ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

Becoming a Non-executive Director
In this episode host Emily Wearmouth welcomes guests Richard Starnes, CISO of Six Degrees, and Homaira Akbari, President and CEO of AKnowledge Partners, for a conversation about the role of a non-executive director (NED).

ポッドキャストを再生する
非常勤取締役になるポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Freeing the UK Public Sector from Legacy IT debt

May 01 2024

As the UK cybersecurity sector prepares to meet at CyberUK next month, I have been reflecting on the conference’s theme–Securing an open and resilient digital future–and what might be the barriers to such a vision. One of the biggest challenges is doubtless the hefty legacy IT in the UK’s public sector. 

For over a decade, the UK Government has been pushing for a cloud-first approach, but many Departments still find themselves operating far too heavy a legacy IT burden. This cloud-first push was both helped and hindered by the disruption of the COVID-19 pandemic, and is seeing renewed urgency with the new target of 2027 to move 22,000 roles out of London. All these programmes require security to sit at the heart of the strategy because changes in working practices have coincided with an increasingly sophisticated cybersecurity landscape, regularly driven by nation state backed attacker groups, looking to disrupt the operation of Government and their services.

The latest Central Digital & Data Office (CDDO) guidance on cloud for the public sector (published at the end of last year) set out many considerations for cloud services including security and vendor lock-in, and there is an implicit understanding that legacy IT systems – some decades old and managed by specialist civil servants with very niche capabilities – would need to be addressed. In response to questions raised in the UK Parliament, it was discovered that as many as 43 legacy IT systems were at critical risk under the CDDO assessment framework.

Recent scares around legacy technology (like the US Government’s highlighting of the security issues inherent within Ivanti VPN technologies) should serve to prove the importance of legacy replacement. Closer to home, the British Library’s comprehensive report into its cyber attack specified that legacy tech exacerbated the impact of the attack and was the primary contributor to the length of time it is taking to recover from the attack. It is clear that legacy technology is a fundamental vulnerability and should be addressed as a matter of urgency. 

Legacy lock-in

Legacy technology is–by very definition–dated, and that means it becomes more unstable over time. It becomes harder and more expensive to repair faults, especially as vendors choose to end support services in favour of their newer products. Moreover, attackers have had more time to develop exploits and attack methods and with updates and security patches less available, the risk of successful attacks increases. 

It’s apparent speaking to any IT leader in a Government Department that vendor lock-in is a major concern. Many vendors and contracts lack or actively prevent the agility to innovate within existing contracts, some of which have significant costs in buyout clauses and could be up to a decade long. Consider the change in technology and working practices since 2014, and then consider an organisation trying to stretch the capabilities of technology designed for a completely different world – and threats landscape – to serve today. 

A compounding issue is the UK Government’s SME Action Plan; the initiative to encourage Government Departments to procure more from smaller organisations. The objectives are admirable, but this policy can create a “perfect storm” in the IT stack, where Departments are grappling with the disadvantages of enormous and long-running contracts on one side, and a plethora of smaller vendors adding complexity and sizable integration workloads on the other. Greater complexity in the technical stack results in reduced visibility and challenges in accurately assessing risk. In the private sector currently the trend is for the reverse–consolidation to aid in risk management as well as greater resource efficiency.

What is preventing change? IT leaders often mourn the technical debt tied up in legacy systems–in terms of cost, time and skills–and transformation programmes in government are rarely small projects, requiring both budget and time. The Ministry of Justice recently shared its spending reports and plans around legacy IT replacement and the numbers involved are not only large, they are growing significantly year on year. However, the evolving threats landscape is reducing our control over timelines; ultimately for a modern government to function and be resilient to external cyber threats, we need to embrace new, better technologies.    

A path forwards

The first challenge for many Departments is to fully understand their data assets and the structure of their network. Through that process, IT leaders and their teams can pinpoint and evaluate the best approach for migrating the legacy system’ be that replacement, retirement, repurposing or retaining the technology.

With that understanding, a phased approach can be planned; implementing upgrades to the systems most critical to the department’s ability to function, as well as those that are naturally coming to the end of contracts. This plan should also include consideration of the non-technical blockers to digital transformation including internal attitudes to change, competing priorities and budgets, and coordinating multiple teams and vendors.    

Cloud-first security

The aging VPN provides a useful case study. The Cabinet Office has recommended that Government Departments should reduce reliance upon the legacy technology, and so the obvious upgrade is a zero trust network access (ZTNA) technology. ZTNA tools provide remote access to cloud and private applications based on zero trust principles. And zero trust is recommended by the NCSC as a best practice principle for security and access.

ZTNA is one component of a broader secure access service edge (SASE) architecture, which is an excellent blueprint to build towards in legacy replacement programmes. SASE is a cloud-native security and access architecture, and it inherently allows for a cloud-first approach, while consolidating multiple aspects of security and networking into a simple model that gives IT leaders unparalleled visibility over their digital infrastructure. SASE includes the remote access features of ZTNA, alongside best-in-class and modern data loss prevention (DLP), secure web access, and threat protection.

Managing legacy technology

For many legacy systems, there are already potential cloud native alternatives that bring significant improvements in efficacy and cost. As IT leaders embark on transition planning, shifting to cloud-first could not only address administrative and cost issues but also serve as an enabler for a modern and efficient civil service wherever in the UK it is based. Most crucially, as cybersecurity is firmly a national security concern, the replacement of vulnerable legacy systems should be seen as an urgent priority. 

author image
Neil Thacker
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog