Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

企業内でクラウドサービスを安全に採用する方法を説明する、無料の実践的なクラウドセキュリティワークショップにご参加ください。

ワークショップを探す

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
プレスリリース
ロスアルトス、カリフォルニア州
October 6, 2015

New Netskope Report: Healthcare and Life Sciences Account for Majority of Cloud DLP Violations

Latest Study Reveals High Prevalence of Personal Health Information at Risk

 Netskope, the leading cloud access security broker, today announced the release of the Fall 2015 Netskope Cloud Report™ on enterprise cloud app usage and trends. For the first time, in this report trends were broken down by industry vertical, including healthcare and life sciences; financial services, banking and insurance; retail, restaurants and hospitality; manufacturing; and technology and IT services. According to the report, the healthcare and life sciences vertical is responsible for 76.2 percent of all cloud data loss prevention (DLP) policy violations among the billions of total app instances tracked.

Among the different types of mishandled data within healthcare and life sciences, protected health information (PHI) accounts for an alarmingly high 68.5 percent of violations in cloud apps. PHI includes sensitive data about health status, provision of healthcare, or payment for healthcare that can be linked to a specific individual. Personally-identifiable information (PII) accounted for an additional 13.7 percent of violations. The technology and IT services vertical had the second-highest proportion of total violations, at 14.2 percent.

Enterprise Cloud App Usage Continues to Grow

The report found the average number of cloud apps used per enterprise rose by five percent, to 755 total, after coming in at 715 in the Summer 2015 Netskope Cloud Report. 91 percent of these apps are not enterprise-ready, lacking key functionalities such as security, audit and certification, service-level agreement, legal, privacy, financial viability and vulnerability remediation. Within specific verticals, technology and IT services had by far the highest number of cloud apps in use, averaging at 1,157 apps per enterprise. Healthcare and life sciences had the second-highest total at 1,017 cloud apps.

Although activities like “download” and “share” are typically associated with apps in the cloud storage category, activities related to data leakage and exposure are also prevalent in key app categories like human resources (HR) and business intelligence. “Download” ranks as the fourth most common activity in HR apps and “share” leads as the top activity in business intelligence cloud apps.

“In the wake of a series of high-profile breaches and data loss events, there’s a growing consensus from the board level down that recognizes the need for greater visibility and actionable policies to govern cloud usage and protect sensitive data,” said Sanjay Beri, co-founder and CEO, Netskope. “By better understanding where and how policy violations commonly occur, enterprises have a detailed picture of cloud app ecosystems and their respective industries to better mitigate risk.

Breakdown of DLP Violations by Industry Group

Reviewing aggregate, anonymized data in the Netskope Active Platform, Netskope identified DLP violations in sensitive content at rest in sanctioned cloud apps and en route to or from a variety of sanctioned and unsanctioned cloud apps. Overall, 9.4 percent of all scanned files in sanctioned cloud apps have triggered a DLP policy violation, down from 17.9 percent in last season’s report. The dip in violations shows organizations are becoming more proactive about both detecting and protecting sensitive data in the cloud using a combination of e-discovery, encryption and quarantine workflows. Below is a chart illustrating the breakdown of DLP violations in content at rest in sanctioned cloud apps and their percentage by industry groups:

Industry GroupPercentage of Total Files With A DLP Violation
ヘルスケアおよびライフサイエンス21.1%
Technology and IT Services 14.2%
Financial Services, Banking and Insurance5.7%
Retail, Restaurants, and Hospitality 2.5%
製造 1.7%

Top DLP Policy Violation Types in the Netskope Active Platform

When drilling deeper into violation types, PHI makes up the bulk of DLP policy violations in cloud apps across the Netskope Active Platform population, at 68.5 percent. According to the Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA), 18 categories of sensitive data are categorized as PHI, including health insurance details and personal contact information. As shown above, healthcare and life sciences enterprises (as a combined 27.6 percent of the user base in the Netskope Active Platform) account for the vast majority of total DLP policy violations, at 76.2 percent of the total. Retail, restaurants, and hospitality enterprises (accounting for 6.5 percent of Netskope users) account for 6.7 percent of all violations.

DLP Policy Violation TypePercentage of Total DLP Violations
Protected Health Information (PHI)68.5%
Personally-Identifiable Information (PII)13.7%
Payment Card Industry Information (PCI)7.5%
Confidential, Top Secret or Other Regular Expression5.9%
Source Code4.4%

Netskope Resources

About the Netskope Cloud Report

Based on aggregated, anonymized data from the Netskope対応プラットフォーム, which provides discovery, surgical visibility and control over any cloud app, the report’s findings are based on millions of users in hundreds of accounts in the global Netskope Active Platform from June 1 through August 31, 2015.

ネットスコープについて

Netskope™, the leading cloud access security broker (CASB), helps enterprises find, understand and secure sanctioned and unsanctioned cloud apps. Through contextual awareness and a multi-mode architecture, Netskope sees the cloud differently. This results in the deepest visibility and control, the most advanced threat protection and data loss prevention and an unmatched breadth of security policies and workflows. The world’s largest companies choose Netskope, the only クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB) that ensures compliant use of cloud apps in real-time, whether accessed on the corporate network, remotely or from a mobile device. With Netskope, enterprises move fast, with confidence. To learn more, visit our website.