ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

サイバーにおけるニューロダイバージェンス
司会者のエミリー・ウェアマウスが、サイバーセキュリティ業界における神経多様性コンサルタントであり神経多様性研究の専門家である特別ゲストのホリー・フォックスクロフトと、サイバーにおける神経多様性について対談します。

ポッドキャストを再生する
サイバーにおけるニューロダイバージェンス
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

The Security Implications—and Unexpected Advantages—of Hybrid Working

Jun 14 2022

It’s been over two years since offices around the world closed their doors, sending employees to work from home to ride out a series of pandemic lockdowns. Those two years saw a succession of commands to close, reopen, close again, and reopen again, during which office workers in many industries embraced remote work and the benefits of eliminating the commute and providing a better work-life balance. And now many organisations have settled into a happy middle ground, embracing a range of “hybrid” work models.  

But it is quickly becoming apparent that desk location is not the only variable in “hybrid” working models. Devices, applications, even personas, identities, and organisational structures are now hybrid, leading to the inevitable emergence of new security challenges.   Today hybrid approaches are being driven by demands for flexibility and agility, but—if we get it right—hybrid work environments have the potential to unlock topline business benefits and create a significant competitive advantage.

In order to understand the opportunities of “hybrid” models let’s first consider the implications for security:

Hybrid locations

This is the one we are most familiar with from trends articles. We are seeing reluctance from many employees and organisations to return to a traditional office environment five days a week. For security professionals, a fixed environment is one that you can put physical perimeter security around, and somewhere that the networks are known and trusted. When employees access systems outside of that highly provisioned and secure environment there are potentially additional requirements to secure access networks. Life gets more confusing because “home workers” have become “remote workers,” with the new label emphasising that the location of each individual can change day-to-day. 

Hybrid devices

Before the pandemic, the security concerns around mixed-use devices were focused on personal devices being used for corporate purposes; bring your own device (BYOD). The last two years have seen corporate devices increasingly used for personal purposes – whether it was taking some of the load for homeschooling or just providing a crutch for video-based social lives during lockdowns. Indeed some organisations had to quickly provision employees with laptops and mobile devices to enable work to continue away from the office. New habits are easily formed and we should expect that the laptops and mobile devices will remain with staff members, available for personal and out-of-hours use as well as for work.  

Hybrid applications and services

Remember when the applications you used for your job were markedly different from the ones (if any) that you used at home? Nowadays, productivity apps are in daily use for both work and personal purposes. Non-approved software and unmanaged cloud services are in daily business use by a significant proportion of any workforce—in fact Netskope Threat Labs data suggests that 97% of cloud apps and services in use by the average organisation are classed as shadow IT, unmanaged. More complexity comes from the fact that the managed apps in use in an organisation (Microsoft and Google cloud apps, and SaaS and IaaS services like Box or AWS) are also available as consumer products. If the same device is being used to access work and personal instances of the same cloud service this is something that the vast majority of legacy security systems are unable to spot or control. 

Hybrid workforces

To stay competitive, organisations often need to rapidly reduce or quickly expand personnel, engage in a new outsourcing or contractual relationship, expand into new markets by growing organically or inorganically through mergers and acquisitions, or even leave some non-core activities behind through divesting. The workforce is no longer a single entity that can easily be governed through uniform policies. It is a hybrid mix of contract types, governed by a range of national laws and customs, supported by heavy partnership and outsourcing approaches.  Each of these segments of the workforce requires different levels of access to systems and potentially access privileges that change regularly too.

So hybrid is not just desks; it is people, devices, applications, services, and locations, and each of these points to a requirement to rethink security in order to mitigate risk and support productivity. In order to secure these new working models, we need to turn to a Security Service Edge (SSE). SSE is a cloud-native, data-centric security stack driven by a consistent coherent policy with unified reporting. It includes secure web gateway, cloud access security broker, remote browser isolation, firewall-as-a-service, zero-trust network access as well as security posture management: all the services you need to enable and secure data wherever it ventures, into cloud apps, over the internet, and into private data centres. The location of your employees, sub-contractors and partners, the devices they use, the unmanaged apps they try in their constant quest for productivity… everything is seen and those insights are used to govern policies to secure data appropriately.  

But this is where we get to the really interesting proposition… because while organisations tend to come to SSE reactively, driven by a desire to modernise established security use cases, it sets up an organisation for much greater agility and flexibility in the future. Once you have a security architecture that can protect data wherever it travels, one that enables continually adaptive trust decisions, your business can bend and flex, expand and retract in direct response to the challenges and opportunities it faces. Hybrid models of working are today’s new challenges, and they are driving a complete rearchitecting of security to be cloud-native and data-centric. But once security is cloud-native and data-centric, you’re ready for anything that comes next!

author image
Yaroslav Rosomakho
With more than 20 years of experience, Yaroslav Rosomakho has worked throughout his career to combine networking and security perspectives in addressing customer’s technical challenges.