ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
このエピソードでは、ホストの Emily Wearmouth が、サイバーセキュリティの専門家である John Kindervag 氏、「ゼロ トラストのゴッドファーザー」である Neil Thacker 氏とともに、ゼロ トラストの概念を探ります。

ポッドキャストを再生する
ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Microsoft Office Document Triggering New Zero-Day

Sep 13 2021

Co-Author: Ghanashyam Satpathy

Summary

A new zero-day vulnerability (CVE-2021-40444) affecting multiple versions of Windows has recently been discovered and disclosed by Microsoft. According to Microsoft’s Security Update Guide, the MSHTML component can be exploited by an attacker through a custom ActiveX control, allowing remote code execution. This zero-day vulnerability can be triggered through weaponized Office documents and there is evidence of documents exploiting this vulnerability in the wild.

Microsoft has not yet released a security patch, but has released a workaround that can be implemented to protect systems from this vulnerability. You can also use Protected View or Application Guard for Office, either of which can mitigate this issue.

Netskope Threat Protection detects and blocks files related to CVE-2021-40444, protecting our customers from this recently discovered exploit.

This security issue has a severity level (CVSS) of 8.8 out of 10, and in this blog post, we will analyze a malicious Office document that exploits this zero-day vulnerability.

Analysis

The sample we analyzed was a weaponized Microsoft Word document that was first uploaded to VirusTotal on September 09, 2021, under the name “A Letter before court 4.docx”.

Weaponized Word document.

If Microsoft Protected View isn’t enabled, the vulnerability allows the malicious code to be executed as soon as the victim opens the document, requiring no interaction from the user whatsoever, differently from other kinds of infected Office documents where the victim usually needs to click a button to enable malicious VBA Macros.

By default, Microsoft Office files downloaded from the internet are opened in Protected View or Application Guard for Office, which mitigate the issue unless the user explicitly allows the content from the document.

The text of the document itself is just a decoy, designed to create a sense of urgency to trick the user into opening the document, and realistic enough so that they don’t suspect anything is awry after they open it. 

Weaponized document once it’s opened.

As previously mentioned, the exploit doesn’t require any macros at all, as the malicious script will be loaded automatically by Microsoft Word. By analyzing the network traffic, we can see two GET requests coming from Word’s process.

Network requests from the weaponized document.

At the time of the analysis, both payload URLs were offline, so we simulated a server to deliver all files required for the exploit to work.

Soon after these network requests, we can see the MSHTML DLL being loaded, which according to Microsoft is the component that contains the vulnerability.

Microsoft Word loading “mshtml.dll”.

After the payloads were downloaded, we can see Word’s process spawning “control.exe”, which eventually calls “rundll32.exe”.

Processes spawned by Microsoft Word.

To understand what is happening, we need to take a closer look at the weaponized Word document. The file is in the Office Open XML (OOXML) format, meaning that we can decompress and analyze its elements individually.

Once the file is decompressed, we take a look into the OOXML relationships by following the steps shown in the image below.

Extracting “document.xml.rels” file.

Inside that file, one of the defined relationships stands out before the others, as we can see in the image below.

Relationship pointing to the first payload URL.

This external relationship is the only feature implemented by the attacker in the document. Now, we need to take a look in the “side.html” file.

Weaponized Office document downloading the initial payload.

The “side.html” is an HTML file that contains JavaScript, which is likely the code that triggers the vulnerability. Although we can see some of the variables used by the code, such as the URL for the final payload, it’s difficult to understand what the script is actually doing due to the obfuscation implemented by the attacker.

Part of the “side.html” file downloaded by the document.

After a small deobfuscation, we can see that the code downloads a file named “ministry.cab”, extracts a DLL named “championship.inf”, and then it uses a sequence of path traversal as an attempt to execute the file.

Part of the deobfuscated code from “side.html”.

Analyzing Procmon logs, we can see these calls being executed by the process “control.exe”, trying to load the DLL with “rundll32.exe”.

Eventually, the DLL is executed through “rundll32.dll” and “shell32.dll”, which is a technique mapped in the MITRE ATT&CK as T1218.011, also elaborated by the LOLBAS project.

The final payload (“championship.inf”) is a DLL file, and although this information is not 100% reliable, it seems that the file was compiled on August 20, 2021.

Final payload executed by the weaponized document.

This payload is a Cobalt Strike beacon, connecting to an external address as soon as it’s loaded.

Cobalt Strike C2 Domain.

Protection

Netskope Threat Labs is actively monitoring CVE-2021-40444 and has ensured coverage for all known threat indicators and payloads.

  • Netskope Threat Protection
    • Trojan.GenericKD.46912127
    • Trojan.GenericKD.37522535
    • Trojan.GenericKD.46912129
    • DeepScan:Generic.Ursnif.3.1.D4EE9B95
  • Netskope Advanced Threat Protection provides proactive coverage against this threat.
    • Gen.Malware.Detect.By.StHeur indicates a sample that was detected using static analysis
    • Gen.Malware.Detect.By.Sandbox indicates a sample that was detected by our cloud sandbox
    • Gen.Malware.Detect.By.StHeurUrl indicates a sample that was detected by Netskope advanced heuristics.

Below we have an example of a file exploiting CVE-2021-40444, detected by Netskope.

IOCs

SHA256

A Letter before court 4.docx938545f7bbe40738908a95da8cdeabb2a11ce2ca36b0f6a74deda9378d380a52
side.htmld0fd7acc38b3105facd6995344242f28e45f5384c0fdf2ec93ea24bfbc1dc9e6
ministry.cab1fb13a158aff3d258b8f62fe211fabeed03f0763b2acadbccad9e8e39969ea00
championship.inf6eedf45cb91f6762de4e35e36bcb03e5ad60ce9ac5a08caeb7eda035cd74762b

CVE-2021-40444 Exploit URLs
hxxp://hidusi[.]com/e8c76295a5f9acb7/side.html
hxxp://hidusi[.]com/e8c76295a5f9acb7/ministry.cab

Cobalt Strike C2 Domain
macuwuf[.]com

author image
Gustavo Palazolo
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog