Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Cloud Threats Memo: Misconfigurations as a Threat Vector Continue to Rise
Nov 08 2021

Cloud Threats Memo: Misconfigurations as a Threat Vector Continue to Rise

In this hyperconnected world, where 70% of users continue to work remotely, sharing data in real-time with partners and customers leveraging the flexibility of the cloud is a fundamental aspect for the daily operations of businesses worldwide. In this scenario, the risk of misconfigurations exposing sensitive data continues to be a serious (and frequent) concern. The incidents that have occurred so far are maybe helping to raise awareness,  however, that’s not enough, as new organizations in many different sectors are joining this unwelcome list on a regular basis. The shared responsibility model is hard to digest and too many companies are learning this concept the hard way, failing to implement basic security recommendations.

That’s the case of a US medical training school, which exposed the sensitive data of thousands of students via an unsecured AWS S3 bucket, leaking 157 GB of data containing nearly 200,000 files. Identity theft, phishing, and fraud are just a few of the criminal ways this trove of data could be exploited, should it fall in the wrong hands. And there is also the collateral reputational damage for the targeted organization, which is not so collateral, given that the loss of trust corresponds in practice to a loss of customers (more than 50% of the customer base in the worst cases) with devastating consequences especially for small-medium businesses (60% of small companies close within six months after suffering a data breach).

Pretty bad consequences like these can be avoided in a few steps.

How Netskope mitigates the risk of leaky cloud apps

Netskope Public Cloud Security detects misconfigurations on IaaS environments such as AWS, Azure, and Google Cloud Platform, preventing organizations from leaking data from publicly accessible buckets or blobs, and in general from leaving misconfigurations that can be exploited by the bad actors. A set of predefined profiles allows users to comply with best practices and industry standards such as NIST CSF, PCI-DSS, and CIS. Additionally, it is possible to easily build custom rules with Domain Specific Language. The same protection is also available for SaaS applications (such as Microsoft 365, Salesforce, GitHub, Zoom, and ServiceNow) thanks to the new SSPM (SaaS Security Posture Management) module.

Since the public cloud can also leave workloads unprotected, there has been an explosion of misconfigured remote access services (like RDP or SSH) targets of brute-force or password-spraying attacks. Netskope Private Access is the solution to mitigate this risk, allowing organizations to publish their services (hosted in a public cloud or an on-prem datacenter) in a secure manner, embracing the Zero Trust access paradigm.

Finally, Netskope Advanced Analytics provides specific dashboards to assess the risk of cloud misconfigurations, with rich details and insights, supporting the security teams in the remediation process.

Stay safe!

author image
About the author
Paolo supports Netskope’s customers in protecting their journey to the cloud and is a security professional, with 20+ years experience in the infosec industry. He is the mastermind behind hackmageddon.com, a blog detailing timelines and statistics of all the main cyber-attacks occurred since 2011. It is the primary source of data and trends of the threat landscape for the Infosec community.
Paolo supports Netskope’s customers in protecting their journey to the cloud and is a security professional, with 20+ years experience in the infosec industry. He is the mastermind behind hackmageddon.com, a blog detailing timelines and statistics of all the main cyber-attacks occurred since 2011. It is the primary source of…