ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プラットフォーム、製品、サービス AV-TEST Results Show Netskope Threat Protection Efficacy
Aug 09 2022

AV-TEST Results Show Netskope Threat Protection Efficacy

We measure and test things that are important in our lives, from credit scores to blood pressure. For cybersecurity, testing threat protection defenses is an expected benchmark. Netskope recently completed a set of anti-malware tests with AV-TEST, an independent anti-malware testing lab based in Germany with one of the world’s largest databases of malware samples. Every second, AV-TEST discovers four to five new malware variants. This sums up to around 10 million new malware every month, or more than 1.35 billion malware objects in total which are included in AV-TEST’s database.

In May 2022, AV-TEST performed a test of the Netskope Intelligent Security Service Edge (SSE) threat protection offering, focused on blocking malicious URLs with and without portable executable (PE) files and phishing websites, as well as false positive avoidance. The test evaluates protection at ”time zero,” as well as on differences in the detection found hours later. The full test report can be viewed here.

Results from Netskope Intelligent SSE threat protection AV-TEST

Netskope Intelligent SSE threat protection was configured with standard and advanced threat defense licenses; security risk categories were blocked, however, uncategorized websites and potentially risky sites including newly registered domains (NRDs) and newly observed domains (NODs) were allowed. Netskope Cloud Firewall was licensed and active in the testing to allow egress web traffic on ports 80/443 for TLS inspection and to block non-web traffic. Remote browser isolation (RBI), patient zero sandboxing to hold files until analyzed as clean, Cloud Threat Exchange for indicator of compromise (IOC) sharing, and user/entity behavior analytics (UEBA) detections and policies were all inactive for this test. 

Netskope has been rapidly enhancing threat protection defenses by providing sandboxing in both standard and advanced threat protection, plus inline machine learning (ML) based detection of new malware in PE files to protect from patient zero events. Netskope also continually tunes ML models for detection of phishing URLs, malicious Office documents, and PDFs complemented by multi-stage sandboxing for more than 30 file types with MITRE ATT&CK sandbox reporting. A new sandbox API for file submissions, a RetroHunt API by file hash, and patient zero alerts on newly detected malware provide new ways for SOC teams to integrate their investigation and remediation workflows. 

Customers can further enhance threat protection with Netskope Remote Browser Isolation (RBI) of risky and uncategorized websites where no code executes on endpoints, and Netskope Cloud Firewall with egress policy controls across ports and protocols by user, group, and OU with exceptions for FQDNs and wildcards. Security posture for high-risk users (low User Confidence Index or UCI) and destinations (low Cloud Confidence Index or CCI) can also be leveraged in adaptive access policies for enhanced patient zero protection. UCI has been instrumental in detecting malicious insiders, compromised devices, and data exfiltration while CCI covers more than 39,000 app and cloud service risk ratings.

Netskope Cloud Exchange (CE) is free of charge and provides customers with powerful integration tools to leverage investments across their security posture.

Netskope Cloud Threat Exchange (CTE) automates bidirectional IOC sharing between customer security defenses. CTE can make near real-time checks for new IOCs from multiple sources and share the threat intelligence with multiple solutions. As a gateway inspecting web and cloud user traffic in real-time, detection time is less than 10ms for a performant user experience and CTE enables customers to manage timely IOC updates between defenses and their preferred threat intel sources.

Image listing Netskope Cloud Threat Exchange integrations

Netskope Cloud Risk Exchange (CRE) enables zero trust principles by ingesting and normalizing multiple vendor risk scores including Netskope User Confidence Index (UCI). CRE further provides the ability to invoke investigations for significant changes in user or device risk scoring. 

Like your credit score or blood pressure, it takes a continuous effort to improve and maintain desired scores. To provide customers greater confidence in the threat-stopping power of the Netskope NewEdge network, a new industry-first “malware catch-rate” service level agreement (SLA) will be rolled out. This will become part of Netskope’s standard Support and Service Level Terms, and will complement Netskope’s existing industry-best SLAs for uptime/availability and latency (aka speed of security traffic processing). 

Learn more by requesting a demo or to run a real-time breach and attack simulation.

author image
About the author
Tom Clare is a Product Marketing Director, his focus at Netskope centers on product strategy with marketing experience in web/cloud proxies, data and threat protection, behavior analytics, network traffic analysis, endpoint protection, endpoint detection and response, deception, and firewalls.
Tom Clare is a Product Marketing Director, his focus at Netskope centers on product strategy with marketing experience in web/cloud proxies, data and threat protection, behavior analytics, network traffic analysis, endpoint protection, endpoint detection and response, deception, and firewalls.