ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

New Google Terms of Service – What Do These Changes Mean For UK Organisations?

Feb 27 2020

On 21st February, Google customers in the UK were informed that Google was updating its Terms of Service from 31 March 2020. As of that date, and in response to the UK leaving the EU, the US arm of Google will become the data controller responsible for UK customer data (previously this role was fulfilled within the EU by Google Ireland).

Reaction to this news among CISOs has varied, but I thought it would be useful to capture some items worth thinking about.

Firstly, will this move of Google see an exodus of customers looking for a local service alternative? Probably not.  

For enterprises that are concerned by the US Cloud Act, it’s worth remembering that from a practical point of view the Act requires confirmation that the data subject at the centre of order is a US citizen. Further assessments take place as part of the order, such as whether the request to the cloud provider breaches local law; whether there is an executive agreement in place; whether there are defeating arguments in place against the order; and whether there is a need for a comity analysis by a US court. These steps easily debunk myths that the US Cloud Act simply allows the US to demand access to any information.  

For CISOs whose organisations are still in the EU this February, existing GDPR regulations allow you to store and process data in any jurisdiction as long as that data is processed in compliance with the GDPR. For UK CISOs, this may be the root of a concern, as their organisations move outside of broader EU protection over the coming 12 months. There is a 12 month negotiation period during which all EU protections are still afforded to UK citizens, but by the time the clock runs down we will be hoping to see the UK government review and ratify the Data Protection Act 2018 as part of its comprehensive review of all legislation that is impacted by the country’s exit from the EU. This Act was finalised as the UK enactment of the EU GDPR legislation so should provide a lot of reassurances on data protection, but it will still also need to go to the EU for ratification of ‘adequacy approval’ to confirm its equivalency to GDPR to allow for UK-EU and EU-UK data transfers.

The other item UK CISOs will want to watch in the coming year will be the status of a UK – US Privacy Shield framework agreement. Privacy Shield replaced the US Safe Harbor agreement and promises that “HR and non-HR’” data transferred to the US has the same protection as if it is held in an EU jurisdiction. Until now, UK organisations were able to sign up for EU-US Privacy Shield, but as the UK has left the EU this protection will need clarifying over the next few months. Switzerland has its own Privacy Shield agreement with the US and the most obvious model would be for the UK to do likewise.  

If Privacy Shield is not a consideration, Standard Contractual Clauses (SCCs) are the fall back for organisations wanting a contractual agreement that covers the fundamentals of data protection. A review of existing contracts to determine which international data transfer agreement is in place is recommended. This is definitely worth preparing for as the average enterprise uses 2,415 distinct cloud services and apps – and there is no way at all that these all have a contract in place, with specified contract clauses which conform to organisational and regulatory data protection policies.

Earlier I asserted that we wouldn’t see an exodus of Google’s UK customer base migrating to local service providers, so what do I think we might see? I believe that without a current market dominance in the productivity segment, we will see very large enterprise G Suite customers in a good position to make demands about where their own data is held, even if these demands fall outside of the normal Google operational model. There are significant flagship G Suite customers in the UK and it may be that they can attain exceptions for their own data residency.  

For those G Suite customers who are not so powerful, but are still uncomfortable with their data potentially sitting within the US jurisdiction, I think the EUUG is a fascinating model to consider.  EUUG is the European User Group for Enterprise and Cloud Data Protection, and it was formed initially to give some of Europe’s financial institutions unionised empowerment in negotiations with Microsoft. UK CISOs can perhaps take heart from the naming of this group and the fact that they are still in Europe even if they are no longer in the EU.

In the future, perhaps distrust around international data protection will see more organisational coalitions formed, with cloud customers creating groups of organisations that can resist unilateral decisions around data residency and jurisdiction.

author image
Neil Thacker
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog