ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

ゼロトラストと国家安全保障の交差点
On the latest episode of Security Visionaries, co-hosts Max Havey and Emily Wearmouth sit down for a conversation with guest Chase Cunningham (AKA Dr. Zero Trust) about zero trust and national security.

ポッドキャストを再生する
ゼロトラストと国家安全保障の交差点
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Security Service Edge (SSE) Considerations for the Future of Work

Dec 20 2021

As we all learn how to practically apply the emerging technology of Secure Service Edge (SSE), here is a significant SSE use case—perhaps the most significant, at least in our immediate future. Looking ahead to 2022, many businesses will no doubt have return-to-office plans at the front of their minds. But coming back to the office brings its own unexpected risks that security leaders need to be ready for. Similarly, the “Great Resignation” of knowledge workers in search of more permanent work-from-home options is also looming on the horizon. The “Great Switch” is the more likely situation similar to free agency with athletes as already seen in the service sector of the job market in 2021. It’s clear security teams need to reorient their mindset now to make sure their data is secure wherever it lives and from wherever it is being accessed as employees make career changes. Specifically, utilizing the visibility, instance awareness, and data context inherent to a secure access service edge (SASE) architecture, as well as the technologies that comprise SSE and form the security side of SASE.

Insider threats behind the “Great Resignation” 

Putting this situation in perspective, most organizations will announce their intention to return to offices 30-60 days in advance to give employees ample time to prepare. What many are expecting is that employees who have become accustomed to remote work will not want to return to an office setting, looking for permanent remote work instead, and willing to change jobs for more flexible arrangements. But as job searches surge, so does the risk for sensitive data exfiltration.

Earlier this year, Netskope Threat Labs found a 300% rise in employee data theft during their last 30 days of employment, with 74% of that data going to personal instances of Google Drive. What’s more, the Netskope Cloud Threat and Threat Report also notes that 83% of managed corporate devices already have personal app instances installed making data exfiltration even easier. 

Without proper integrated data context, visibility, and instance awareness, businesses are opening themselves up to a huge risk if their sensitive data is exfiltrated during office reopening efforts. If the average employee is moving as many as 20 company files to a personal app instance per month, and you aren’t able to see the data and where it is going, you have a serious problem on your hands already. 

This is where technologies that make up SSE, within a properly designed SASE architecture, can help security leaders level their security strategy and keep sensitive data secure as it moves throughout cloud applications, both managed and unmanaged including personal instances favored for data exfiltration. 

SSE considerations in action

SSE, as Gartner defines it, refers to the evolving security stack needed to successfully achieve a SASE convergence,  including cloud access security broker (CASB), secure web gateway (SWG), Firewall-as-a-Service, and zero trust network access (ZTNA) capabilities. Two core SSE benefits are the ability to follow data wherever it goes and to understand the context around the data access.

In the Netskope Security Cloud, this can manifest through data protection that utilizes inline AI/ML classifiers for images and documents including resumes, source code, and other specific types of sensitive data. Similarly, Netskope Advanced Analytics can show unknown data movement and risks categorized by app, user, instance, and activity, plus high-risk apps, duplicate app use, and other risks. When integrated with user and entity behavior analytics (UEBA), the context of where these classifiers and risks are detected with instance awareness and can trigger an alert and notify the security team of suspicious activity. 

To better contextualize how this all works in action, here’s what we learned in a recent case study. At a financial services company Netskope SSE collects activity on the company’s web, apps, cloud services, and data activity. Netskope SSE identified a departing employee who had copied more than 1,200 sensitive company files to a personal app instance for cloud storage. In this situation, and as pictured below, Netskope UEBA not only saw that the user was downloading 10 times more files than they normally would, but also was able to see that those files were going to personal cloud app instances. As a result, UEBA correlated more than six anomalies and various DLP alerts to immediately lower the user’s User Confidence Index (UCI) score from near 1000 (good) to 347 (poor) and alert the company’s security team.

Bar graph showing spike in downloads
Graph showing change in UCI

Netskope adaptive policy controls can also act upon UCI for user risk, plus Cloud Confidence IndexTM (CCI) for app risk in real-time with coaching on user behavior, recommending safer alternatives, invoking step-up authentication, or requesting justifications for desired activity.  Leveraging context and context in policy controls enables Netskope to detect insiders, compromise, and undesired data movement inline and via API inspection.  

With this kind of insider threat situation in mind, security leaders looking to evolve their security strategy to accommodate return-to-work plans with the Great Resignation (or Switch) on the horizon must have visibility into where their data flows with context and instance awareness. For SSE threat and data protection efficacy within SASE, context is a core requirement that legacy defenses hosted in the cloud today just cannot provide. As a result of this security migration with four key transformations, SASE can help better enable your network and security transformation phases, however, SSE will determine your success with app and data transformation phases in direct relation to threat and data protection.

author image
Tom Clare
Tom Clare is a Product Marketing Director, his focus at Netskope centers on product strategy with marketing experience in web/cloud proxies, data and threat protection, behavior analytics, network traffic analysis, endpoint protection, endpoint detection and response, deception, and firewalls.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog