ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

サイバーにおけるニューロダイバージェンス
司会者のエミリー・ウェアマウスが、サイバーセキュリティ業界における神経多様性コンサルタントであり神経多様性研究の専門家である特別ゲストのホリー・フォックスクロフトと、サイバーにおける神経多様性について対談します。

ポッドキャストを再生する
サイバーにおけるニューロダイバージェンス
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Over-Privileged Service Accounts Create Escalation of Privileges and Lateral Movement in Google Cloud

Dec 02 2021

Introduction

In this blog, we’ve analyzed data from Netskope customers that include security settings of over 1 million entities in 156,737 Google Cloud (GCP) projects across hundreds of organizations (see Dataset and Methodology for more details on the dataset). 

We will specifically look at the configuration of service accounts, see what’s commonly occurring in the real world, and analyze how multiple security misconfigurations can lead to escalation of privileges and lateral movement. In this Netskope dataset, we observed:

  1. Service Accounts with user-managed keys: Over 38% (4,160) of service accounts use user-managed keys, which are often not needed, require work to keep secure (e.g. key rotation), and create a larger attack surface for compromised credentials. Service accounts with user-managed keys are common, existing in 82% of the customers in this dataset.
  1. Service Accounts with old user-managed keys: Of the 4,160 service accounts with user-managed keys, 89% of the service accounts have keys older than 90 days, and over 71% have keys older than a year with the oldest key at 8 years, 1 month. All of this shows the challenges in keeping up with best practices when self-managing keys, which then poses an even greater risk of compromised credentials attacks.
  1. Over-privileged services accounts with old, user-managed keys: Of the 4,160 service accounts with user-managed keys, 26% (1,102) not only have old keys but are also over-privileged with project-level administrator privileges, such as the project owner/editor roles. This greatly increases the impact after compromise, as it allows wider lateral movement and escalation of privileges.
  1. Over-privileged services accounts with old, user-managed keys and access to multiple projects: Of these 1,102 high-risk service accounts that are over-privileged with old user-managed keys, 10% (110) have access privileges to multiple projects, providing more opportunities for lateral movement.
  1. Service account access risk from users: Access to over-privileged service accounts (item #3) can be gained not just from service account key compromise (items #1 and #2), but also from compromise of user accounts. 92 (1.3%) users have the iam.serviceAccountUser or iam.serviceAccountTokenCreator roles at the project level, allowing them to access or impersonate ALL service accounts within a project. 

As we can see, there is a cumulative, interrelated risk from the above misconfigurations around service accounts. We’ll be looking closer at:

  • Service account design in GCP
  • The interdependencies of these four controls
  • How misconfigurations in the four controls can be chained by attackers to gain broader access to your GCP environment

Service Accounts

Before we dive into the data and risk analysis, we need to be clear on what service accounts are and how they’re used within GCP. Service accounts are security principals, but created for use by user scripts, applications, or Google services such as virtual machines—the service accounts have roles/permissions that govern the access of the scripts/applications/services using them. Services such as virtual machines can have service accounts attached to them so they run as that particular service account. They differ from user accounts in that:

  • They do not have passwords
  • Instead, they use RSA public/private key pairs which are used for authentication for Google API access
  • Users can impersonate or “run as” a service account
  • Finally, they are resources so user access to service accounts can be protected by IAM policies

Types

There are two types of service accounts:

  • User-managed. These service accounts include default service accounts, for example, a default service account will be created when you enable the Compute Engine API in a project. However, most user-managed service accounts are created by users. The user is responsible for all management including the creation and rotation of keys.
  • GCP-managed (and created). An example of a GCP-managed service account is the Google APIs Service Agent, with an email address that has a format like: [email protected]. This service account runs internal Google processes on behalf of users. It is not listed in the Service Account section in the Console and is not modifiable or accessible by the user.

Keys

User-managed keys: User-managed service accounts can have optional, user-created (and user-managed) keys, which are commonly used for applications that run outside of GCP to authenticate as the service account and access your GCP environment. The keys are a public/private RSA key pair that serve as the credential for authenticating as the service account and the key file is typically a downloadable .json file, which is also the risk for compromise of a user-managed service account. User-managed keys create risk in two areas:

  • They involve a key file (credentials) that is often stored in an insecure manner on a less-secure endpoint running the code that needs it, and
  • The management of the keys relies on the user. Key rotation, as one example, is a management task that is usually not done by the user, as we see in our dataset.

Google-managed keys: Google creates and manages keys for GCP-managed service accounts as well as user-managed service accounts, and these are used under the hood for the service attachment and impersonation of service accounts. The difference is that when Google manages the keys, it is more secure because private keys are not shipped around and the management (e.g. key rotation) of the keys is more likely to be done.

External vs. Internal

Service accounts that run inside GCP have more secure methods that do not involve downloadable key files containing private keys. Services that run within GCP, such as Compute Engine VMs, can be configured and attached to service accounts and the services will effectively run as that service account. No explicit user keys are needed in this case. Service account keys are described by Google in depth.

However, for scenarios where applications must run outside of GCP and do not have human interaction/authentication, the commonly used option is to have a user-managed key that results in a key file that is collocated or accessible by the application.

Considerations

When using service accounts, consider:

  • Whether service accounts are really required or needed in the first place?
  • Is the application or service inside or outside of the GCP environment?
  • Relatedly, can you have GCP manage the service account keys, rather than have user-managed keys?
  • Whether you are using Kubernetes workloads (GKE)?

Google has good guidance in its best practices for using and managing service accounts

Generally, much of the risk with service accounts is the abuse of them if there are user-managed/created keys, which have key files containing private keys that are downloaded, typically outside of the GCP environment, and used by client application code. It’s a big risk for compromise of those credentials, and multiple CIS IAM controls aim to secure user-managed service account keys in order to reduce the chances of abuse should they be compromised. We’ll discuss this next.

CIS IAM Controls

The backdrop of the service account configurations highlighted in the introduction is the broader IAM controls in the CIS Foundations Benchmark for GCP v1.2. We analyzed 10,783 service accounts, 207,538 policies, and all generated encryption keys across 156,737 projects in several hundred organizations. Some of the key controls in the IAM section and the violations from our dataset are shown in the following table: