SASE Week 2023 オンデマンド! セッションを探索します

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドであり、接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に近代化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
People at the open space office
  • NewEdge

    NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスを誇るセキュリティプライベートクラウドです。

  • クラウドセキュリティプラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドにおける可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護

  • 技術パートナーと統合

    Netskopeは、エンタープライズテクノロジーの最強の企業と提携しています。

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

業界別ソリューションについて学ぶ
崖沿いの風力タービン
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

2024年の予測
ホストのEmily Wearmouthが、BCD Travelのシニアバイスプレジデント兼CISOであるSherron Burgess氏と、Netskopeのクラウド戦略およびイノベーション責任者であるShamla Naidoo氏と対談し、来年のホットなトピックについて語ります。

ポッドキャストを再生する
2024年の予測
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ

Think Beyond SD-WAN to a Zero Trust, Context-Aware SD-WAN

May 25 2023

The enterprise business is now borderless, where users, devices, sites, and clouds are all creating any-to-any connections with new access control requirements. Digital innovation has led to the proliferation of apps and IoT devices where the cloud and web have become an encyclopedia of applications. 

Back in the 2000s, MPLS was used to backhaul all traffic to central data centers to consume on-premise applications, which was efficient and delivered with SLAs. Then in the 2010s, the increasing demand for voice, video collaboration, and cloud applications resulted in a need for increased WAN bandwidth in the branch. MPLS became expensive, static, and lacked application level visibility and control. SD-WAN emerged to solve these challenges, combining internet economics with application visibility and control over low cost internet-transport.

Now, we’re at another inflection point where it’s time to look beyond legacy SD-WAN. The sheer volume of cloud applications and IoT devices has exploded and legacy SD-WAN solutions with controls based on application-centric policies are not enough, especially if the specific SD-WAN solution lacks zero trust principles. The evolving enterprise now needs zero trust-enabled, context-aware SD-WAN to provide fast, reliable, and secure access to any application and device at any location with full visibility and the right set of controls. This is possible using contextual policies that include understanding applications, application risks, user, user risk, device, and device risk, all of which make network operations more intelligent and more secure.

Legacy SD-WAN can’t deliver the right controls.

Limitations include the following:

  • Limited number of applications can slow innovationHaving a limited number of applications a SD-WAN solution can support can hamstring a business’ ability to innovate and stand out from the competition. Legacy SD-WAN was designed to manage 3,000-4,000 applications, but this is now only a fraction of the number of applications that exist on web and cloud, which exceed multiple tens of thousands.
  • Manual configuration is an operational nightmare – SD-WAN promised to deliver software-defined configuration, management, and monitoring—and it delivered on those promises. However, assigning traffic prioritization priorities to all supported applications remains a big challenge. Network operations teams need to configure these applications manually one at a time, which is an extremely slow and error prone process, and doesn’t scale for tens of thousands of applications
  • Without visibility there is no control – Visibility and control are two sides of the same coin. If you can’t discover applications, how can you control them? Without having full visibility into all applications, how do you identify sanctioned applications vs unsanctioned applications that are hogging your precious WAN bandwidth and build the right controls? SD-WAN solutions must account for this balance.
  • Users and devices can pose a big risk to WAN transformation – Enterprises must address connectivity and security for traditional corporate workers as aggressively as they did for remote workers. Organizations relying on traditional SD-WAN at the branch can’t get visibility and additional context into users and devices. This visibility and context can bring discoveries around users and devices into the SD-WAN policy and build better controls. Without context, is there a strategy for quarantining a visiting user that has an unmanaged device and can pose a security threat? What about micro-segmenting IoT devices at the edge as they become compromised and provide a path into the enterprise network? These questions quickly become limitations.

A zero trust, context-aware solution to the rescue

To overcome these challenges, Netskope today offers the industry’s most innovative, context-aware SD-WAN. Context-awareness for Borderless SD-WAN comes from the Netskope Zero Trust Engine, which decodes thousands of apps and cloud services to understand content and context, including application and application risks, device and device risks, and user and user risks. This unique solution solves the major challenges of legacy WAN, including:

  • Run efficient operations while supporting Industry’s highest number of applications: The Netskope Borderless SD-WAN solution supports a database of 60,000+ applications. IT administrators are not going to configure QoS policies for these applications one at a time, so Netskope also rates every application with a Cloud Confidence Index, which offers an enterprise-readiness score of an application. Out of the box Netskope supports smart QoS defaults based on Netskope CCI scores used as a smart default. This takes all the manual labor away from the network operations team and results in much more efficient operations. (For example, Zoom has a CCI of 82, that is marked as a high priority by default and SureVoIP has a CCI of 38 treated as low priority out of the box.)
  • Protect your organizations while managing devices and device risks: Legacy SD-WAN does not provide visibility into IoT devices, and with IoT proliferation this has become more important than ever. Netskope’s context aware capabilities can extend to automatically detect all IoT devices, managed and unmanaged, and micro- segment to manage risks that may be associated with a compromised device. For example, an IoT device, like a camera, could be sending video to an unsanctioned application. This camera can easily be blocked through micro-segmentation to reduce the blast radius in case the IoT device is compromised and can easily be remediated.
  • Unify and Simplify your overall infrastructure: Traditionally, the branch level is where context has been missing, but it is now crucial to have this valuable context for granular policy controls to manage applications, devices, and users.The Netskope context sharing advantages don’t stop at the branch level either, extending to remote locations running Endpoint SD-WAN and multi-cloud networking solutions. This way both the network operations and security teams benefit from a platform that delivers a consistent policy and a unified experience with security intrinsically integrated in it. The same multi-tier management platform can orchestrate consistent zero trust policies across the branch, to the individual users, and across multiple clouds.

To learn more about the zero trust context-aware capabilities, visit our Borderless SD-WAN  page, or watch the on-demand webinar “Accelerate your SASE Journey with Netskope Borderless SD-WAN,” featuring Sean Hammerle, Parag Thakore, and Muhammad Abid. Click here to contact a Netskope sales partner if you would like to arrange an Borderless SD-WAN demo.

Additionally, please read these additional blogs on related SD-WAN topics:

author image
Parag Thakore
Parag Thakore is Senior Vice President of the Borderless WAN Business Unit at Netskope, following the acquisition of Infiot by Netskope in May 2022.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog