Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ Uncategorized Cloud App Security — Performance vs. Correctness
Nov 20 2013

Cloud App Security — Performance vs. Correctness

Way back when I was a kid, my Dad used to take my brother and I to a car show once in awhile and the two of us would always be wowed by all of the exotic cars on display (back then when most cars looked like this, it wasn’t hard to be wowed by even moderately exotic cars). But beyond how the cars looked, we’d always come away wondering, “which one is the fastest?” For us, the bottom line was which car could do zero to sixty in the shortest amount of time. Usually, such speculation would lead to endless arguments (there was no Wikipedia at the time to settle such arguments).

When it comes to technology solutions, we often quickly descend into the same singular means of evaluation. We may couch it other terms (what’s the download speed, how long will a reboot take, how long does it take to print, etc.), but at the end of the day we often care about little else other than how fast does it go? And in many ways this makes sense—we only have so many hours each day and we’d like to minimize how much time is spent waiting on our technology to do its thing. But I’d like to suggest that when evaluating technologies, especially Internet/cloud-related technologies and cloud app security, there’s more than just performance to consider. And to push the point further, I’d even assert that there are some things that are more important than sheer performance; namely, correctness, reliability, and security. In this post, we’ll start with correctness.

Way back in the spring of 1993 when the Megahertz Myth was widely embraced by technology consumers, Intel brought out their Pentium (“P5”) processor as the successor to their 80486 (“486”) processor. It was quite a CPU and represented a significant leap forward in performance. One of the notable improvements over the 486 was the enormous gains in floating point calculations (the part of the CPU that handles mathematical operations with numbers that have decimal places). In some cases, the performance was as much as 15x higher. But by the fall of 1994, it was discovered that the P5 processor had a flaw in that same speedy floating point unit: under certain rare calculations, it would return slightly inaccurate results. For the vast majority of people using a P5-based machine, this would have essentially zero impact. But as word spread (even CNN ran a story on it) and the flaw was blown out of proportion, Intel ultimately caved to public pressure and offered to recall all of the processors that had been sold. Ultimately, this cost the company a cool $475 million. In the end, it became clear that the heralded performance of the P5 meant nothing when compared to lack of correctness.

The same need for correctness applies to Internet technologies—especially those that are business critical. But how do you evaluate correctness? One way is transparency: if you are relying on complex cloud technologies to run your business and those cloud technologies rely on sophisticated analytics (and with big data showing up everywhere, who isn’t?), you want to make sure that you are given a clear explanation of how these analytics work. You can’t just assume that the “black box” is working because someone told you to “just trust us—it works.” This level of transparency has been the cornerstone—and success—of open source software and there’s no reason why you shouldn’t expect a certain level of transparency with your closed source cloud applications. And once you know how something works, you can better evaluate the results you get from it.

So does performance matter? Of course it does; a wrong algorithm choice can mean the difference between arriving at a solution in a reasonable amount of time and never arriving at a solution at all. And history has shown that some algorithms may not even be useful from a practical standpoint until an efficient solution is found (one of the most significant being the development of the fast Fourier transform as a means of efficiently computing the otherwise sluggish discrete Fourier transform). But if the algorithm is just wrong to begin with, no amount of performance is going to make up for it.

===

References:

http://en.wikipedia.org/wiki/AMC_Pacer

http://en.wikipedia.org/wiki/Pentium_FDIV_bug

http://en.wikipedia.org/wiki/Floating_point_unit

http://en.wikipedia.org/wiki/P5_%28microarchitecture%29

http://en.wikipedia.org/wiki/80486

http://en.wikipedia.org/wiki/Megahertz_myth

http://en.wikipedia.org/wiki/Fast_Fourier_transform

http://jeremykun.com/2012/07/18/the-fast-fourier-transform/