ネットスコープは、2022年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられました。レポートを読む

  • セキュリティサービスエッジ製品

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護します。

  • Borderless SD-WAN

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへの安全で高性能なアクセスを自信を持って提供します。

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む 製品概要に移動
Netskope Gartner マジック・クアドラント 2022 SSEリーダー

Gartner® Quick Answer:NetskopeのInfiot買収はSD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのような影響を与えますか?

レポートを読む
クイックアンサー:NetskopeによるInfiotの買収は、SD-WAN、SASE、SSEプロジェクトにどのように影響しますか?

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する
大都市の俯瞰図
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら
Lighted highway through mountainside switchbacks

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら
Lighting storm over metropolitan area

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら
Boat driving through open sea

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
Wind turbines along cliffside
  • 導入企業

    Netskopeは、フォーチュン100の25以上を含む世界中の2,000以上の顧客にサービスを提供しています。

  • カスタマーソリューション

    お客様のため、Netskopeでお客様の成功を確実にすべく、あらゆるステップを共に歩んでまいります。

  • トレーニングと認定

    Netskope training will help you become a cloud security expert.

私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
Woman smiling with glasses looking out window

Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

詳しくはこちら
Netskope Professional Services

Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

詳しくはこちら
Group of young professionals working
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

Episode 18: Fostering Relationships for Security Awareness

ポッドキャストを再生する
Black man sitting in conference meeting

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む
Sunrise and cloudy sky

SASE Week

Netskope is positioned to help you begin your journey and discover where Security, Networking, and Zero Trust fit in the SASE world.

詳しくはこちら
SASE Week

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
Four-way roundabout
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題の先取りをサポート

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら
Curvy road through wooded area

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら
Switchback road atop a cliffside

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
Group of hikers scaling a snowy mountain

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
Group of diverse young professionals smiling

The Impact of AI on Cybersecurity: Balancing the Risks and Opportunities

Jan 17 2023

As artificial intelligence (AI) advances, I am seeing a lot of discussion on LinkedIn and in the online media about the advantages it may bring for either the threat actors (“batten down the hatches, we are all doomed”) or the security defence teams (“it’s OK, relax, AI has you covered”). It has occurred to me that while AI could be a powerful tool for cyber criminals, allowing them to automate attacks and evade detection more effectively, it could also be a powerful tool for security professionals, allowing them to detect and respond to threats more quickly and efficiently.

The polarising predictions have also got me wondering … might the impact of AI advances in cybersecurity end up balancing out? Could every advance made by the bad guys be met with equal progress from the good guys? All supported by the same tools? Of course this balancing act only works as long as everyone keeps up with the competition; as cyber criminals become more adept at using AI, security professionals will also have to ensure they are making use of more advanced tools and techniques to defend against these attacks. 

So in a boxing match style, let’s take a look at who is in the red corner and who is in the blue.  Exactly how might cybercriminals and security professionals make use of AI? And who will win?

In the red corner: The Cyber Criminals

  1. Using AI for the identification of targets; scanning the internet for vulnerable systems 
  2. Programming AI-bots to mimic human behaviour in order to more effectively evade detection by security systems
  3. Generating highly targeted phishing emails with AI, perhaps trained by multiple data sets acquired on the Dark Web so that they include credible details to help lure the target and build trust (with the public becoming more used to interacting with AI-bots for customer service, impersonating these chatbots could become a useful social engineering tool for malicious actors).
  4. Creating evermore sophisticated malware, such as using AI to find exploitable patterns in security systems and creating malware that is specifically designed to evade detection, or designing AI-powered evolution into malware, so that malicious programmes adapt and evolve over time, making them more difficult to detect and remove. 

In the blue corner – The Security Professionals

  1. Analysing vast amounts of data from multiple sources to identify and track potential threats. Threat Intelligence systems can also learn from past incidents, allowing them to adapt and improve over time. (Generally I would expect much of this AI intelligence gathering to be done by security vendors, and made available to customers and community members.)
  2. Offering just-in-time training to the workforce before an incident occurs by identifying risky behavioural patterns, and guiding employees to make better decisions for data protection and system security
  3. Triage; sorting through security incidents and prioritising them based on their level of risk. Using AI recommendations to focus efforts on the most critical issues.
  4. Detecting patterns that indicate a potential security incident, then automatically triggering a response and alert to security teams (recently proven in its efficacy by NATO).
  5. Automating incident investigation; helping identify the root cause of an incident and notifying relevant parties. 

So who will be the winner in this title bout? I am not sure that bookies have a favourite just yet. AI has the potential to revolutionise cybersecurity, but it won’t remove the requirement for a clear architecture and strategy.  We don’t get to outsource our jobs to the machines and go and make a cuppa just yet. Over the coming months and years, it will be important to understand that AI is not a cure-all, or a standalone solution, but rather a complementary tool to be used in combination with other security measures. Just like a human security team, AI requires continuous monitoring, evaluation, and tuning to ensure that it is performing as expected and to address any bias or inaccuracies in the data. And of course there are plenty of ethical considerations to be handled too. If you have enjoyed this post, I recommend hopping into the archive and reading this one too, from our EMEA CISO Neil Thacker, in which he discusses the EU’s upcoming AI Act, and gives some useful tips for organisations looking to prepare for the inevitable legislation around AI this year.

author image
Steve Foster
Steve Foster has spent his career working to bridge the gap between business need and technical solution. Steve comes from the networking world, with 20 years of experience as a solutions engineer, solutions architect, and solutions engineering manager with major networking technology vendors. In his current role Steve focuses on supporting the transformation and security strategies for Netskope's clients across the Middle East and Africa.