ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

5 Tips for the CISO Looking to Get a Handle on Cloud Security

Oct 20 2021

Over the last 18 months, cloud application use has skyrocketed, with the average organisation with 500-2,000 employees now using 805 different cloud applications.

This is a staggering level of new risk for CISOs to get their heads around. At the same time that cloud use has grown, so too have the efforts of malicious actors to target cloud applications which are all too often poorly secured and present a constant opportunity of unsecured data to compromise.  

The challenge can feel insurmountable, with employees bringing cloud applications into the organisation through shadow IT faster than we can lock them down one by one, but it doesn’t have to be that way. Here are five tips for CISOs looking to get a handle on cloud security:

1) Partner within the business to build in security by design

With cloud proliferating through the organisation, security teams need to partner closely with IT and ensure that security is never a last-minute consideration. Many organisations are already restructuring and combining teams, in which IT and security sit alongside each other with shared KPIs

For security to be built in ‘by design’ it cannot, by definition, be bolted on, and this is one of the reasons that cloud security requires a cloud-native platform. Most organisations realise the limitations of their appliance-based architectures the minute they try to secure data, applications, and users that sit outside of their perimeter. Security by design takes a data-centric architectural approach, acknowledging that there is no longer a perimeter where users, devices, and data can reside safely. Instead, users, devices and data are now dispersed and move freely – in and out of whichever cloud apps and services the business requires – and these apps and services need security that exists wherever they are.

This approach is often dubbed a Secure Access Service Edge (SASE) strategy; placing security in the cloud, making it integral to IT architecture, and executing in-line controls. By taking this architectural approach to security you don’t have to build and customise new security controls cloud app by cloud app. 

2) Understand your data flows

When you acknowledge that your data is no longer static, but that it moves constantly around third-party cloud services, it becomes very apparent that a CISO needs a much greater understanding of their organisation’s data flows. An organisation should know the movements of its data, have visibility of the categories of data at play, and understand the profile of the cloud application in order to decide what controls are necessary.

A data-centric view of security makes sense when you consider that regulation and risk calculations are commonly data-centric. Visibility and an understanding of your data flows is particularly critical when you are navigating areas such as the shared responsibility model, or assessing supply chain risk. Organisations must undertake continuous security assessments based around their data flows.

3) Get on top of API security

Cloud has made it more pressing than ever before that organisations assess supply chain risk and partner assurances. This links to the previous point about understanding data flows (and knowing exactly where your data resides and what your responsibilities are), but it goes further too—specifically when making the most of the integration and analytics opportunities that come with cloud. 

Cloud integrations are incredibly convenient and can add a lot of value. They tend to be built upon APIs and are very easy to set up. However, legacy security appliances don’t understand APIs. They tend to only understand the language of the web and traditional network protocols and are unable to track or police cloud services. It’s yet another reason why you have to secure the cloud from within the cloud. Having legacy appliances attempting to police the cloud is a bit like having a police force that doesn’t speak the same language as the community it is trying to protect. They are powerless to understand what is happening and therefore ineffectual.

4) Make Zero Trust your default position

With cloud architectures removing the concept of a secure perimeter around an organisation’s data and IT, Zero Trust becomes important. As a CISO it can sometimes feel like the organisation looks to us for confidence and reassurance, but actually to do our job well there is a lot to be said for assuming the stance of high alert and mistrust. Zero Trust Network Access (ZTNA) is exactly that – you do not give anyone, any device, or any cloud service access to anything without a specifically allocated series of authenticated security credentials. Data is too valuable to make assumptions of authenticity.

A ZTNA solution makes an immediate difference to the level of security inherent within a traditional network or cloud architecture and should be considered a key component as organisations further migrate into a cloud-first world. 

5) Raise awareness, and activate the workforce

Information security is something that should be in every employee’s job description. But while we, the experts, have to work so hard to stay on top of new cloud risks and threats, we cannot expect employees to successfully navigate the best efforts of malicious actors without education. 

It only takes one simple error or misconfiguration to passively expose sensitive or regulated data, and malicious actors are working hard to make their traps harder for the average employee to spot. They know how to disguise themselves by replicating familiar branding and login screens of trusted cloud services. They even use the same trusted cloud services in their attack architecture, granting them the familiarity of a friendly URL. Cloud app credentials are a top target for phishing campaigns, with 36% of campaigns in 2020 targeting cloud app credentials, and they do this in pages that are hosted by, and look convincingly like, the authentic corporate instance of the organisation’s own cloud service.

It is our responsibility to equip the workforce to keep data safe, and the traditional take-away message of ‘do not click suspicious links’ is no longer useful. Raising awareness is the first step but the goal needs to be ‘activation’; when people feel accountable and responsible for security – reaching a point where every employee is a member of the security team. 

Just as cloud caused a revolutionary rethink around IT architectures, workflows, and cost centres, so it should do likewise for security. Whether cloud enters the business through major business transformation projects, or through an app downloaded to an unmanaged device, it is not something that security teams can ignore.  A SASE strategy – with strong Zero Trust principles – is the best way to ensure cloud remains a positive force within an organisation, and does not keep you awake at night.

This article was originally published at Digital Bulletin.

author image
Neil Thacker
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog