ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら
Woman smiling with glasses looking out window

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
Bearded man wearing headset working on computer

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling
ブログ プラットフォーム、製品、サービス Set, Triage, and Improve: Strategies for Tuning Out False Positives
Sep 12 2022

Set, Triage, and Improve: Strategies for Tuning Out False Positives

As a security analyst in a growing company, it is often easy to get into the “set it and forget it” mentality. You create one alert after another. Then another. And another. With each alert comes a certain amount of work for an analyst. Analyst time costs money, and some alerts consume more time than others. If most of the alerts result in false positives, a large amount of resources are being spent unnecessarily. This underscores the importance of continuous tuning of alerts instead of iterating through useless noise. 

But how can we know what to prioritize in order to free up our analysts’ valuable time? You should have a mechanism and strategy for collecting metrics describing the outcome of your security events. Whether you track alert triage activity in a ticketing system or not, you can start measuring today which events were true positive and actionable, or false positive and a waste of time.

True positive, or positively a waste of time?

What is a true positive anyway? Ideally, you are setting alerts tied to actionable use cases driven by a business objective. For example, your organization likely wants to prevent unauthorized access to sensitive internal resources. You can set alert and enrichment logic in your monitoring instrumentation to notify you when such activity occurs. You might even have a triage playbook that is enacted if the alert fires. An analyst picks up the ticket, looks at the data, and validates that the activity did in fact occur and then proceeds to triage the event according to the playbook.

A false positive is when the analyst determines that the use case the playbook was written for didn’t actually occur. As previously mentioned, you want to tune these as they occur instead of continuing to waste time on them.

This seems like a long-winded way to distinguish between true and false positives, but it is necessary to illustrate how valuable time can be spent.

Where is the valuable time being spent?

How many of your SOC analyst tickets are true positives? 100%? 50%? 10%? Or even less? I’d bet money that 10% or less of your company’s security incident tickets are true positive. That leaves around 90% or so false positives. If you don’t have a false positives rate on hand, I suggest adding a field within your ticketing software to include a drop down for false positives and true positives. Depending on how far you go back in the ticket, it could take some time to start this process. As a starting place, I’d go back at least one month from the current date. You can see in the diagram below that the first iteration of your new metric can be simple and high level. 

Breakdown of False positives by ticket count

Even with this high level view you can see there might be some alerts that need to be tuned. But do you know which ones? 

Now, we get to the fun part, breaking false positives down by alert. Getting to this point is how you can make an impact in your organization.

Breakdown of false positives by alert

Once you have it broken down, it might look something like the table above, with one alert firing 150 times. Assuming this alert takes about 30 minutes to properly triage, that’s 75 hours an analyst was unable to better use to help the organization. 

Now what do I do with all these metrics?

Now that we have some actionable metrics, what do we do with this data? We pick out what is our biggest contributor to the false positives. In our example above, it’s a malicious website visit alert. What can we do with it? There are a few things we can do, starting off: take a look at the alert in your SIEM. What logs are coming in for this particular alert? Is there a pattern? In the case of the malicious website visit alert the logs being returned have a field “action= deny”. With this action it’s saying that these have been denied, so now we know what we can change. 

Once we have the cause behind the false positives, we can tune the alert. After tuning this alert to look for successful connections and a threshold for denies. Immediately we see the impact of daily ticket numbers going down.  

Conclusion

Starting a cycle where you are looking at the overall classification of tickets is extremely important to any SOC. With doing this on a monthly basis, you can highlight: pain points for the team, show why you need to start using automation, and get into a mentality of “set it and improve it”

author image
About the author
Ally Frame graduated from Northern Kentucky University with a Bachelor’s in CIT with a focus on Network Security.
Ally Frame graduated from Northern Kentucky University with a Bachelor’s in CIT with a focus on Network Security.