ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら Support Portal
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 11: Empowering People for a Secure Future

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プラットフォーム、製品、サービス How to get the most out of public cloud and avoid configuration security data compromises
Aug 23 2018

How to get the most out of public cloud and avoid configuration security data compromises

How to get the most out of public cloud

Very few would dispute the notion that the public cloud, also known as infrastructure as a service (IaaS) platforms, have provided IT with a hugely powerful way to deploy services in a time- and cost-efficient manner. But the tremendous flexibility and power that public cloud provides has to be balanced against the need to configure services in a secure manner.

The challenges of managing in the cloud era are inextricably bound up with the positives. Public cloud platforms are growing between 200% and 300% depending on whether you talk to Google or Amazon. In 2017,  AWS alone was responsible for almost $17.5bn in revenue, and Jeff Bezos has said that AWS could eventually be worth even more than Amazon’s enormous retail business. The target for Google Cloud Platform in 2018, is approximately $15bn.

But the assumption that using a cloud from one of the mega-providers such as Amazon, Microsoft or Google will inherently mean data is safeguarded is a common misconception that can be hugely damaging to data security. Today, with so many compromises having occurred in the public cloud there can be no excuses. It’s time for IT to get serious about cloud threats and to take control.

The public cloud configuration challenge in context

Of course, poorly managed public cloud is just one example of cloud security threats (despite quite common as shown by a recent study according to which 20% of public S3 buckets are
writable). The convenience and affordability of getting started on the cloud has meant that there has long been a gung-ho element about the way services are deployed. This is similar to what happens with  ‘shadow IT’ where users bypass IT and procurement to download convenient services such as large file transfer utilities or tools for converting PDFs and other file formats. While undoubtedly useful, these services often have terms and conditions that can compromise enterprise data and lead to loss of data ownership.

Shadow IT has its equivalent on public cloud platforms where relatively tech-savvy users in parts of the business can spin up their own instances. But even where IT is involved, stories of poor configuration handling leading to security threats are legion and their fallout has affected many enterprises, including leading global brands. That aforementioned misunderstanding of the shared responsibility model is partly to blame but it’s clear that the user organisation needs to think long and hard about how they handle cloud configurations. These configuration issues can be many and various but they often include issues relating to access permissions, guessable folder structures, leaked credentials and access tokens, services being made public for testing and then forgotten about, and an absence of logging.

What’s needed is to keep the convenience of being able to spin up cloud instances without the risks of exposing data through configuration issues, or also without the risk of leaving the cloud instances themselves exposed to the most common intrusion techniques including:

  • The exploitation of misconfigurations or vulnerabilities running on cloud services to steal data or implant malware like cryptominers
  • The Brute-forcing of weak passwords for public facing services
  • The hunt for publicly accessible IaaS resources like S3 buckets

Only a complete approach allows to mitigate these risks: continuous security assessment allows to constantly scan for issues and display vulnerabilities in the dashboard, shining a light on risky configs and hence reducing the surface exploitable by the attackers. Similarly, avoiding the risk of exposing data in cloud applications is one of the strengths of cloud-native Data Loss Prevention few people think about. Last but not least, detecting and remediating cloud malware in real time plays an important role as well.

But you won’t find those abilities in the suites of the traditional on-premise security vendors that focus purely on the behind-the-firewall world. That means you need to look at a cloud-native approach to get the benefits of DLP, threat protection, and detection of risky configuration settings that could pose a risk for the organization.

Public cloud platforms are extremely powerful additions to any organisation’s infrastructure capacity but they remain relatively new and manageability isn’t always in the ‘best practice’ spectrum. So be aware of the challenges and make sure that any errors are caught quickly and remediated.

If you’d like to get more advice on how you can get the most out of your public cloud platform then please get in touch with us via [email protected].