ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Tighten Up Your Strategy: Evaluating the Leakiness of a Cloud App

Dec 08 2020

We at Netskope Threat Labs have published a series of blogs detailing the misconfigurations in cloud apps causing data exposure. Misconfiguration and sensitive data exposure have been listed as predominant top 10 OWASP security risks for years, and are now also the predominant cause of cloud data breaches.

Our earlier posts detailed the exposure risk of popular apps, such as Google Calendar, Google Groups, other Google services, Zendesk, Office 365, Google Photos, Google Hangouts, and Discord. This blog post will demystify the types of exposure and the factors causing exposure. We will provide a checklist of specific features to look for when deciding whether to use an app to store, share, or otherwise process sensitive data. This approach can help organizations to evaluate a cloud app first and then deploy the app with the best practices and tight security controls, rooted in the key principle: “Evaluate first, Deploy later.” And for apps that are already used for sensitive data, this blog provides a checklist of things to lock down within those apps.

Extent of data exposure

First, we will look at the extent to which an app enables a user to share data, whether it’s public or internal within an organization.

Public data exposure

Public data exposure refers to data exposed to the entire internet. One classical example is sharing data using cloud services from Google. In this screenshot, the user generates a shareable link that is publicly accessible.

Screenshot showing Google Docs link sharing settings
Figure 1: Get shareable link setting in Google Docs

Google also offers a “Publish to web” option to index the content in major search engines. This not only means that the data is publicly accessible, but it is also easily discoverable by outsiders and adversaries. Public data exposure is a problem in all of the apps we have covered, such as Google Calendar, Google Groups, Google link sharing, Zendesk, Office 365, Google Photos, Google Hangouts, and Discord.

Internal data exposure

Internal data exposure refers to the data shared within one’s organization. This exposure is related to the accidental sharing of confidential information throughout the entire organization when it is supposed to be confined to a specific person or function. Generally, the documents are shared with a link that allows anyone in the organization with the link to view the file. In Figure 2, salary information was accidentally shared with everyone in the organization via Google Drive.

Image of sensitive docs shared with anyone in the organization
Figure 2: Link sharing with anyone at the organization

These documents can be discovered using the search function in Google Drive by people other than the intended recipients. This opens the data up to insider threats or discovery and theft by a malicious actor who gains access to the app from anyone’s account. This has been exclusively covered in our leaky app series on Google link sharing

Risk factors

The next important aspect is the risk factors that contribute to cloud app data exposures and misconfiguration. These are broadly classified into three categories:

  • Design factor
  • Default factor
  • Human factor

Design factor

Design factor refers to exposure risk inherent in the design of an app. One classic example is our post on Leaky images which detailed accidental exposure in Google Hangouts. In Google Hangouts, alongside the chat conversations, users can share images. These shared images are assigned a public link by the application’s design.

Screenshot showing Google Hangouts image links
Figure 3: Google Hangouts image links

This link is universally accessible even outside of the application without any authentication. To take it a step further, a malicious insider can share snapshots of private keys, passwords, and tokens in a chat conversation. Because these are public links, they can be downloaded by anyone at any time. 

Default factor

Default factor refers to exposures that are caused by the default settings of an app. One example is the case of basic group permissions for a Google account detailed in Leaky Groups. The default “Group visibility” and “Join the Group” permissions allow anyone on the web to see that the group exists and ask to join. As the group is visible to anyone on the web, the threat actor can leverage this in multiple ways, such as DDoSing the group with multiple requests and requesting group access by impersonating members of the group.

Screenshot showing personal Google groups default settings
Figure 4: Personal Google Groups default settings

Human factor

Human factor refers to the ways a user of an app may accidentally expose data. In one example we detailed, a Google Group was created for sensitive finance discussions within the finance team, but the group was open for anyone in the organization to join and view the past discussions. Due to the human error in the group’s creation, anyone in the organization can join the group and view data that should have been kept confidential within the finance group.

Screenshot showing misconfigured Group setting in an organization’s group
Figure 5: Misconfigured Group setting in an organization’s group

Evaluating your app exposure risk

How do you approach evaluating the risk exposure of a cloud app? We have compiled a list of questions to help you evaluate the three risk factors. Answering “no” to any of these questions means the app might not be suitable for sensitive data.

Design Factor

  1. Are users required to authenticate to view content on the app?
  2. Can an administrator restrict a user’s ability to share data with others?

Look for apps that require authentication and offer granular administrator control over data exposure. 

Default Factor

  1. Do the default sharing settings make data private?
  2. Can an administrator change the default sharing settings for users? 

Most users will just use the default settings, so it is important that they protect sensitive data.

Human Factor

  1. Are there administrative controls that can prevent users from exposing data?
  2. Does the app have guardrails ( such as warnings or alerts) in place to mitigate the risk of accidental exposure?

Locking down administrative controls, providing guardrails, or otherwise coaching users can go a long way toward helping prevent data exposure. 

Mitigating exposure risk

Once you have decided to use a cloud app, we recommend the following steps to mitigate the exposure risk:

  • Customize admin settings to restrict user sharing to only others within the organization or specific individuals.
  • Prevent users from uploading sensitive content to apps that have a high exposure risk.
  • Restrict sensitive content to only sanctioned instances of cloud apps by preventing users from uploading sensitive content to any other app instances.

Netskope Cloud Confidence Index

Netskope’s Cloud Confidence Index (CCI) measures the enterprise-readiness of a cloud app and is adapted from the Cloud Security Alliance (CSA) Cloud Controls Matrix (CCM). Enterprise administrators use the CCI score to identify apps that are enterprise-ready (those with a score of at least 75). The CCI also provides details of each of the factors contributing to the score, enabling administrators to weigh each factor according to their needs.

Screenshot of Netskope's Cloud Confidence Index
Figure 6: Netskope CCI

Conclusion

While this post provides a checklist to help you determine whether an app is suitable for sensitive data, it is important to remember that modern cloud apps are complex. Organizations often purchase a whole suite of apps from a vendor, and each app may have its own set of controls and exposure risk factors, so it is important to evaluate each app individually.

author image
Ashwin Vamshi
Ashwin Vamshi is a Security Researcher with innate interest in targeted attacks and malwares using cloud services. He is primarily focusing in identifying new attack vectors and malwares, campaigns and threat actors using ‘cloud as an attack vector.’

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog