ゼロトラストの未来とSASEの現在今すぐ登録

閉める
閉める
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ビスケットではなくクッキー
司会のエミリー・ウェアマスが、専門家のデビッド・フェアマン氏とゾハール・ホッド氏と対談し、インターネットクッキーの過去、現在、未来について語ります。

ポッドキャストを再生する
ポッドキャスト:ビスケットではなくクッキー
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ

Protecting Intellectual Property in the Automotive Industry

Sep 06 2022

The automotive industry is experiencing challenge and change from all sides.  

Automotive OEMs are working to better understand the changing customer journey in relation to their products, and identifying profitable growth opportunities through the integration of digital technology into all areas of the business. This has led to digital and data-led transformation, but execution has been challenging because such profound change touches every part of the automotive industry; refocusing R&D, enriching product innovation and digital experiences, upending partnership models and retail. 

Last year, McKinsey issued recommendations to CEOs in advanced industries (including automotive and assembly), with the objectives of securing growth and next-gen margin, achieving product transformation and reshaping the organisation and strategy for the “next normal.” Cloud and digital transformation featured repeatedly among the recommended strategic actions, including:

  1. Digital disruption to drive go-to-market approaches, 
  2. Digital analytics to better assess company performance, 
  3. Using digital tools to mitigate risks and lower costs, 
  4. Cloud partnerships to accelerate momentum (creating a focused cloud strategy), 
  5. and Designing an organisation built for speed.

McKinsey also outlined other recommendations requiring significant focus from IT teams, including M&A, and the transformation of global footprints and industrial supply chains.

All these recommendations are either explicitly or implicitly items for the CIO to-do list, and data protection is a critical success factor for all.  

The data protection challenges faced by the automotive industry – and recommendations on how to approach them – form the basis of a new eBook from Netskope; Protecting Intellectual Property in Automotive. The eBook is available in English and German.  Read on for a sneak preview.

Netskope Threat Labs data shows that the average manufacturing organisation (with 500-2,000 users) uses 1,522 unique applications, 98% of which are unmanaged by IT teams. This is a higher percentage of unmanaged apps than a multi-sector average. In that average manufacturing organisation, 113 distinct apps are used to upload, create, share, or store data. 

While automotive might have initially had a reputation for being reluctant to embrace cloud due to security and data protection concerns, this is certainly not the case anymore. In fact the specific automotive cloud market is expected to be worth $6 billion by 2027, such is the drive of the software defined vehicle.

Cloud adoption means that you can no longer effectively secure an organisation’s activity and data in the cloud using appliances sitting on-premise. To do so ignores the reality of how people are working, their location and that of the data being shared. And so security and networking transformation is yet another major reinvention going on within automotive. In fact, a survey carried out at the end of 2021 in both my home market of Germany, and the UK found that 99.5% of British and German IT leaders are planning network and security transformation projects in the next five years, and 62% have already started these projects, or plan to in the next 12 months. 

The good news is that, as with the rest of the strategic revamp going on in automotive, security and network transformation to a SASE model brings significant advantages. 

  1. When security is cloud-based and data-centric, users and data location are no longer limiting factors. Users and data can be secure regardless of location or access device allowing automotive companies to take advantage of hybrid work and geographic fluidity.
  1. A deep, contextual understanding of data types and usage means policies can be designed at a higher granularity than allow/block. This means security teams can allow more – partnerships, productivity apps, and collaborative data sharing – without exposing intellectual property or commercially sensitive information to undue risk.
  1. Securing the data, not the application, means security visibility doesn’t just include sanctioned applications. This acknowledges the 98% of unmanaged cloud apps supporting business productivity in the average manufacturing organisation, and allows lines of business to continue to innovate and achieve productivity gains without constantly struggling through time-consuming security approvals that can take months before an application is deemed useful. It also ensures that data is protected wherever it travels in the course of productive business; in the cloud, on the web, and on any device.
  1. In the first half of 2022, 85.7% of reported attacks on manufacturing were motivated by cyber crime (which is money motivated and includes ransomware). Yet even if we put aside mitigating the cost of attacks, enterprises are reporting millions of dollars in savings from SASE as they see cost benefits through vendor consolidation and technology management integration, as well as a significant reduction in network costs.
  1. User experience is significantly improved, wherever hybrid work takes employees, with no obtuse networking compromises sending data traffic to and from locations just for security purposes.
  1. Organisations have much greater control over the jurisdictions their data is subject to, and are assured greater control over privacy and data protection compliance

Software is, in essence, an organising and presentation system for data, and as such the Software Defined Vehicle is one built from data. Whether looking at the end product, or industrial and operational processes, data is now driving the automotive industry. We see this in the use of NFT and blockchain (underpinning subscription models and warranties), as well as through the industry’s extensive use of AI for advances such as autonomous driving. Operationally, “data” means competitive advantage and its value only grows. Providing access to, and securing, that data is a chief priority for automotive and the reason for the prevalence of SASE-driven network and security transformation projects across the sector. 

For more information, German speakers can read the new eBook: Protecting Intellectual Property in Automotive.  

author image
Dirk Wollschlaeger
Dirk Wollschlaeger is a member of the Netskope CXO Advisory Board. Over a career spanning more than 30 years, he has held various leadership positions in sales, production, engineering, and consulting.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog