ネットスコープ、2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskopeは、フォーチュン100社の30社以上を含む、世界中で3,400社以上の顧客にサービスを提供しています。

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

SSEのリーダー。シングルベンダーSASEのリーダー。

ネットスコープが2024年Gartner®社のシングルベンダーSASEのマジック・クアドラントでリーダーの1社の位置付けと評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
顧客ビジョナリースポットライト

Read how innovative customers are successfully navigating today’s changing networking & security landscape through the Netskope One platform.

電子書籍を入手する
顧客ビジョナリースポットライト
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

CIOとCISOの役割の融合
ホストのマックス・ハヴィーが「セキュリティ・ビジョナリーズ」の最新エピソードに出演し、ゲストとしてVantaのCISOであるジェイディー・ハンソンと対談します。

ポッドキャストを再生する
CIOとCISOの役割の融合
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
SASEとは

クラウド優位の今日のビジネスモデルにおいて、ネットワークとセキュリティツールの今後の融合について学びます。

SASEについて学ぶ
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

The Zero-Trust Journey in 5 Phases

Nov 04 2021

For a concept that represents absence, zero trust is absolutely everywhere. Companies that have explored how to embark upon zero-trust projects encounter daunting challenges and lose sight of the outcomes a zero-trust approach intends to achieve. Effective zero-trust projects aim to replace implicit trust with explicit, continuously adaptive trust across users, devices, networks, applications, and data to increase confidence across the business.

The primary goal of a zero-trust approach is to shift from “trust, but verify” to “verify, then trust.” We cannot place implicit trust in any entity, and context should be continuously evaluated. A secondary goal of zero trust is to assume that the environment can be breached at any time, and design backward from there. This approach reduces risk and increases business agility by eliminating implicit trust and by continuously assessing user and device confidence based on identity, adaptive access, and comprehensive analytics.

The journey to zero trust might not be exactly the same for every company, but zero-trust adoption can generally be broken down into five key phases.

Phase 1: Don’t Allow Anonymous Access to Anything

Once you classify user personas and levels of access within your organization, inventory all applications, and identify all of your company’s data assets, you can start with shoring up identity and access management (including roles and role membership), private application discovery, and a list of approved software-as-a-service (SaaS) applications and website categories. Reduce the opportunities for lateral movement and conceal applications from being fingerprinted, port scanned, or probed for vulnerabilities. Require single sign-on (SSO) with multifactor authentication (MFA).

Specific tasks for this phase include defining the source of truth for identity and what other identity sources they might federate with, as well as establishing when strong authentication is required, then controlling which users should have access to which apps and services. This phase also requires organizations to construct and maintain a database that maps users (employees and third parties) to applications. They also must rationalize application access by removing stale entitlements (of employees and third parties) that are no longer required because of role changes, departures, contract terminations, etc. And they must remove direct connectivity by steering all access through a policy enforcement point.

Phase 2: Maintain the Explicit Trust Model

Now that you have a better understanding of your applications and identity infrastructure, you can move into access control that is adaptive. Evaluate signals from applications, users, and data, and implement adaptive policies that invoke step-up authentication or raise an alert for the user.

Specific tasks for this phase require organizations to determine how to identify whether a device is managed internally, and to add context to access policies (block, read-only, or allow specific activities depending on various conditions). Organizations will also Increase use of strong authentication when risk is high (e.g., delete content for all remote access to private apps) and decrease its use when risk is low (managed devices accessing local applications for read-only). They will also evaluate user risk and coach classes of users toward specific application categories, while continuously adjusting policies to reflect changing business requirements. They should also establish a trust baseline for authorization within app activities.

Phase 3: Isolate to Contain the Blast Radius

In keeping with the theme of removing implicit trust, direct access to risky Web resources should be minimized, especially as users simultaneously interact with managed applications. On-demand isolation — that is, isolation that automatically inserts itself during conditions of high risk — constrains the blast radius of compromised users and of dangerous or risky websites.

This phase calls on organizations to automatically insert remote browser isolation for access to risky websites or from unmanaged devices, and evaluate remote browser isolation as an alternative to CASB reverse proxy for SaaS applications that behave incorrectly when URLs are rewritten. Organizations should also monitor real-time threat and user dashboards for command-and-control attempts and anomaly detection.

Phase 4: Implement Continuous Data Protection

Next, we must gain visibility into where sensitive data is stored and where it spreads. Monitor and control movement of sensitive information through approved and unapproved applications and websites.

Organizations must define overall differentiation for data access from managed and unmanaged devices, and add adaptive policy details to access content based on context (e.g., full access, sensitive, or confidential). They can invoke cloud security posture management to continuously assess public cloud service configurations to protect data and meet compliance regulations. They also may assess use of inline data loss protection (DLP) rules and policies for all applications to protect data and meet compliance regulations. In that same vein, they can define data-at-rest DLP rules and policies, especially file sharing permissions for cloud storage objects and application-to-application integrations enabling data sharing and movement. And they should continuously investigate and remove excess trust, in addition to adopting and enforcing a least-privilege model everywhere.

Phase 5: Refine With Real-Time Analytics, Visualization

The final phase to a zero-trust approach is to enrich and refine policies in real time. Assess the suitability of existing policy effectiveness based on user trends, access anomalies, alterations to applications, and changes in the sensitivity level of data.

At this point, organizations should maintain visibility into users’ applications and services, and the associated levels of risk; they can also gain greater visibility and establish a deep understanding of cloud and Web activity for ongoing adjustments and monitoring of data and threat policies. In addition, they can identify key stakeholders for the security and risk management program (CISO/CIO, legal, CFO, SecOps, etc.) and apply visualizations to the data that they can understand. They can also create shareable dashboards to get visibility into different components.

Digital transformation has been accelerated by the pandemic events of 2020 and 2021, and modern digital business will not wait for permission from the IT department. At the same time, modern digital business increasingly relies on applications and data delivered over the Internet which, surprisingly or unsurprisingly, wasn’t designed with security in mind. It’s clear a new approach is required to enable a fast, easy user experience with simple, effective risk management controls.

Article originally published at Dark Reading

author image
Steve Riley
Steve Riley is a Field CTO at Netskope. Having worked at the intersection of cloud and security for pretty much as long as that’s been an actual topic, Steve offers that perspective to field and executive engagements and also supports long-term technology strategy and works with key industry influencers. Steve has held technology roles for more than three decades, including stints at Gartner Inc., Riverbed Technology, Amazon Web Services, and Microsoft Corp.