ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

The Economics of Network & Security Transformation – Part 2

Apr 28 2020

In December 2019, I wrote a blog recommending CIOs and CISOs review their annual budgets in 2020 and continue to reduce their spend on legacy appliance-based network and security controls with a move to a scalable and future-proof cloud-based architecture.

In the past few months since then, the world has changed. Budgets are now further under the spotlight with non-essential projects being postponed, emergency budgets for pandemic response to maintain BAU and support a remote workforce applied (and is some cases budget “borrowed” from 2021), and budgets for 2021 being mandated to accelerate digital transformation (and to cover a potential budget deficit) and support growth in new digital services. This change has prompted me to write an update to the blog, a “Part 2,” to cover how organisations will have to adapt to support their current and future workforce changes and potential budgets in 2020 onwards.

Scaling a remote workforce

Most conversations I have with CIOs and CISOs predict that the remote workforce will continue to rise in numbers, with an additional 20%+ of the workforce working remotely beyond the pandemic.  For organisations, this is a tipping point whereby it’s envisaged that 50%+ of the organisation’s workforce could be considered remote workers. As CIOs and CISOs ensure they can fully support this rising number of remote workers, they are also tasked to manage unpredictable costs including the big spend CAPEX items that hit their budget plans every year.  These CAPEX costs are usually offset over a three to five year budgeting period, however for the organisation, the spend is paid up front. Difficulty in predicting and planning for how the organisation will scale in the next three to five years usually results in larger appliances being purchased to meet a potential growth of the organisation which further pushes up the spend.

As the same organisations continue to embrace the cloud, to harness both reduced costs and the continuously updated and enhanced features cloud services offer, it’s critical to start assigning a value to this transformation from both a business benefit perspective and a cost savings perspective.

Transformation Savings

The big-ticket items for most security budgets are the appliance spend and the ongoing maintenance of these appliances over their short lifetime. Monthly updates with new features, patching newly found vulnerabilities, and the racking and stacking of appliances as the traffic throughput increases are costly especially when change maintenance windows may only be possible overnight or on weekends. To use an analogy, it’s similar to buying a new car outright every three years and depreciating the full cost over that time with no residual value remaining. The car is serviced every month paying the service centre a double-time hourly rate for a service that doesn’t always work the first time When buying a car at least, we get a trade-in price for 30-50% of the value after the three years. However for appliances, the majority are sent to a secure scrapyard and recycled after that period no matter how well maintained they are. Not only does this not make financial sense, but it’s also not the best approach to support a happy and fulfilled workforce with evenings and weekends lost to this maintenance requirement. Plus, the constant production, shipping, and recycling of appliances is not supportive of the environment.

The key issue however is the cost. The following is an example of an organisation with 20 offices across the globe and their spend on fundamental network and security appliances and technology. With the total spend above $10m+ over three years for MPLS, SWG, TLS, NGFW,  and VPN/SD-WAN appliances, not including all the local storage needed for reporting and the maintenance fees, it’s a costly business to run this organisation’s network and security infrastructure.

With a 50%+ remote workforce, why would an organisation continue to steer network traffic through to a data centre where these appliances reside, increasing latency, reducing quality of service, and adding cost? If we consider cutting the cost of the three to five year appliance expenditure, a significant cost saving can be made. In this same example, the appliance costs are the primary expense across all categories of spend.

These cost savings can also extend to reduced expenditure for MPLS lines. With a move to cloud, this organisation may no longer need expensive MPLS lines for every site. With a direct-to-net/cloud approach, the organisation could make a significant saving on WAN costs reducing these costs further.

The FTEs assigned to keeping the appliance lights on can be repurposed to focus on the Security Operations side of maximising the investment in the security control and technologies (writing new policies, tuning, and reporting) which would offset part of the maintenance expenditure.

Finally, storage costs can be reduced. As we know, cloud storage costs are significantly less expensive than on-premise storage costs and include multiple benefits including active backup and DR recovery.

Business Outcomes

To conclude, this approach may not work for all organisations. A percentage of organisations may continue to be reliant on legacy appliances and a traditional corporate network, however, the majority of organisations will have started or already be moving to this new approach. An organisation’s workforce is a driving force to dictate the strategy of the organisation.  With a workforce that needs the flexibility of working remotely, with the consumption of cloud-based infrastructure and SaaS becoming the normal, and with the cost calculations and cost reductions organisations need to consider, now is the right time to architect a future-proof cloud-based architecture that works for everyone.

In part 3 of this series, I will look at the cost savings over the full three to five year lifecycle and explain how further cost savings can be made.

author image
Neil Thacker
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog