ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら Support Portal
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 11: Empowering People for a Secure Future

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ 脅威ラボ OpenSSL ChangeCipherSpec Injection Vulnerability (CVE-2014-0224)
Jun 06 2014

OpenSSL ChangeCipherSpec Injection Vulnerability (CVE-2014-0224)

OpenSSL project published a security advisory yesterday (5th June 2014) providing information on a SSL/TLS Man-In-The-Middle vulnerability. By sending a special sequence of carefully crafted SSL packets to vulnerable client and server, an attacker posing as the Man-in-the-Middle can decrypt and eavesdrop/modify the traffic between the client and the server.

SSL/TLS also called Secure Socket Layer protocol/Transport Layer Security protocol is used predominantly in the Internet to encrypt the traffic between a client and a server. For e.g. the traffic between your browser and your financial organization (such as banks etc.) is encrypted using the SSL/TLS protocols. The OpenSSL project provides an open source toolkit to implement the SSL/TLS protocol. This toolkit is very widely used on a number of servers and also clients that communicate with the servers on the internet.

The following versions of OpenSSL are affected by this vulnerability:

  • OpenSSL 1.0.1 through 1.0.1g

  • OpenSSL 1.0.0 through 1.0.0l

  • all versions before OpenSSL 0.9.8y

It is advised to upgrade to the following or any later versions:

  • OpenSSL 1.0.1h

  • OpenSSL 1.0.0m

  • OpenSSL 0.9.8za

As part of the SSL/TLS protocol, during the setup of an encrypted communication channel between the client and the server, the client and server exchange information in a particular sequence.

Some of the important items exchanged during the setup of the encrypted channel are:

  • Client and Server negotiated encryption algorithm

  • Client random number

  • Server random number

Using the above, the client computes a pre-master key and sends it to the server. Both sides use the pre-master key to generate the master key which is then used to generate a session-key. Both sides then indicate that they will subsequently use the session-key for encrypting the communication by sending a “ChangeCipherSpec” message.

In order to exploit this vulnerability, an attacker acting as the man-in-the-middle can send this “ChangeCipherSpec” message to both client and server prior to the client sending the pre-master key. This causes a vulnerable version of OpenSSL to assume that the pre-master is zero length and to go ahead with the generation of the master key and the subsequent session-keys. The attacker himself can also generate the same master key/session-keys and hence can decrypt/modify the communication between the client and the server.

An important prerequisite to launch a successful exploit against this vulnerability is to have both a vulnerable OpenSSL Client and also a vulnerable OpenSSL Server.

Typical man-in-the-middle attacks are difficult to achieve but given today’s adoption of public or rogue wifi hotspots/networks they are easy to execute. Given such scenarios it becomes important to protect ourselves against exploits taking advantage of this vulnerability.

Modern web browsers do not typically use OpenSSL. Hence, consumers using browsers to access Cloud Apps are not impacted by this vulnerability. At the same time, if native applications such as an iOS apps or Android apps are being used, it is important to ascertain from the Cloud App vendor if vulnerable version of OpenSSL is used. If vulnerable version is used, consumers should upgrade to the patched version as and when the Cloud App vendor publishes an updated app.

As a Cloud App vendor it is important to ensure that all the servers using vulnerable OpenSSL  are patched against this vulnerability.

It is also important to assess as an enterprise if any appliances such as VPN, Proxies, etc. are using vulnerable versions of OpenSSL. Please contact the respective vendors for the applicable patches/upgrades. In case of any custom clients/servers created by your enterprise, please upgrade them with the latest OpenSSL toolkits.

At Netskope, our cloud security research team is continuously monitoring the Cloud App vendor servers and will update this space with specific information.