ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

サイバーにおけるニューロダイバージェンス
司会者のエミリー・ウェアマウスが、サイバーセキュリティ業界における神経多様性コンサルタントであり神経多様性研究の専門家である特別ゲストのホリー・フォックスクロフトと、サイバーにおける神経多様性について対談します。

ポッドキャストを再生する
サイバーにおけるニューロダイバージェンス
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Achieving true Zero Trust model compliance in today’s “cloudy” world

Dec 10 2018
Tags
bring your own device
BYOD
CASB
CCI
netskope cloud confidence index
zero trust
zero trust security model

The Zero Trust security concept is getting ready to celebrate its 10th anniversary next year. First introduced and formalized in 2009 by Forrester analyst John Kingervag, it became quite a paradigm shift for security practitioners worldwide by declaring all users, regardless whether they were internal or external, as untrusted by default. Its introduction was quite timely, as enterprises large and small were dealing with challenges of expanding work-from-home initiatives and consumerization of IT, largely due to Apple’s amazing success with the iPhone as BYOD device that was quickly displacing Blackberry, as well as growing popularity of Macs, which were typically not on the list of corporate-procured compute devices. The growth of remote access solutions was also expanding, with SSL VPN approach dominating and overshadowing inconveniences of the traditional stalwart of the IPSEC variants, and users were trying to “attack” the entrance to the corporate applications from all angles.

However, while traditionally that shiny new Mac or iPhone was gated by a VPN device for occasional external access to internally-hosted applications, the rapidly expanding BYOD wave meant that those employee-owned devices ended up within the company perimeter, on a company Wi-Fi (or even wired access), attenuating the traditional “castle and the moat” defense perimeter that enterprises have built over years. The Zero Trust model called for not only distrusting any user as the insider based on their network location, but also taking into account their identity, endpoint posture, and least privilege concept in granting access to the application.

So, what does it take to implement this model in today’s “cloudy” world? For starters, we often hear about the Zero Trust concept from the Identity and Access Management vendors. However, many vendors that own the user identity don’t own the access path to the applications. Companies like Okta, Microsoft, Duo, Centrify, and Ping focus on providing as much context as possible about the user and their endpoint in order to achieve most relevant scope for authentication and authorization to comply with the Zero Trust access concept. That comprises the first key pillar to achieving compliance with Zero Trust model.  A second key pillar of the Zero Trust model envisions a network segmentation gateway. In the words of Kindervag, its “like firewall or UTM on steroids. It does firewall, IPS, DLP, content filtering, and encryption with a 10G interface that separates the switching fabric of each function.”

Kindervag now works for Palo Alto Networks, who, as a leader in the Next-Generation Firewall market, embraced and capitalized on the Zero Trust security model both in its marketing and practical approach of providing customers with both application awareness (app-id) and user awareness (user-id) as part of crafting real-time access policies on the network. While not covering all aspects of Zero Trust Network Segmentation Gateway, Palo Alto products deliver on most of the requirements that Kindervag outlined in his implementation strategy – firewall, IPS, content filtering to some extent, and encryption/decryption capabilities.

There is only one small problem with operationalizing the Zero Trust security model with Next-Generation Firewalls in today’s world – the applications that it aims to protect are no longer in its direct span of control.  Additionally, Next-Generation firewalls lack granular application action awareness on Layer 7 and is not able to discern various actions that security administrator may want to govern for their user population. The traditional HTTP/HTTPS traffic that these firewalls inspect does not include the API layer of communications that make cloud services so dynamic and complex. Without this additional contextual information and visibility, security administrators are unable to place controls over these API communications.

Google was one of the first large enterprises that ditched the traditional perimeter of the datacenters and moved their entire application workloads to the cloud by implementing what they called the BeyondCorp concept.  BeyondCorp is a Zero Trust security framework modeled by Google that shifts access controls from the perimeter to individual devices and users. The end result allows employees to work securely from any location without the need for a traditional VPN.

Microsoft has also recently taken a full charge into supporting the Zero Trust concept, outlining a comprehensive approach to building Zero Trust environments using Microsoft technologies. Both Microsoft and Google’s approaches cater to the use cases where companies are either migrating their existing on-premises workloads to the cloud (the lift and shift approach), or are deploying new cloud-native applications that are custom-built.  That is not, however, how the majority of enterprises are transforming their application usage today. With the rapid growth of Shadow IT, various business units and even individual end-users consume a large variety of SaaS applications and cloud services. As a matter of fact, the latest Netskope Cloud Report shows that there is an average of 1,246 cloud services in use per enterprise – and that number does not include any of the custom-developed apps or services hosted by the enterprise in the IaaS clouds.

While Palo Alto pioneered the App-Id technology, its Applipedia database contains only 2,707 applications as of the moment of this writing. That is just under 10% of what Netskope Cloud Confidence Index database has in its rapidly-growing list of cloud applications.

A core tenet of the Zero Trust security model is to log and inspect all traffic that goes between users and the applications they access. And with applications rapidly moving outside of the corporate datacenter perimeter and users being mobile and accessing these applications from any device no matter where they are, it becomes very apparent that a true Zero Trust security model compliance cannot be achieved today without providing a way to inspect the traffic between users and SaaS and IaaS-based application workloads they access.

That is exactly where a CASB such as Netskope comes up to fill the gap in the cloud-focused application world.  With the unprecedented variety of traffic steering mechanism, ranging from on-premises clientless steering appliances and integrations with existing traffic management and security devices, to endpoint lightweight client and mobile VPN profiles, and finally the reverse proxy for unmanaged device access, Netskope offers the most comprehensive modern-day alternative to the original Network Segmentation Gateway concept that is so pivotal to the effectiveness and the success of the Zero Trust model. It provides full inline visibility into both sanctioned and unsanctioned cloud applications and services that are used in the enterprise, as well as any custom applications deployed by customers in the cloud, and it allows enterprises to fully implement the Zero Trust security model by bringing in comprehensive monitoring, access control, and data protection for their SaaS and IaaS applications.

author image
Michael Koyfman
Michael Koyfman is the Head of Global Solution Architecture at Netskope.