ゼロトラストとSASEの未来は今です!オンデマンドで視聴する

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
このエピソードでは、ホストの Emily Wearmouth が、サイバーセキュリティの専門家である John Kindervag 氏、「ゼロ トラストのゴッドファーザー」である Neil Thacker 氏とともに、ゼロ トラストの概念を探ります。

ポッドキャストを再生する
ゼロトラスト:単なるアイデンティティ以上のもの
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Reporting: the final piece of the GDPR puzzle

May 16 2018
Tags
CASB
Cloud Best Practices
Cloud Security
GDPR Compliance

Reporting might be the final of the four stages of GDPR compliance, and it’s possibly not a topic which is going to set anyone’s world alight, but neither of those things make it any less important. If anything, the opposite may be true. After all, what’s the point of taking multiple complex steps to become compliant if, at the end of everything, you can’t prove that you are following the rules?

With today’s changing IT security landscape where users are mostly remote and the applications that they access are hosted by app providers and not host data centres, it is vital to get visibility of users and service activities for users in the office or working remotely as well as on-premise servers accessing updates services on the internet.

It’s one thing to stop or prevent a negative consequence. It’s another to be able to show what happened (or didn’t happen) and how you stopped it. We know that in the event of a breach, regulators are likely to take into account the extent of monitoring and reporting that an organisation carries out. This information may well be used to help determine the extent of any penalty imposed. Having very granular reporting is only possible when the platforms being used to protect users have the ability to precisely decode the communications and understand activities and data.

To recap the journey so far, after the first discovery stage in which organisations audit the cloud services in use and the data they hold, the IT team then rationalises on certain authorised and compliant services. After this the team enforces granular policy to determine rules around access to data and services, restricting access to certain personnel, devices, locations, etc., all in order to lock down sensitive data.

The final reporting stage is designed to maintain that position, meaning that the IT team must be able to monitor overall cloud service use and data access within the organisation to ensure that no new or unknown cloud services are being provisioned by employees in an unauthorised manner.

As this example demonstrates, reporting isn’t just for after the event – it’s also a strategic asset in real-time situations. A reporting platform should provide organisations with answers to ad hoc queries, plus dynamic reports for auditing and risk management. They should provide detailed structure data, that can be presented in easy-to-consume representations such a Sankey flows, data table, drill down menus, and third-party platform sharing.

Equally, reporting functions can provide incident management information and tools across the lifecycle of suspected and real violations. What data has been accessed? By whom? Where was the data downloaded? With whom was it shared? By combining detailed Advanced Analytics with application visibility organisations will be able to understand precise behaviour and uncover exposure.

All of this is vital information in the event of suspicious or unauthorised activity being identified. It ensures that the appropriate permissions can be either provided or blocked, and data protected at source. In this way, reporting tools can help to identify risk and ultimately prevent breaches, as well as assisting with any eventual clean-up.

Organisations also need to put in place continuous monitoring capabilities with an associated risk dashboard. This dashboard means that all new cloud services are investigated, reported and vetted pre-use, ensuring that they don’t affect the organisation’s GDPR compliance stance.

Continuous monitoring is a vital part of ensuring consistent compliance over time. This includes tracking elements like context and user behaviour, and using this information to spot anomalies. If a user logs in from London, then two minutes later appears to log in from New York City, are both of these requests likely to be legitimate?

Viewed in isolation they may seem ok since both access attempts used the correct log in details. But context is key. As a result, along with checking for the existence of new apps and changes in user behaviour, continuous governance and monitoring is a vital part of GDPR compliance. How can an IT team hope to detect anomalies if they don’t know what normal looks like? Baselining is a key capability in understanding what normal looks like so the unexpected behaviour can be identified.

There is also a forensics aspect to reporting. For example, if an organisation is using a data loss prevention (DLP) solution to trigger an event, then the dashboard will enable the IT team to monitor user behaviour in real-time,  trace where the user came from, which app/app instance was used and prove the activities and data subjects.

Being able to demonstrate accurate, real-time reporting processes and functions shows that an organisation is taking a proactive approach to due diligence reporting. This is exactly the type of information a regulator would be looking for in the event of a breach, information which could reduce the size of any fine or penalty.

Often we speak of the “journey” towards GDPR compliance. Like any epic voyage, the journey towards compliance with any regulation – and especially one as complex and wide-ranging as the GDPR – features many stages, and is made up of challenges to be overcome and hoops to be jumped through. But unlike most journeys, in some ways, this one never really ends.

Reporting must be consistent and proven: just because you were compliant today, that doesn’t necessarily mean you’ll be compliant tomorrow. If that sounds daunting, the good news is that once your reporting structure and processes are in place, most of the hard work is done. With all four stages of audit, rationalise, enforce, and reporting complete, and a Next Generation Secure Web Gateway forming the foundation of a secure edge solution, the organisation is much closer to compliance than it was at the journey’s outset.

So although reporting is the final piece of the GDPR compliance puzzle, this doesn’t mean that the journey is over. Seasoned travelers say that it’s not about the destination, it’s about the journey. And on that note, with the hard work done and everything in place to ensure your organisation is ready for the GDPR, maybe it’s time for a holiday…?

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog