ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Emergency Response: Navigating Through the Ivanti VPN Crisis Together

Feb 05 2024

Legacy VPNs have become a significant security liability for businesses and governments. VPNs require inbound access to corporate networks, significantly broadening the attack surface for malware. This makes them prime targets for threat actors, increasing the risk of disruption to your business. VPNs are built on a foundation of excessive implicit trust, which can inadvertently allow attackers to move laterally within a network and escalate privileges without detection, gaining access to high-value systems far beyond their initial point of entry. Perhaps most alarmingly, VPNs are plagued by a long history of software vulnerabilities that have been persistently exploited by both individual hackers and nation-state actors.

CISA’s stark warning: “Just Disconnect” Ivanti Connect Secure VPN appliances

The widely used VPN Ivanti Connect Secure, previously known as Pulse Secure, starkly highlights these security risks. In recent years, Ivanti Secure Connect has been the breeding ground for several zero-day vulnerabilities, which have been widely exploited, sometimes leading to devastating consequences. Now, Ivanti finds itself in the crosshairs once again, with attackers actively exploiting new zero-day vulnerabilities in its software.

So, the pressing question arises: why is this happening now, and why do we believe VPNs are a clear and present danger? The root of the problem can be traced back to the age and evolution of VPN technology. Most legacy VPNs have been in use for decades and are burdened by mounting technical debt. Over time, their code bases have become a patchwork of outdated functions and piecemeal updates. We believe that this amalgamation of old and new code creates a snowball effect, leading to critical software vulnerabilities, such as the ones currently impacting Ivanti. 

 Even though Ivanti has rolled out its first round of patches for two known vulnerabilities (collectively nicknamed “ConnectAround”), it discovered two new critical vulnerabilities in the process and left many of its code versions unpatched. The situation reached a critical juncture last week, prompting the US Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) to take an extraordinary step and issue an emergency directive to all federal agencies to disconnect all instances of at-risk Ivanti Connect Secure and Ivanti Policy Secure products from their networks as soon as possible (and no later than February 2, 2024). This move, while specifically directed at federal agencies, signals a broader message: the threats posed by these vulnerabilities loom large over all enterprises.

Addressing the current crisis requires our immediate action (and at the end of this post we outline what we can do to help), but it’s equally critical to prevent future VPN-related crises. If history is a guide, zero-day vulnerabilities are not mere probabilities, they are inevitabilities. This harsh truth demands that we fundamentally change our approach to network security. It’s not enough to just patch up vulnerabilities as they emerge; we need to overhaul our security architecture to remove these risks entirely. Let’s break the cycle of endless vulnerability patching, and instead build a stronger, more resilient framework – now. 

A clarion call to move beyond legacy VPNs

Zero trust network access, or ZTNA, circumvents the challenges inherent to VPNs with a fundamentally different paradigm for delivering remote access. Instead of the traditional approach of connecting devices directly to the network, ZTNA offers a more secure approach of connecting users to applications through a trust broker.  In doing so, it is able to offer these significant advantages: 

  1. It significantly shrinks the attack surface by removing wide-open VPN tunnels that force you to open inbound listeners which can be exploited by attackers.
  2. It constrains unauthorized lateral movement by taking users off the network and replacing IP-based access with logical, per-session based access that enforces least privilege on your enterprise resources.

Netskope ZTNA Next: No apps left behind

Netskope ZTNA Next was built from the ground up and offers a clear path to replace remote access VPNs for all application access use cases by delivering secure, bi-directional connectivity and bringing with it a host of benefits:  

  • Modernizes remote connectivity. ZTNA Next provides secure remote access to all types of private applications, including ones that require server-to-client or bi-directional connectivity–a gap for other ZTNA solutions–thereby accelerating adoption of a zero trust architecture.
  • Improves overall security posture. ZTNA Next is inherently more secure than VPNs because it provides application access rather than network access. It strictly enforces least-privilege access and adaptively grants the right amount of trust at the right time with the Netskope Zero Trust Engine. The result significantly narrows your attack surface and minimizes the risk of  lateral movement within your network.
  • Delivers a great experience for end-users. Ensure reliable and optimized access to critical applications, including time-sensitive voice and video communications used by call centers and help desks, with our innovative endpoint-based software-defined WAN technology built into the Netskope Client. This technology provides Quality of Experience which uses traffic management capabilities and techniques such as forward error correction to mitigate suboptimal network conditions such as packet loss.
  • Reduces complexity and inefficiency. Ensure that remote workforces of any size can securely and swiftly connect to enterprise resources without taxing your network or security teams with the operational overhead of installing network appliances or constantly applying patches. Netskope ZTNA Next is cloud-based and software-defined, meaning scaling is easy and patching is automatic.

Not all ZTNAs deliver on true VPN replacement

Despite other ZTNA vendors’ promises of a seamless transition away from VPNs, the reality has proven to be more challenging due to a technical limitation; most ZTNA solutions only support endpoint-initiated traffic flows. For this reason, many organizations are still tethered to their VPNs for critical legacy applications such as remote assistance and VoIP. This creates more than just an operational burden on administrators (managing VPN alongside ZTNA); it also increases costs and complexity while leaving organizations exposed to the security vulnerabilities inherent in their residual VPN appliances. 

Choose a ZTNA solution that does more than just promise; choose one that delivers a future-proof architecture. It should comprehensively address every application you will uncover during your implementation, overcoming the challenges of classic ZTNA architectures that rely solely on an inside-out connectivity model.  

Netskope がお手伝いします

Recognizing the urgency of this situation, Netksope is ready to assist customers in transitioning from Ivanti Connect Secure VPN. We are providing the following bundle:

  • 90 day license: Get started quickly with your VPN replacement with Netskope ZTNA Next for 90 days emergency use at no cost and no obligation.
  • 無料のアーキテクチャ評価: アーキテクチャと構成の評価とコンサルティングサービス。
  • Free migration assistance: Access 30 days of free professional services assistance for deployment.

Learn more about replacing Ivanti VPN with ZTNA Next here

author image
Michael Koyfman
Michael Koyfman is the Head of Global Solution Architecture at Netskope.
author image
Gerry Plaza
Gerry Plaza serves as Field CTO in the Chief Strategy Office at Netskope. His career trajectory has taken him through every IT functional role of increasing responsibilities, throughout his 20+ years in the IT Industry.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog