Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Netskope Threat Coverage: The Return of Emotet
Nov 18 2021

Netskope Threat Coverage: The Return of Emotet

Co-authored by Gustavo Palazolo and Ghanashyam Satpathy

Summary

At the beginning of 2021, Emotet was considered to be the world’s most dangerous malware by Europol. The threat was first discovered in 2014 when it was acting as a banking trojan. Over the years, the malware evolved into one of the most relevant botnets in the threat landscape, often used to deliver other threats, such as Trickbot and Ryuk ransomware. Netskope detected Emotet during Oct 2020, using PowerShell and WMI to download and execute its payload.

After massive collaboration between law enforcement agencies around the world, Emotet was taken down in January 2021, where the malware’s infrastructure was disrupted from the inside. This was extremely important, as infected machines were redirected towards law enforcement-controlled infrastructure, preventing further actions from Emotet’s threat actors.

After almost a year, Emotet (a.k.a. Geodo, Heodo) was spotted again in the wild, being delivered by Trickbot. This new campaign is being tracked by MalwareBazaar / Feodo Tracker, where we can see an increase since November 15, 2021.

Emotet tracker from MalwareBazaar.
Screenshot of Emotet tracker from MalwareBazaar.

In this threat coverage, we will analyze a malicious Microsoft Office document from a set of files that are delivering the new Emotet payload.

Analysis

Once we open the document, we can see a fake message that lures the victim into enabling the macros, by clicking the “Enable Editing” and “Enable Content” buttons.

Example of a malicious document that delivers Emotet.
Malicious document that delivers Emotet.

The threat actors protected the VBA project with a password to prevent viewing the macro in the VBA editor, likely to slow down analysis.

Example of a protected VBA project.
Protected VBA project.

After bypassing this protection, we can see that the document contains an obfuscated macro code.

Example of macro code executed by the document.
Macro code executed by the document.

There are a few functions that are not used at all, possibly added as decoys. The main code is triggered by the “Document_Open()” function.

Screenshot of function triggered once the document is opened.
Function triggered once the document is opened.

By looking at the function called by this entry point, we can see the threat actors attempt to hide a PowerShell script by using string concatenation and replace, which can all be easily removed.

The VBA code goal is to execute a PowerShell script, that basically iterates over a URL list, and tries to download the content into “C:\ProgramData\”.

Screenshot of prettyfied PowerShell script executed by the malicious document.
Prettyfied PowerShell script executed by the malicious document.

Once an online URL is found, Emotet’s DLL is written into the disk with a random name, for example: “C:\ProgramData\1856230245.dll”.

At the time of our analysis, three of the URLs were offline.

Screenshot of Online and Offline URLs from Emotet’s document.
Online and Offline URLs from Emotet’s document.

The downloaded file is a 32-bit DLL, and although this information is not 100% reliable, it looks like the file was compiled on November 16, 2021.

Screenshot of Emotet’s payload downloaded by the malicious document.
Emotet’s payload downloaded by the malicious document.

The final payload is another DLL, which is unpacked and executed in memory by the downloaded file.

Example of Emotet being unpacked in memory.
Emotet being unpacked in memory.

Once running, Emotet starts the communication with its C2 servers.

Emotet C2 communication.
Emotet C2 communication.

At the moment of this analysis, there are 19 online servers linked to Emotet.

Protection

Netskope Threat Labs is actively monitoring this campaign and has ensured coverage for all known threat indicators and payloads. 

  • Netskope Threat Protection
    • Document-Word.Trojan.Emotet
    • Win32.Trojan.Emotet
  • Netskope Advanced Threat Protection provides proactive coverage against this threat.
    • Gen.Malware.Detect.By.StHeur indicates a sample that was detected using static analysis
    • Gen.Malware.Detect.By.Sandbox indicates a sample that was detected by our cloud sandbox

IOCs

Emotet Document Hashes 

SHA256

4938ef80579abd3efdb5caa81ccd37648e771dfcd8eb6fb59789faf5c29002d9

fcdc52a70e95e9e1979db1a9145ca43135ad7b1497a6c62b606989734680cd5d

eeabaea8e1a978fb94bbb03a4dd20c9259c9a65bdaee42ab5a777ca1ccba27a0

7ba276ef23853e8a1bc1b32b8fa67ff845d9fa78c2820aa68c4907aead76fd06

MD5

97b18705eb20d678681e39cc877b3d2a

93288048b2d674437e5d8adcf13d1169

7d987aac2dba9450640fb15d860be5dc

356252e7a07ec1a807795cfb77629ea7

The full list of IOCs analyzed in this campaign can be found in our Git repository.

author image
About the author
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.