ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Catching A Wave, Standing Up on My Surfboard: How Cloud Threat Exchange Saves My SOC From Drowning (For Now)

Mar 31 2022

We have built a Security Operations Center at Netskope in short order. Facing the vast expanse of the Security Operations ocean, I grabbed my board with my team and focused on doing a few things really well. We documented workflows, expanded our visibility, and tuned monitoring systems. We paddled out from shore, braving the shark-infested waters of the threat landscape. Of course, with many tools comes many threat data sources, and as expected, the threat data ingestion tidal wave quickly manifested itself.

Testing the waters

Our SOC, like most, operates in an extremely fast-moving environment with shiny objects everywhere. We are constantly asked to look at the latest technology, most of which are just little swells that won’t become waves and aren’t worth the energy to surf. I am always interested in checking out new technology to understand the potential fit. But if you can’t explain the use case to me in 30 minutes, I move on. I surf big waves. This is a story of a swell that quickly turned into a big wave for my team.

A big wave

When approaching the topic of orchestrating static indicators of compromise such as hashes, IP addresses, and domains, I was introduced to an in-house solution: Cloud Threat Exchange (CTE). CTE is a module that runs in a lightweight collection of Docker applications, named Cloud Exchange, that ingests, manages, and shares IP addresses, domains, and file hashes. It’s free, too.

My team and I pushed up from our boards. After careful research of our own environment and prioritizing the many threat data routing options available to us, we deployed our own instance in the SOC and started connecting key data points.

Hanging ten

We are now routing high-fidelity threat data multi-directionally and in near-real-time between our Netskope instance and other monitoring points, such as EDR and our email gateway. Furthermore, we are channeling certain output for incorporation into the Netskope threat detection engine. We are up on our boards and carving a ride on the wave.

We are not drowning. We are routing threat data faster than ever and you can too. We are up on our boards and can see the threats below the surface sooner. This protects Netskope AND drives improvements in our own threat detection engine to protect our customers.

How it works

Sharing threat intelligence is configurable between any two connected systems. For instance, we can facilitate sharing between different endpoint providers or even multiple Netskope cloud tenants. As threat intelligence and IOCs are received via CTE, we can enforce real-time security enforcement, blocking user access to malicious sites or files that can endanger our security posture. The possibilities are truly mind-boggling.

Consider this diagram an example of how we think about using CTE for automated indicator routing in the SOC:

Diagram of how we think about using CTE for automated indicator routing in the SOC
  1. The industry and community channels have an enormous amount of threat data to sift through. Sharing is caring, but is it useful?
  2. To make threat data useful, organizations should analyze the threat using various analysis techniques. Intelligence analysis is outside the scope of this post, but for the purpose of this example, we will assume that the threat data that is feeding your security instrumentation is of high fidelity and vetted through rigorous intelligence analysis.
  3. As indicators are fed to security instrumentation, such as EDR, email gateways, and firewalls, certain actions are constantly performed depending on numerous configuration and environmental factors. Again, those tuning considerations are outside the scope of this post, but for the purpose of this example, we will assume that your tools are tuned and working as expected.
  4. Depending on the partnership connections in place at any given time, every piece of your security stack may or may not be capable of integrating with each other. Chances are, there will be some tool that cannot talk to another. 
  5. This is where the power of CTE comes in. There are several out-of-the-box integrations, such as CrowdStrike Falcon, VMware Carbon Black Cloud, SentinelOne, and ServiceNow. In addition, we add our own plug-ins to enable sharing between CTE and our own IT systems and/or scripts.
  6. Of course, our own Netskope security stack benefits from the near-real-time ingestion of the routed threat data. The client pulls the updated rules from the Netskope Security Cloud and the user and data are protected.
  7. Since sharing is caring, we can now share indicators out to wherever we choose, be it our own internal intelligence hub, or external partner organizations.

Dashboard

The CTE dashboard provides information on how frequently IOCs have been seen and from what systems, enabling customers to determine the scope of an attack surface. We can also configure when IOCs are timed-out due to staleness, plus choose which IOC sources to trust when they are provided with conflicting (e.g. ‘safe’ versus ‘suspicious’) information. This allows for granular control and decisions on which indicators should be routed where, and for how long.

Ready for more waves (wash, rinse, repeat)

For our SOC, CTE enables even more robust automation and orchestration capabilities to gain full visibility into every event that is happening here. For example, we can make a secondary call to add to monitoring for a priority use case. We have fewer false positives because we are considering more data points more thoughtfully. Pervasive attacks and their IOCs can trigger IR workflows or orchestration playbooks to automate response steps. This makes our security analysts more efficient across multiple security tools. As the SOC continues to evolve with the business, thoughtful implementation of technologies such as CTE provide a much-needed mechanism for us to keep our heads above water and see what lurks beneath the surface.

Ready to use CTE?

There is no charge to use CTE or any of the modules running on Cloud Exchange. CE is a business development tool provided at no charge to Netskope customers and covered by the Netskope EULA. You can download it from Netskope’s public Github repository once you are ready to start surfing! Please contact your Netskope account team or [email protected] if you have any questions.

author image
Jason Barnes
Jason Barnes is Senior Manager of Security Operations and manages the global Netskope Security Operations Center.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog