provides discovery, deep visibility, and granular control of sanctioned and unsanctioned cloud apps. With Netskope, IT can direct usage, protect sensitive data, and ensure compliance in real-time, on any device, including native apps on mobile devices and whether on-premises or remote, and with the broadest range of deployment options in the market. With Netskope, businesses can move fast, with confidence. Serving a broad customer base including leading healthcare, financial services, high technology, and retail enterprises, Netskope has been named to CIO Magazine’s top 10 cloud security startups and featured in such business media as CBS News, Wall Street Journal, and Forbes. Netskope is headquartered in Los Altos, California. For more information, visit our website or follow us on Twitter.