ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Multi-Factor Authentication (MFA) Bypass Through Man-in-the-Middle Phishing Attacks

Apr 14 2022

Summary

One of the key tools at the center of social engineering attacks against organizations is phishing. According to the Anti-Phishing Working Group’s latest report, the number of unique phishing websites detected in December 2021 was 316,747, where they have detected between 68,000 and 94,000 attacks per month in early 2020, meaning that phishing attacks have more than tripled from 2020 to 2021. 

Traditional phishing attacks will often clone a website or attempt to drop malware to compromise and steal sensitive data from the phished victim. However, the use of multi-factor authentication (MFA) can mitigate cases where sensitive data is stolen, as this adds an extra layer of protection required to access the account or service. Also, a threat protection solution can mitigate cases where the phishing drops malware to compromise the machine. This is where a more modern phishing method comes into play, the man-in-the-middle (MITM) phishing attack.

To carry out MITM phishing, an attacker uses URLs that closely resemble the victim’s intended destination, which is used to direct the victim to a reverse proxy server. Usually, a reverse proxy server sits in front of a webserver to help balance the network load and provide increases in performance, reliability, and security. In MITM phishing attacks, the proxy server is used by the attacker to intercept the network communication between the victim’s computer and the real web server. Furthermore, the MITM server uses a TLS certificate generated by the attacker, allowing full HTTPS decryption, hence the ability to capture sensitive information such as credentials and MFA session cookies.

Diagram showing how a man-in-the-middle attack works

The mirroring of the legitimate site gives the phishing attack an appearance of legitimacy since the victim is browsing the real site through the attacker’s proxy server. However, although the victim is browsing the real website, the URL and the TLS certificate can be an indicator that something is off since they are not the same as the original. Furthermore, the user engaging with the legitimate website through the proxy also ensures that the captured MFA session cookies last longer, giving the attacker more time to perform malicious actions. 

In this blog post, we will demonstrate how MITM phishing works and describe mitigation techniques against this attack.

How it works

To demonstrate how MITM phishing works, we will set up a cloud infrastructure to intercept data from the GitHub login page. In this test, we used an AWS EC2 instance running Ubuntu 20.04 OS, installed with the open-source tools OpenSSL, keytool, certbot, and Evilginx2, which is a MITM toolkit.

To resolve the attacker’s URL and ensure that victims get directed to the reverse proxy server,  Evilginx2 provides a built-in DNS function. If using a cloud provisioned server, such as AWS EC2, the attacker must modify their AWS instance’s glue records to point toward their proxy server hosting the MITM toolkit, so that the reverse proxy server acts as a nameserver. This allows the attacker to route phishing victims to the proxy server and then redirect the victim’s traffic to the real web server. Also, the SSL/TLS certificate will be set up for the registered domain as soon as the tool is running.

Screenshot of Evilginx page

Once ready, the attacker needs to socially engineer the victim to access the desired service through the attacker’s URL, which is mirroring the real website. Aside from the URL and the TLS certificate, the rest is exactly the same, as the attacker is simply intercepting the traffic between the victim and the real website.

Screenshot of example of site used for phishing

When the victim accesses the website through the attacker’s URL, the framework captures all the sensitive data, such as IP addresses, username, and password, which are redacted in the image below. Furthermore, all the session cookies are stored by the framework, allowing the attacker to re-use them for as long as they are valid, effectively bypassing MFA.

Screenshot showing the redacted sensitive data this kind of phishing attack can capture

Mitigation

The best way to avoid any form of phishing is end-user training to avoid falling for the social engineering used by the attacker. To mitigate MITM phishing attacks, the URL and the website certificate can be checked, as they are the most valuable indicators. 

Other methods of mitigating phishing attacks include using password managers and email security services. Password managers will only autofill credentials if there’s an exact  URL match. This level of protection is dependent on end-users not filling in the credentials themselves. Dedicated email security services can detect imposter domains that attackers may register hoping to trick users into thinking phishing emails are from legitimate sources. A Next Generation Secure Web Gateway (NG SWG) can protect users against phishing using a combination of URL filtering, content inspection, and activity detection.

While MITM phishing attacks do circumvent MFA by capturing the MFA session cookies, this should not deter MFA use. Multi-factor authentication is still a critical piece of any organization’s security since it is one more barrier of entry to threat actors. 

Conclusions

MITM phishing attacks are an advanced way to steal sensitive credentials and bypass advanced security measures, like MFA. It is relatively easy to deploy this since there are many open-source toolkits available in the wild. Also, attackers can abuse cloud infrastructures to carry out this attack, as demonstrated in this blog, hence adding resilience to the scam.

author image
Allen Funkhouser
Allen Funkhouser joined Netskope in 2021 as an intern while attending Maryville University of St. Louis for a Bachelor's in Cybersecurity.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog