ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

How to Troubleshoot Poor SaaS Performance?

Nov 15 2021

80% of enterprise software is running on SaaS. The majority of users access these from outside the corporate network. How can you troubleshoot poor SaaS performance to maintain their productivity and make sure your business processes keep running smoothly? 

Let’s take a first look at what drives SaaS performance and then take a closer look at how you can run diagnostics that help you draw a path towards resolution. 

The drivers of SaaS performance

The response time experienced by end users from SaaS platforms is driven by multiple infrastructure and application layers: endpoint, local network / WiFi, DNS, ISP, internet path, cloud secured gateways, 3P/CDNs, cloud platform and application response.  

Endpoint health

The performance of the end user’s machine obviously has an impact on the response times perceived by the user in the sense that it will affect the sequence and speed of interaction with the different servers delivering the application (data, images, scripts, …), the rendering on the browser and the execution of the local javascripts.
To run properly, that machine will need sufficient resources (processor, memory, disk) for the browser to execute all these tasks efficiently. 

The browser used to access the SaaS applications may also have an impact on the speed of rendering of the application to the user.

Local network and WiFi

The performance of the local network (from the location of each end user) materialized as the latency, packet loss and bandwidth available to the router may harm the performance of all web applications. WiFi coverage issues, poor quality LAN will negatively impact the experience of users, as it would impact all transactions strongly. 

DNS (Domain Name System)

That system translates hostnames (or FQDN) into IP addresses so that the request can be routed to the adequate nodes.

DNS will affect SaaS performance in two ways: 

  • Resolution time: unless the DNS resolution has been performed and cached recently, translating a hostname into an IP address takes some time (making a request to a DNS server, waiting for the DNS processing to be performed and the response to be transferred back to the client). DNS has a huge impact in case of unavailability, on the other hand the DNS resolution time will affect SaaS performance in a limited way as it will only add delay when a new session is started and the DNS resolution is not found in cache. 
  • According to DNS service providers name servers locations and availability, DNS resolutions are performed based on a geolocation of users and used to redirect them to the closest host for each service. An error in geolocation can strongly affect response times by adding network latency to all interactions with the applications for both the server processing and the data transfer. 

Network latency from the users to the SaaS platform

The time needed to send packets back and forth between the user and the servers will affect all steps in using the app: establishing a TCP session, setting up a secure TLS connection (see this article for more details on this), making requests to the server, and receiving server responses. 

Network latency should be considered not only to the application root servers but also to all hosts involved in the delivery of the application (CDN, authentication servers, API, third-party services). To understand more about this topic, I recommend you take a look at this article

Cloud gateways and proxy servers

Most enterprise IT departments have taken measures to secure the access to their SaaS applications for work from home situations. They use a variety of cloud services ensuring authentication, access rights enforcement and proxification of SaaS traffic. Commonly used solutions are zScaler, Netskope, McAfee Mvision, Prisma of Palo Alto Networks… 

CASBs and Secured Web Gateways impact SaaS performance in the following ways: 

  • These services add some additional delay by 
    • redirecting the traffic to their system, which increases network latency, 
    • requiring some time to do the security processing and then connecting to the SaaS applications. 
  • These services can also suffer from geolocation errors and redirect users to nodes which are far away from users. 

Here is an illustration of the impact of cloud secured gateways: 

Server layers

A SaaS platform is usually composed of a variety of hosts 

  • directly controlled by the SaaS providers 
  • hosted / provided by 3rd parties like CDN providers, cloud providers and 3rd party providers (like API, authentication services for example). 

The response times for the requests processed by each server will depend on different layers: 

TLS negotiation

Communications are encrypted as a standard and users connect to the SaaS services through TLS to ensure the integrity and confidentiality of the communications. The TLS termination can be performed by dedicated pieces of infrastructure or servers. The time needed to perform the setup of the secured session depends both on the network latency, the version of TLS used and the performance of the servers (and marginally the details of the TLS negotiation). Nevertheless, it only affects the performance once per session that needs to be established. To learn more about TLS implications on performance, please read this article

Server processing and data transfer

Assuming we are considering modern applications, we should focus on Single Page Applications, which represent the majority of the SaaS applications. This means that the load of the initial bundle is anecdotal and most of the transactions affecting the user experience are API calls. 

How to diagnose each type of SaaS performance issue? 

The table hereunder lists the most common pain points when considering response times for SaaS applications and the free tools you can use to pinpoint them. 

LayerPotential issueLevel of impactTypical Diagnostic tool
EndpointCPU/RAM outageHighSystem monitor
EndpointBrowser errorHighBrowser Devtools
Local network / WiFiWiFi degradationHighNetwork configuration

Traceroute / ping
DNSSlow DNS resolutionLowDig
DNSGeolocation errorHighBrowser Devtools; Traceroute / ping, geolocation database
Network latencyPoor ISP qualityHighTraceroute
Network latencyBGP path changeHighTraceroute
CASB / SWGSlow processingMediumBrowser Devtools
CASB / SWGGeolocation errorHighBrowser Devtools; Traceroute / ping, geolocation database
TLSSlow TLS negotiationMediumBrowser Devtools
Server processingSlow initial content loadingLowBrowser Devtools
Server processingSlow transactionsVariableBrowser Devtools
Server processingQueueing and poor critical rendering pathMediumBrowser Devtools

SaaS performance degradations: what to look for? 

This diagram shows which metrics can reveal which kind of problem and which tool can help identify it. 

The key tools you will use to troubleshoot the issues affecting a user with poor SaaS performance will be: 

Chrome Web Dev Tools

How to get Performance metrics for each hit out of Chrome Web DevTools

How to list the hosts and their respective IP addresses to locate your SaaS hosts

Traceroute

This tool present on all systems will help you understand the latency towards a host, the network path and where an eventual network outage is occuring. 

Endpoint monitoring

Every professional operating system offers a way to monitor system resources like CPU, RAM, disk access and network consumption.

Here is an example for Mac platforms. 

How to make SaaS performance monitoring at scale and permanent? 

Of course, all this data is available at a given point of time and for a single endpoint; it also requires a certain level of expertise. 

If SaaS performance impacts the productivity of your business, you certainly want to monitor all your users, 7 days a week to become proactive, concentrate all the diagnostic data into a single solution to reduce resolution times and optimize your SaaS performance overall.

P-DEM proactively helps your teams deliver an amazing user experience while maximizing security and performance without compromise. Learn more on the Netskope P-DEM page.

author image
Boris Rogier
Boris is an experienced entrepreneur who has led startups through their product launch, investment, go-to-market implementation, acceleration, worldwide scale, exit, and integration into global organizations.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog