Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ CSO, Full Skope, Secure Access Service Edge, Security Transformation 3 Realistic Ways to Drive Better Networking-Security Team Collaboration
May 05 2021

3 Realistic Ways to Drive Better Networking-Security Team Collaboration

The success of a Secure Access Service Edge (SASE) architecture depends on how well networking and security teams, and the products and services they manage, converge into a shared set of priorities tied to business objectives. Unfortunately, new research from Censuswide confirms this network-security team collaboration is still strained—if not downright combative—at a majority of enterprises. 

According to the research, more than 50% of CIOs believe that a lack of collaboration between teams stops organizations from realizing the benefits of digital transformation. With an estimated $6.8T to be spent on digital transformation projects through 2023, we’re talking about a big spend. And it’s not as if we can sidestep these trends; 60% of organizations will have a SASE strategy in place by 2025, and 87% of organizations surveyed by Censuswide are either actively working on a digital transformation project or have just completed one.

I read this research, published by Netskope today, with familiar, but somewhat cynical curiosity. As a long-time CIO and technology executive, I’ve read variations on it for years, and very rarely do the data or commentary productively move beyond asking the network and security teams to have a “kumbaya” moment—get along, please!

But as the Censuswide brief clearly spells out, the absence of collaboration has another byproduct: it’s starting to cost teams real money and real time. We can talk about why, but let’s also emphasize how—what can teams do today, and how can leadership guide better outcomes?

The following are suggestions that have worked for me and fellow CIOs to successfully enable better collaboration between siloed teams to accelerate digital transformation.

1. Use what DevOps has taught us

DevOps (and its variations, including DevSecOps) became a movement because of the inherent friction and misalignment between agile application development teams and IT operations teams in large, siloed organizations. At its core, DevOps is all about dedicated, empowered teams with all of the skills necessary to deliver continuous value with minimal dependencies. In addition, many of the DevOps and agile practices, such as the use of Kanban boards and daily standups, can be easily transferred to network and security teams or any spot in the organization that would benefit from stronger cross-functional teamwork. In short, dedicated teams get stuff done!

2. Consider the SNOC

The idea of a combined SOC and NOC—known in some circles as a security and network operations center (SNOC)—is catching on as more companies realize that network access and security go hand-in-hand. The combined SNOC team allows organizations to improve efficiency and effectiveness through a single multi-skilled team without volleying incidents back and forth. The energy freed up from the combined team also allows for the investment in next-generation technologies such as AI/ML to augment human analysis and resolve incidents without manual intervention, to drive further improvement. 

3. Focus on a (short) list of business-critical metrics, or OKRs, that transcend network-security boundaries

How would you best communicate to executive leadership, particularly the non-technical C-suite, that networking and security are working in harmony to maintain network infrastructure and support business objectives? That kind of reporting wouldn’t be the time for anecdotal highlights—or even “kumbaya”! 

Exact metrics, or objectives and key results (OKR), will depend on the nature of the business and the maturity of the teams. What I like about OKRs is the focus on value creation while giving teams the autonomy to come up with the solution. For that reason, OKRs work best in conjunction with cross-functional teams. If your teams are not ready for OKRs, metrics like Mean Time to Resolution (MTTR), Mean Time to Failure (MTTF)/Mean Time Between Failures (MTBF), or even better yet, customer satisfaction (your teams’ internal customers, too!) are good places to start. 

You do need a plan. Ultimately, without a good working relationship, you’re wasting time and money. Connect with me on LinkedIn and let’s talk about the suggestions above and ways you’re driving better collaboration—at any level.

author image
About the author
Mike Anderson brings over 20 years of experience to his role as Chief Digital and Information Officer for Netskope, having built and led high-performing teams across a wide range of disciplines, including sales, operations, business development, and information technology.
Mike Anderson brings over 20 years of experience to his role as Chief Digital and Information Officer for Netskope, having built and led high-performing teams across a wide range of disciplines, including sales, operations, business development, and information technology.