Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
プレスリリース
February 26, 2014

Netskope Survey: More Than 60 Percent of IT’s Most Security Savvy Professionals Are Either Unaware of Their Company’s Cloud App Policies or Don’t Have One

RSA Conference attendees cited Dropbox, Twitter and Facebook as top apps that they don’t want IT to know about

SAN FRANCISCO – RSA CONFERENCE 2014 – Feb. 26, 2014 – Today from RSA Conference USA 2014, Netskope™, the leader in real-time cloud app analytics and policy enforcement, announced results of a survey on information security professionals’ use of cloud apps. Netskope found that despite widespread adoption of cloud apps in the enterprise, most IT security professionals are either unaware of their company’s cloud app policy or don’t have one. In the absence of cloud app policies, more than two-thirds of attendees surveyed said they would consider their company’s privacy policy before downloading an app.

As cloud apps proliferate in the enterprise, the security and privacy risks associated with use of these apps at work is on the rise. According to the recent Netskope Cloud Report, the typical enterprise is using 397 apps, or as much as 10 times the number that IT typically has within its purview. Furthermore, 77 percent of cloud apps are not enterprise-ready, leaving IT with the challenge of securing these apps and putting policies in place to guide their use.

“It’s not surprising to see that although cloud app usage has caught on in the enterprise, the majority of companies are behind on establishing clear policies and guidelines, and as a result employees are in the dark about the implications of their app usage,” said Sanjay Beri, founder and CEO, Netskope. “With the amazing benefits that cloud apps bring, enterprises also shoulder significant risks that can no longer be ignored. We expect to see cloud app analytics and policy implementation become a top priority in the coming months as businesses look to optimize their usage of cloud apps with an eye on both agility and security.”

The survey – which provides a snapshot of user and corporate practices among a sample of RSA attendees – offered up these conclusions:

  • Policies Lag Despite Growing Cloud App Adoption in the Enterprise
    Although enterprises have more cloud apps in use by employees than ever before, 44 percent of those surveyed said their company doesn’t have a cloud app policy in place. Furthermore, 17 percent of employees are unaware if their company has a policy.
  • Employees Want to Consider Company Policy Before Using a Cloud App
    Despite the rise of unsanctioned cloud apps in the enterprise, also called “Shadow IT,” the majority of respondents take into consideration their company privacy policy before signing up for a cloud app account. Seventy percent of those surveyed said they consider the rules before browsing or hitting the app store, which is good news for companies that have policies in place.
  • Storage and Consumer Apps are perceived as IT No-No’s
    When asked about the top apps they do not want IT to know about, respondents said that storage and consumer apps are top of mind. The top three apps they want to keep off IT’s radar are:

    1. Dropbox (Storage)
    2. Twitter (Consumer)
    3. Facebook (Consumer)

Netskope helps enterprises identify cloud app usage and enforce policies that protect sensitive information and prevent data loss by giving IT the real-time visibility, deep analytics, and policy enforcement needed to confidently embrace cloud computing. Netskope’s solution enables enterprises to improve compliance with data governance rules across industries while supporting the use of cloud apps that enable employees to get their jobs done. For more information visit: https://www.netskope.com/product/.

Survey Methodology
Live interviews were conducted with 120 RSA USA Conference attendees between February 24 and February 25, 2014.

Find Netskope at RSA:
SESSION:        Let Your Users Go Rogue
DATE:            Thursday, February 27 at 10:40 a.m. PT
LOCATION:    Moscone Center, San Francisco
SPEAKERS:
– Sanjay Beri, CEO, Netskope (moderator)
– Alan Boehme, chief of enterprise architecture, business innovation and emerging technologies, The Coca-Cola Company
– Arthur Lessard, senior vice president and chief information security officer, Universal Music Group
– Mike Kail, vice president of IT operations, Netflix

OVERVIEW:   Shadow IT is scary! But maybe letting people “go rogue” is a good thing. Join industry thought leaders for a contrarian viewpoint and lively discussion on how to let people use their favorite cloud apps while protecting corporate networks and sensitive data from threats. Learn how they’re using big data to gain security visibility and come away with practical advice for enforcing cloud policies.


ネットスコープについて

Netskope™ is the leader in cloud app analytics and policy enforcement. Only Netskope eliminates the catch-22 between being agile and being secure and compliant by providing complete visibility, enforcing sophisticated policies, and protecting data in cloud apps. The Netskope Active Platform performs deep analytics and lets decision-makers create policies in a few clicks that prevent the loss of sensitive data and optimize cloud app usage in real-time and at scale, whether IT manages the app or not. With Netskope, people get their favorite cloud apps and the business can move fast, with confidence.

Netskope is headquartered in Los Altos, California. Visit us at www.netskope.com and follow us on Twitter @Netskope.