ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

Becoming a Non-executive Director
In this episode host Emily Wearmouth welcomes guests Richard Starnes, CISO of Six Degrees, and Homaira Akbari, President and CEO of AKnowledge Partners, for a conversation about the role of a non-executive director (NED).

ポッドキャストを再生する
非常勤取締役になるポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
サムネイルを投稿

Security Visionaries ポッドキャストの最新エピソードでは、ホストの Max Havey がリモートワークとイノベーションの世界を掘り下げています。 特別ゲストとして、Asana の Work Innovation Lab 責任者である Rebecca Hinds 氏と Netskope AI Labs 責任者である Yihua Liao 氏を迎え、日常業務の一部としてイノベーションを育むための戦略的手法について詳しく掘り下げます。 Rebecca と Yihua が、これまでに手がけたプロジェクトの個人的な成功事例を共有し、デジタル リテラシーの重要性を伝え、リーダーがデジタル コンピテンシャルな文化を育む方法を推奨する様子をお聞きください。 また、リモートチームでイノベーションを促進する際のハードルに光を当て、クリエイティブな衝突を誘発し、コラボレーションを測定する方法を推奨しています。 職場でのイノベーションを推進するための貴重な洞察と実践的なアドバイスが満載のこのエピソードをお見逃しなく!

私たちは時々、創造的な衝突という考え方、つまりオフィスで営業エンジニアやマーケティング担当者に偶然出会う、いわゆるウォータークーラーの瞬間が、新しいアイデアやイノベーションの可能性を刺激する傾向があるということについて言及します。 リモート環境でのそれらの作成については、意図的に行う必要があります。 そうでなければ、イノベーションは確実に損なわれるでしょう。

—Rebecca Hinds氏、Work Innovation Lab 責任者
レベッカ・ハインズ

 

タイムスタンプ

*00:01 - 概要*16:31 - イノベーション プロジェクトの成功事例
*0:42 - イノベーションを日常業務の一部にするための重要な戦術*22:55 - リモート チームでイノベーションを育成するための戦略
*7:09 - イノベーションを測定するための指標*27:04 - リモート チームとのクリエイティブな衝突をより適切に促進する方法に関するアドバイス
*12:06 - デジタル リテラシーの文化の創造*30:23 - 閉会

 

以下プラットフォームからも聴くことができます:

グリーンプラス

本エピソードの出演者

レベッカ・ハインズ
The Work Innovation Lab by Asana の責任者

シェブロン

レベッカ・ハインズ

Rebecca Hinds は、現在および将来の仕事の変化や課題に対応するためにビジネスを進化させるための実用的な調査を行うシンクタンク、The Work Innovation Lab by Asana の責任者です。 レベッカはスタンフォード大学で博士号を取得しました。そこでの研究は、テクノロジーとリモート/ハイブリッドワークが組織にどのような変革をもたらすかに焦点を当てています。 彼女は、リモートワーク、ハイブリッドワーク、テクノロジー戦略の策定方法について、企業に頻繁にアドバイスしています。 レベッカは、数百万ドルの資金を調達した受賞歴のある企業を含む、複数回の創設者です。 以前は、スタンフォード大学の水泳チームのメンバーであり、カナダのオリンピック選考会で準決勝に進出しました。

Yihua Liao
Netskope AI Labs 責任者

シェブロン

Yihua Liao

イファ・リャオ (Yihua Liao) 博士は、Netskope の AI ラボの責任者を務めています。データ損失防止、マルウェアと脅威の保護、ユーザー/エンティティの行動分析など、クラウド セキュリティにおける多くの困難な問題に取り組むための最先端のAI/MLテクノロジーを開発しています。 以前は、UberとFacebookでデータサイエンスチームを率いていました。

リンクトインのロゴ

マックス・ハービー
Netskope、シニアコンテンツスペシャリスト

シェブロン

マックス・ハービー

マックス・ハービー(Max Havey)は、Netskopeのコーポレートコミュニケーションチームのシニアコンテンツスペシャリストです。 ミズーリ大学のジャーナリズム学部を卒業し、雑誌ジャーナリズムの学士号と修士号の両方を取得しています。 ソフトウェアおよび生命保険業界のスタートアップのコンテンツライターとして働いており、複数の業界のゴーストライターや編集を経験しています。

リンクトインのロゴ

レベッカ・ハインズ

Rebecca Hinds は、現在および将来の仕事の変化や課題に対応するためにビジネスを進化させるための実用的な調査を行うシンクタンク、The Work Innovation Lab by Asana の責任者です。 レベッカはスタンフォード大学で博士号を取得しました。そこでの研究は、テクノロジーとリモート/ハイブリッドワークが組織にどのような変革をもたらすかに焦点を当てています。 彼女は、リモートワーク、ハイブリッドワーク、テクノロジー戦略の策定方法について、企業に頻繁にアドバイスしています。 レベッカは、数百万ドルの資金を調達した受賞歴のある企業を含む、複数回の創設者です。 以前は、スタンフォード大学の水泳チームのメンバーであり、カナダのオリンピック選考会で準決勝に進出しました。

Yihua Liao

イファ・リャオ (Yihua Liao) 博士は、Netskope の AI ラボの責任者を務めています。データ損失防止、マルウェアと脅威の保護、ユーザー/エンティティの行動分析など、クラウド セキュリティにおける多くの困難な問題に取り組むための最先端のAI/MLテクノロジーを開発しています。 以前は、UberとFacebookでデータサイエンスチームを率いていました。

リンクトインのロゴ

マックス・ハービー

マックス・ハービー(Max Havey)は、Netskopeのコーポレートコミュニケーションチームのシニアコンテンツスペシャリストです。 ミズーリ大学のジャーナリズム学部を卒業し、雑誌ジャーナリズムの学士号と修士号の両方を取得しています。 ソフトウェアおよび生命保険業界のスタートアップのコンテンツライターとして働いており、複数の業界のゴーストライターや編集を経験しています。

リンクトインのロゴ

エピソードのトランスクリプト

トランスクリプトをオープン

Max Havey:こんにちは。Security Visionaries の最新版へようこそ。Security Visionaries は、サイバー、データ、技術インフラストラクチャの世界をテーマとし、世界中のさまざまな分野の専門家を集めたポッドキャストです。 ホストの Max Havey です。Netskope のシニア コンテンツ スペシャリストです。本日はゲストとして、Asana のワーク イノベーション ラボの責任者である Rebecca Hinds 氏をお迎えし、リモート ワークとイノベーションの世界についてお話しします。 レベッカ、ショーへようこそ。 本日はお集まりいただきありがとうございます。

レベッカ・ハインズ: どうもありがとう、マックス。 私は会話を本当に楽しみにしていますし、ここにいられるのは素晴らしいことです。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 また、番組の友人であるNetskope AI Labsの責任者、Yihua Liao氏も参加します。 Yihuaさん、本日はお集まりいただきありがとうございます。

イーフア・リャオ: ありがとう、マックス。 またこの番組に出演できてうれしいです。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 戻ってきてくれてうれしいです。 それでは、ここに飛び込みましょう。 リモートワークとイノベーションの世界では、多くのことが浮かんでいます。 レベッカさん、まず始めに、イノベーションを日常業務の一部にするために考慮すべき重要な戦術は何ですか? エーテルにいる人たちにどんな戦術をしますか?

レベッカ・ハインズ: これは素晴らしい質問であり、特に仕事が過負荷になっている今の時代には難しい質問です。 私たちはより少ないリソースでより多くのことを成し遂げようとしていますが、イノベーションがこれほど難しいのは、主にそのためのスペースを意図的に作り出すことが難しいからです。 ですから、イノベーションを推進する上で最も重要なのは、イノベーションのためのスペースをどのように作るかを意図的に考えることだと思います。 イノベーションには創造性が必要であり、青天の霹靂(へきれき)な思考が必要であり、それらに対する精神的な能力も必要です。 例えば、現在、私のチームでは、Winnovation Weekと呼ばれる2週間のイノベーションの促進に充て、できるだけ多くの会議をキャンセルし、イノベーションの中核となるクリエイティビティに集中できるようにしています。 これが第1ステップだと思います。 第2段階は、イノベーションには失敗を受け入れ、創造的になり、間違いを犯す心理的安全性を持つことが必要であるという事実を裏付ける多くの証拠があることが研究からわかっています。 そして、失敗の烙印を押そうとしている文化だと思います。 あなたの最もクリエイティブなアイデアは、実際には20番目のアイデアや25番目のアイデアの後に生まれる可能性が最も高いことがわかっています。

レベッカ・ハインズ: そして、多くの場合、私たちはそのためのスペースを作らないのです。 また、イノベーションを促進する最高のクリエイティブなアイデアを思いつくまで、20回失敗しても大丈夫という文化は作り出しません。 ですから、意図的で思慮深い失敗を祝う文化を作ることが重要だと思います。 そして3つ目は、今日最も革新的なチームが複数の帽子をかぶっていることです。 そして、ビジネスリーダーが組織内にジェネラリストを採用し始めれば、特に AI について考えるときには、主題に関する専門知識を持つことの重要性が増すと思います。 私のチームでは、世界クラスの研究者を採用することに非常に意識的に取り組んできましたが、研究を伝達できる人、設計できる人、コーディングできる人を採用することも意識してきました。組織内にフルスタックの人材がいると、分野を超えて点と点を結びつけることを促進するため、イノベーションが促進されます。 また、他のグループ、他の部門、リソースへの依存度が低くなるという点で、少し独立性が高まり、サイロ化されたスペースでイノベーションを起こすことができます。 部門横断的な機能は重要であり、組織全体でのコラボレーションは不可欠ですが、安全な閉鎖空間で実行できるようにするには、ある程度の独立性も必要です。

マックス・ヘイビー: 必ず。 回答の冒頭でおっしゃったように、専用のスペースを設け、非常に意図的であるという考え方は、そのすべてを持つことで、イノベーションの文化をよりよく推進し、促進するのに役立ちます。

レベッカ・ハインズ: そうですよ。

マックス・ヘイビー: 全く。 そして、イーホア、レベッカが彼女の答えで多くのことをカバーしていることを知っています。 あなたの視点から、イノベーションを日常業務の一部にするために提案する他の戦術はありますか?

イーフア・リャオ:ええ、レベッカは間違いなく素晴らしい点をたくさん持っていました。Netskope AI Labs で使用した戦術をいくつか追加します。 私たちも AI 研究者のチームであり、最新の AI マシンラーニング技術を活用してセキュリティプラットフォームを改善することに重点を置いています。 イノベーションは私たちのチームにとって非常に重要です。 私たちが試みたことのいくつかは、このオープンなコミュニケーションとコラボレーションの文化を育むことだけです。 そのため、私たちのチーム内では、毎週のチームミーティングと毎月のディープダイブミーティングを開催し、プロジェクトから何を学んだかを共有しています。

イーフア・リャオ: また、最新のトレンドにはどのようなものがありますか? 業界では。 そして、それは人々が自分のアイデアを共有し、お互いから学ぶよう努めることを本当に奨励されていると感じられるプラットフォームの 1 つでした。 そして、もうひとつ、私たちにとって非常にうまくいったのは、他のチームの人々、つまり部門横断的なコラボレーションを持つ人々を呼び込もうとしていることです。 また、私のチームのほとんどのスタッフはAIに関する深い専門知識を持っているため、非常に重要だと考えています。 しかし、セキュリティ問題を解決するには、ドメイン知識も必要になります。 ドメインの専門家が必要です。 そのため、私たちは、たとえばマルウェアやフィッシングについて非常によく知っている人たちと非常に緊密に協力するよう努めています。 私たちは彼らと協力して彼らの考えを聞き、マシンラーニングを使ってそれらの問題を解決する方法を検討します。 これらは、チーム内でこの革新的な文化を育むために定期的に行おうとしていることのほんの一部です。

マックス・ヘイビー: 必ず。 それは、部門横断的な思考と部門横断的な作業でありながら、独立して作業し、それらを統合する方法を見つけることで、可能な限り最良の方法でこれを行い、可能な限り最高の結果を得ることができます。

レベッカ・ハインズ: 私たちは、これらの部門間の相互作用の性質についていくつかの調査を行いました。 そして、イノベーションにとって最も重要な部門横断的な関係は、エンジニアリングとマーケティングの関係であることがわかります。 そして、それは少し直感に反するものだと思います。 優れた開発が必要なため、それは理にかなっています。 それを効果的に市場に投入する優れたチームが必要です。 しかし、多くの場合、リーダーは、エンジニアリングチームであれば、早い段階でマーケターを招聘したり、その逆を行ったりすることを念頭に置いていません。 そして、イノベーションを意図的に行うこと、隣り合わないグループやあまり話さないグループを意図的に集めて、そのためのスペースを作ることを考えると、これは絶対に重要なことだと思います。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 イノベーションを広く考えると、チーム内のイノベーションをどのように測定していますか? 測定しようとするのは抽象的な概念ですが、探している特定の指標はありますか? AI研究者のチームを率いていますが、チーム内のイノベーションを具体的にどのように測定していますか?

イーフア・リャオ:ですから、私たちにとっては、比較的簡単なことだと思います。私たちは通常、最新の AI マシンラーニング技術を活用して製品を改善するという真のインパクトを生み出したいと考えているため、本番環境に導入するマシンラーニング モデルまたは AI モデルの数に注目しています。 これが1つです。 私たちが通常使用する2番目の指標は、出願した特許の数、または付与された特許の数です。 そしてこれまで、過去数年、4、5年の間に、Netskope では AI ML 関連の特許を約 30 件取得しています。 ですから、私たちは自分たちの進歩をとても誇りに思っています。 毎年、私たちはより多くのことを成し遂げようとしています。 だから、これらは成功ですよね? しかし、レベッカが言ったように、私たちは皆、失敗を受け入れたいと思っていることを知っています。 失敗から学びたい。 そのため、プロジェクトの中には良い結果が得られなかったり、本番環境に展開されなかったり、特許を取得できなかったりするものもあります。 そのため、何回試したか、新しいプロジェクトをいくつ検討したかも追跡します。 これも非常に重要な指標だと思います。 私たちは、チームメンバーに探求し、実験することを奨励したいと考えています。

マックス・ヘイビー: 必ず。 このような反復が、より大きな成功を生むのです。 最初に失敗して、そこでうまくいかないものに気づかなければ、それらの道をたどらないのです。 それは、どのような道を歩んできたのか、どのパスが成功したのかを見ることと同じくらい重要だと思います。 そして、成功だけでなく、失敗も考慮に入れるのは興味深い指標です。 レベッカさん、あなたの見解から見て、あなたがチームで使っているイノベーションを測定するための重要な指標や方法にはどのようなものがありますか?

レベッカ・ハインズ:そして、私たちはこれについて多くのことを考え、実際にイノベーションの原動力を調べるために広範な調査を行いました。多くの場合、イノベーションは少し遅れた指標です。 そこで私たちは、何千もの異なる企業を調べて、最も革新的な企業とそうでない企業の違いを抽出しようとしました。 そして、イノベーションには一貫して4つの推進力があることがわかりました。 1つ目は結束力です。 ここまで、従業員がいかにうまく連携しているか、どれだけまとまりを持って働いているかについて、少しお話ししてきました。 私たちは、イノベーションはチームスポーツであり、それが重要であることを知っています。 2つ目は速度です。 そのため、イノベーションの大部分は実行のスピードであることがわかっています。 つまり、速度とは、アイデアや作業、決定が組織内でどれだけ速く流れるかということです。 3つ目は、レジリエンス(回復力)と呼ばれるものです。 つまり、個人がチームや部門を異動したり、組織から完全に離脱したりした場合に、組織がどれだけ安定しているか、またはどれだけ堅牢であるかということです。 私たちは、優れた人材が去るとき、イノベーションの一部が彼らと一緒に去る可能性があることを知っています。

レベッカ・ハインズ:では、あなたの組織は、それらのアイデアを維持し、そのイノベーションの可能性を維持するのにどれほど安定しているのでしょうか? そして最後の1つは、先ほどもお話しした容量です。 では、従業員が最も重要な仕事をするために、どのくらいの帯域幅を持っているのでしょうか? そのためのクリエイティブなスペースはあるのか? そこで、私たちはこれを「ワークイノベーションスコア」と呼んでいます。 そして、私たちは企業のコラボレーション パターンに基づいてスコアを付け、それらのパターン、つまりコラボレーションがチームや組織を今日の仕事で革新的になるように準備しているかどうかを把握することができます。 また、イノベーションについて考えるとき、私たちは製品やサービスに重点を置くことが多いと思います。 そして、特に、私たちのビジネス慣行の多くが何十年も前のものであり、イノベーションを必要としている、絶えず変化する仕事の世界では、私たちが知っていることです。 また、製品やサービスのイノベーションだけでなく、私たちや他の人々がプロセス イノベーションと呼んでいるもの、つまりビジネス プロセスやワークフローをどのように革新するかについても考えることが重要です。 これは、イノベーションの定義の中核をなすものでなければなりません。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 そして、4人のドライバーのトップのようなことを言ってくれて本当に感謝しています。 イノベーションはチームスポーツです。 前シーズンの「セキュリティ・ビジョナリーズ」のテーマは、実はチームスポーツとしての「セキュリティ」でした。 そのため、さまざまなスポーツやリーグがあり、そのすべてにコラボレーションが必要です。 そして、イノベーションもその1つであるのを見るのが大好きです。

レベッカ・ハインズ: 私は元アスリートなので、優れたアスリートチームをモデルとする優れたチームを職場で作成するにはどうすればよいかというモデルを常に使用しており、イノベーションとセキュリティは、優れたアスリートチームをモデル化すべき2つの重要な側面です。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 少し脇道にそれますが、レベッカさん、ソートリーダーシップやオンラインの他の場所で以前何度もお話ししてきたことですが、デジタルリテラシーの必要性という考え方です。 デジタルリテラシーとは何か、リーダーはどのようにしてデジタルリテラシーの文化を創造できるのか、説明していただけますか?

レベッカ・ハインズ: 特にテクノロジー、特にAIだけでなく、コラボレーションテクノロジーの急速な進歩を考えると、これは今、不可欠だと思います。 デジタルリテラシーは、テクノロジーの使用方法やそのテクノロジーの特徴や機能だけでなく、それを日常業務にどのように組み込んでいるかを指す、ちょっとしたキャッチフレーズです。 そして、テクノロジーに関する唯一の真実は、テクノロジーがどのように採用され、組織でどのように実装されるかという点において、テクノロジーが私たちの意図通りに展開することは決してないということであることを示す学術研究が数多くあります。 そのため、デジタルリテラシーについて考えるとき、テクノロジーが失敗することが多いのはそこです。 私たちは素晴らしいテクノロジーを手に入れることができます、私たちは素晴らしい新しい AI ツールを手に入れることができます。 そして、それが日常業務にどのように適合するか、他のツールとどのように統合するか、どのように使用すべきかを考えなければ、失敗するでしょう。 つまり、デジタルリテラシーとは、本質的にテクノロジーの特徴や機能だけではありません。 しかし、人間のダイナミクスや日々の仕事との交差点について、私たちはどのように考えればよいのでしょうか? また、コラボレーションツールについて考えるとき、特にパンデミックが拡大するにつれて、企業はコラボレーションツールに多額の投資を行うようになったため、多ければ多いほど良いという考え方があると思います。

レベッカ・ハインズ: Slack、Asana、Zoomなど、さまざまなコラボレーションツールを使います。 そして、少なくとも当初は一歩下がって、これらの要素をどのように組み合わせ、相乗効果があり、従業員の意図と競合しない堅牢な技術スタックをどのように作成するかを尋ねた企業はほとんどありませんでした。 そして、私はよく非同期テクノロジーと同期テクノロジーを例に挙げますが、これはちょっとしたバズワード、バズフレーズです。 一般に信じられていることとは反対に、テクノロジーはほとんどの場合、本質的に非同期でも同期でもありません。 どのように使用するかです。 したがって、電子メールのようなツールは、電子メールにどのように応答するかに応じて、非同期または同期のいずれかで使用できます。 そのため、リーダーとして、テクノロジーで何ができるかだけでなく、どのように使用すべきかについて従業員を教育することが重要です。

Max Havey:こうしたルールを明確に定義していない場合は、Slack と Asana をいつ使用すべきか、Google Drive と Dropbox をいつ使用すべきかを明確にして、組織内で共有する必要があります。 そこでテクノロジーが破綻するわけで、だからこそデジタルリテラシーが重要なのです。 そして、AI ではそれが新たなレベルに達し、さまざまなギャップが生まれていると思います。 私たちの調査で一貫している発見の 1 つは、現在、組織の幹部は、個人の貢献者と比較して AI に対する認識と概念が大きく異なるということです。 デジタル リテラシーとは、個人の貢献者や組織全体を AI の旅に引き込み、彼らの注意を引こうとしたり、恐怖や抵抗を引き起こしたりするのではなく、成功につながるような方法で彼らの日常業務にテクノロジーを組み込む方法を見つけることでもあります。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 そして、それは私たちがイテレーションで話したような考え方に戻ります。 イテレーション、期待値の設定、ベストプラクティスの設定により、これらのイノベーションが実際にインパクトを持ち、人々がやりたいことに実際に適合していることを確認する必要があります。 空にパイのアイデアがあるのは素晴らしいことです。 これが私たち全員が望んでいる特効薬になることを願うのは素晴らしいことです。 しかし、実際に軌道に乗せるには、まずその基礎を固める必要があります。

レベッカ・ハインズ: これらの基盤は非常に重要であり、第一印象は重要であり、テクノロジーは相互依存しているため、テクノロジーでも重要です。 そして、従業員を最初から成功に導き、リソースを確保し、テクノロジーとともに学習と能力開発を行うことができれば、そこに最大のメリットがあることは間違いありません。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 少し話が変わりますが、皆さんが携わったプロジェクトの中で、イノベーションによって成功を収めたプロジェクトについてお話ししたいと思います。 まず、Yihua さん、昨年末に Netskope でのハッカソンの推進にご協力いただいたと存じておりますが、これは Netskope の世界中の多くのオフィスからリモートで実施されました。 そこから学んだことと、それがイノベーションに対する考え方にどのような影響を与えたかについて、少し教えてください。

イーフア・リャオ:もちろん。そのため、過去3年間、毎年恒例のエンジニアリングハッカソンを開催しており、これはエンジニアリングチームの伝統となっています。 世界中に1000人近くのエンジニアがいます。 そして、彼らは毎日、エンジニアリングのロードマップ、つまり私たちのエンジニアリングのロードマップに取り組んでいるのです。 そして、すべてのエンジニアが一歩下がって、日々の業務を振り返る機会を作りたかったのです。 また、もっと良くなりたいと思っている厄介な些細なことや、ロードマップに載っていたのに、実際に作業したり、プロトタイプを作ったりする機会がなかったりするものはありますか? そこで私たちは、ハッカソンは、チームの全員が新しいアイデアを持ち寄ってプロトタイプを作り、そこから何を学べるかを考えるよう促す、これらすべてのことを実行する良い機会になるかもしれないと考えました。 そのため、過去 3 年間、エンジニアリング ハッカソンの開催にかなりの成功を収めてきました。

イーフア・リャオ: 異なるオフィスの人々が共同作業を行うことができます。 エンジニアの中には、カスタマー サポートやその他の機能と連携して、さまざまなオフィスや機能グループの人々との緊密な連携を通じて、直面している問題の一部を解決しようとする人もいます。 そして、毎年、約50、60のプロジェクトがハッカソン組織委員会に提出され、審査を受けています。 そして、エンジニアだけでなく、他の組織も含めたすべての人にプロジェクトをレビューするよう奨励します。 また、すべての従業員にハッカソンプロジェクトへの投票を奨励しています。 これは人々のための方法だった...

イーフア・リャオ:従業員がハッカソンプロジェクトで何をしたかを学ぼうとするため。そこで、ハッカソンの最後に、エンジニアリング担当幹部にパネルに参加してもらい、プロジェクトをレビューしてもらい、どのような問題を解決しようとしているかに基づいて、プロジェクトの潜在的な影響に基づいて、最高のハッカソン プロジェクトを選択するよう依頼します。 たとえば、顧客の悩みを解決しようとしているのか、プラットフォームの品質を向上させようとしているのか、といったことです。 レベッカが言いたいのは、機会をつくり、従業員がさまざまなアイデアを試す場を作ることが本当に重要だと思うし、そのうちのいくつかは成功し、実際にはもっと多くのプロジェクトがあまり成功しないことが判明します。 それでいいんですよね。 その経験から学ぼうとしている限りは。 そうですね、ハッカソンは素晴らしいアイデアだと思いますし、さまざまな企業がやっています。 Netskope でも同様の取り組みを行おうとしており、今後もこれを伝統として維持し、さらに多くのハッカソンを開催していくつもりです。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 レベッカさん、あなたの側から見て、あなたが指揮を執った、またはコラボレーションを支援したイノベーションプロジェクトの中で、最近共有したいものは何ですか?

レベッカ・ハインズ: この対談は、オープンイノベーションの重要性を浮き彫りにしていると思うので、ハッカソンやその他のイニシアチブを行う場合でも、会社全体の人々がアイデアを提出できる何らかの受け入れプロセスがあると思います。 そこで最大のイノベーションが起こります。 アイデアが必ずしも私たちのチームから出てくるわけではなく、実際の問題に直面しているビジネスの他の部分から出てくる場合、そのアイデアはその問題、実際の問題に基づいています。 イノベーションの大部分は、有用であること、つまり目新しさと有用性の組み合わせであることを私たちは知っています。 そして、私たちがイノベーションを起こす可能性のあるものについて、提出やインテークプロセスを奨励することができれば、それが最大の成果を生むと思います。 ですから、私たちの研究プロジェクトのいくつかは、そのように始まっています。 私たちはワーク・イノベーション・ラボの非常に早い段階で、会議ドゥームズデイと呼ばれるものを行いましたが、これは会議に関連する圧倒的な状況に直面していた小さなチームからの提出物から生まれました。

レベッカ・ハインズ: 彼らはあまりにも多くの会議に出席していたので、リーダーが私たちのところに来て、「私のチームの会議の過負荷を解決する方法を考えたらどうですか?」と言いました。 そして、私たちがしたことは、この終末の会議を始めたということです。 基本的に、チームは 48 時間の間、すべての会議をキャンセルし、スレートを完全に消去してから、カレンダーを一から作り直しました。 これは、カレンダーを見直すことで、1人あたり月に11時間の時間を大幅に節約できた例です。 私たちはテクノロジーでも似たようなことをしました。 私たちは Amazon Web Services と提携して、「コラボレーション クレンジング」と名付けた調査を実施しました。この調査も、今日の企業があまりに多くのテクノロジーで過負荷になっているという認識から生まれました。 そこで、私たちは会議の終末に似た介入を設計しました。 いくつかのツールを差し引くとどうなりますか? では、どのように仕事を変えればよいのでしょうか? より多くの部門横断的なコラボレーション プラットフォームや統合をどのように推進しますか? 私たちのチームが参加したり主導したりした最も革新的なプロジェクトを振り返ってみると、それらはすべて、組織内の実際の問題を認識し、それらの問題を収集して対処するメカニズムを持つことで実現したと思います。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 そして、その特定の問題点を見つけ、すべてをそぎ落として、ここで解決する必要があることは何かを確認するという考えに立ち返ることです。 そして、オーダーメイドのイノベーションを構築して、この状況をどのように回避し、ここにいる全員にとって最善の方法を見つけることができるかを確認します。

レベッカ・ハインズ: また、私は小さな成功とパイロットを非常に支持しており、スケールアップする前に小規模で何かイノベーションを起こすことで多くのことを学べると思います。 そして、それは一貫して見られることだと思います。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 そして、ここでお聞きしたいのは、レベッカさん、リモート化が進むチームと仕事をする上で、なぜイノベーションを育むのが難しいのか、少し掘り下げていただけますか? あなたは以前の答えでそれを指摘しました、そして私はあなたが多分それを少し拡張できるかどうかちょっと興味がありました。

レベッカ・ハインズ: これは素晴らしい質問ですが、リモートチームは、対面式のチームと同じくらい非常に革新的になり得ると思います。 その意図に帰結すると思います。 そして、私たちの研究や他の研究でわかっているのは、遠隔地や分散型の組織では機能横断的な関係が急速に崩壊する傾向があるということです。 一般的に、チームでのコラボレーションを維持するのはそれなりに良い仕事ができますが、部門間の関係はすぐに崩壊する傾向があります。 繰り返しますが、常にそうであるとは限りません。それは私たちがどれだけ意図的に取り組んでいるかということですが、一般的にはリモートワークや分散型ワークへの移行でそれが見られます。 そして、その本質は、先ほど触れたような部門横断的なコラボレーションパターンがイノベーションに不可欠であるということです。 そのため、イノベーションが損なわれ、分散型の作業環境やリモートワークが意図的に促進されることを考えると、これらの関係はさらに重要になります。 私たちは時々、創造的な衝突という考え方、つまりオフィスで営業エンジニアやマーケティング担当者に偶然出会う、いわゆるウォータークーラーの瞬間が、新しいアイデアやイノベーションの可能性を刺激する傾向があるということについて言及します。 リモート環境でのそれらの作成については、意図的に行う必要があります。 そうでなければ、イノベーションは確実に損なわれるでしょう。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 毎月のブレインストーミングのようなものや、Yihuaがチームと話していたように、深く掘り下げるようなもので、そこには「これは私が取り組んでいることです」というようなことを持ち出す人がいます。 皆さんはこれについてどう思いますか? これについてあなたの脳を刺激するようなものはありますか? 私も似たような方法で多くのブレインストーミングに参加してきましたが、そこから最高のアイデアが生まれることがよくあります。 「ああ、それはおかしいな」みたいな感じで、どうやったら実現できるんだろうなぁ。

レベッカ・ハインズ: Yihuaがリモートハッカソンについて触れた例は、ハッカソンをやっているならリモートでも構わないという直感的なものではないと思います。 これはイノベーションのための非常に健全な生成プロセスであり、より分散した職場環境でイノベーションを推進するために、このような介入やイニシアチブを育成し、スペースを作る必要があると思います。

イーフア・リャオ: ええ、だから私は例を挙げることができます。 今はチームの半分がリモートなので、サンフランシスコのベイエリアを拠点にしていますが、南カリフォルニアやインドにもチームメンバーがいて、台湾でももっと人を雇うことを考えています。 ですから、グローバルチームを管理することは、非常に一般的なものになると思います。 では、チームメンバーが世界中にいる場合、効果的なブレインストーミングセッションを行うにはどうすればよいでしょうか? これは間違いなく、人々がリモートワークで直面する課題の1つだと思いますが、意図的に行う必要があると思います。 この文化は、人々が自由にアイデアを共有し、フィードバックを求めることを奨励するために作られ、できれば毎週ではなくても、四半期に一度、あるいは半年に一度程度、ときどき人々が集まる機会が持てればよいのです。 そういった直接会っての交流は大事だと思うし、そういった機会をつくって、みんなが集まって、より強い関係を築けたらいいなと思います。

レベッカ・ハインズ: これは素晴らしい点だと思いますし、今回の調査でも、対面での交流は非常に長続きするということです。 それは持続し、直接のやり取りの後、何ヶ月も続くことがあります。 ですから、年に一度、四半期に一度、半年に一度しかスペースを作れなくても、私たちが最初に考えていたよりも大きな効果が持続する傾向があります。

マックス・ヘイビー: 私は、それがどこから来ているのか、遠隔地でもクリエイティブな衝突のための空間を作るというアイデアが大好きです。 そして、ここでの会話が終わりに近づくと、プロデューサーがここで終わりに近づいているというサインを出しているのが見えるからです。 リモートチームで仕事をする際に、このようなクリエイティブな衝突をもっと促進し、リモートでのイノベーションをもっと促進したいと思っている人たちに、それぞれ1つアドバイスをするとしたら、何を提供しますか? イーホア、あなたから始めましょう。 1つアドバイスをするとしたら、それは何でしょうか?

イーフア・リャオ:1つアドバイスがあります。もっと良いアドバイスがたくさんあるので、1つ選んでくれと言われればいいのですが、最近学んだことだと思います。 これはおそらく私の上から最も興味深いものですが、ChatGPTでブレインストーミングセッションを行うことをお勧めします。 適切な質問をし、適切なコンテキストを提供し、これらの生成AIモデルを提供すれば、実際に多くの創造的なアイデアを提供できるという研究を見たことがあります。 適切なコンテキストを提供し、適切な質問をする限り、非常に役立つと思います。 そして、次回はChatGPTでブレインストーミングをしてみてはいかがでしょうか。

マックス・ヘイビー: そうですよ。

レベッカ・ハインズ: 私はそれが大好きです。 また、ブレインストーミングの方法、特に対面でのブレインストーミングの方法が破綻しており、最も効果的な方法ではないことを示す証拠もたくさんあります。 実際、ブレインストーミングは、より独立した立場から始めると、より効果的になる傾向があります。 ですから、AIパートナーから始めて、場合によっては対面またはリモートで一緒にブレインストーミングを行うというアイデアが気に入っています。 また、コラボレーションの測定についてよく考えていることも付け加えたいと思います。 コラボレーションは、目に見えにくいものです。 どれだけのコラボレーションをしているのか、うまくいっているのか、うまくいっていないのかを理解するのはとても難しいことです。 そして、コラボレーションを測定し、従業員がサイロをどのように橋渡ししているかを理解することには、真の価値があると思います。 私たちは、Asana データを使用した多くのテクノロジー排出データを活用して、どのチームがうまく連携できているか、どのチームがうまくいっていないかを把握しています。 どうすれば、直感だけで営業とマーケティングがうまく連携しているかどうかを考えるのではなく、データを活用してコラボレーションの強みを理解するために、コラボレーションの測定について再び意識的に取り組むことができるでしょうか。 人々が場所を移動し、より分散した環境に移行するにつれて、コラボレーションはどのように変化し、コラボレーションの実践についてよりデータ主導になり始めているのでしょうか。コラボレーションは、今日の職場でほとんどの時間を費やしていることはわかっていますが、積極的に測定する時間はあまりありません。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 生成 AI や ChatGPT と連携する方法を見つけることであれ、データを活用して部門横断的な意思決定や取り組んでいる部門横断的なプロジェクトを裏付け、それらのことをより定量的に測定する方法であれ、私はこれら両方が大好きです。 どちらも、イノベーションをより適切に推進するための出発点として最適です。 それでは、ここでのエピソードの終わりまで来ていますが、レベッカ、ここに来てくれてありがとう。 これはとても啓発的な会話であり、私はイノベーションについて多くのことを学び、次のプロジェクトを開始するときにチームメイトの何人かに持ち帰るのが待ちきれません。 お二人ともありがとうございました。

イーフア・リャオ: ありがとうございます。

レベッカ・ハインズ: ありがとうございます。

イーフア・リャオ: ありがとうございます。 マックスさん、ありがとうございます。 ありがとう、レベッカ。 楽しかったです。

レベッカ・ハインズ: 素晴らしい会話でした。 どうもありがとう。

マックス・ヘイビー: そうですよ。 また、Security Visionaries ポッドキャストもご覧いただいています。 司会は私、Max Havey です。このエピソードをお楽しみいただけましたら、ぜひご友人と共有し、お気に入りのポッドキャスト プラットフォームで Security Visionaries を購読してください。 そこでは、過去のエピソードを聴くことができ、隔週で公開される新しいエピソードにも注目できます。新しいエピソードは、私または共同ホストの素晴らしいエミリー・ウェアマウスがホストを務めます。 それでは、次のエピソードでお会いしましょう。