Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Leaky Helpdesk – Accidental Exposure of Zendesk Attachments
Jul 22 2020

Leaky Helpdesk – Accidental Exposure of Zendesk Attachments

Does your helpdesk publicly expose the files you upload to it? Is there malware lurking in your helpdesk? In this latest edition of our leaky cloud app series, we uncover publicly accessible data in the Zendesk instances belonging to more than 350 organizations. This exposed data includes confidential information, malware, and even some COVID-19 themed Trojans. This blog post quantifies the scope of the problem and identifies steps you can take to lock down your Zendesk instance and prevent unwanted exposure. 

This is the fourth installation of our leaky cloud app series, in which we highlight the many different ways cloud data leaks occur and provide guidance to avoid them. Our earlier posts covered Google Calendar, Google Groups, and Google Link Sharing

Zendesk attachments

By default, Zendesk attachments are accessible to anyone who has the link requiring no authentication. This is the root cause of the exposures we have discovered.

Zendesk attachment links are in the format – http://<instance>.zendesk.com/attachments/token/<token_id>/?name<file_name>

  • instance – Name of the instance
  • token_id – Token for the attachment (generally with the length of 25 characters (a-z0-9))
  • file_name – Name of the file

The shared attachment links by default can be accessed by anyone who has the link without any authentication. Though this won’t make the data indexable by search engines, it can likely pose exposure concerns in the following ways:

  • If a link is leaked, it can be accessed by anyone regardless of whether they are part of your organization.
  • Users can access the links even after leaving the organization.

Among the different types of data we discovered via leaked links from more than 350 organization were: 

  • Employee resumes
  • Travel itineraries and documents
  • Bank and financial statements
  • Product installation guides
  • Emails
  • Invoices and purchase orders
  • Customer contact details
  • Medical documents
  • Social security numbers, driver’s license numbers, and bank account numbers
  • Product features and roadmaps
  • Passwords
  • Logfiles and screenshots
  • License keys
  • Meeting links
  • Drivers licenses and passports

The instances that exposed the data belonged to private, public, and government organizations working in the following industries:

  • Retail and e-commerce
  • Hospitals and medical firms
  • Travel agencies
  • Educational institutions
  • Consultancies

Zendesk spreading malware

Any cloud service that provides file hosting via public, unauthenticated links can potentially be used to spread malware. In this section, we describe one such instance we uncovered of publicly accessible malware hosted in Zendesk. We have previously blogged about other apps being used as an attack vector in the same way, including a Salesforce Pardot CRM attack.

Support portals typically have lots of people outside the organization creating tickets and uploading attachments. This increases the possibility of a compromised device, compromised account, or malicious user attaching malware to a ticket.

This is problematic in two regards. First, the tickets and attachments are likely to be widely shared within the target organization, and therefore can also be used to spread malware within the organization. Second, if the attachments are public, the link to the malware can be used to target victims anywhere on the Internet. Hosting malware in cloud applications is a common tactic used to avoid detection by products that rely solely on URL reputation. 

Malicious Excel spreadsheet 

One of the publicly shared malware threats we found in Zendesk belonged to a large retailer in the United States and contained a COVID-19 lure: a malicious Excel file named  covid19_<masked>.xls.  The threat actor embedded a malicious Excel 4 macro formula in one of the 16 hidden sheets. Excel macros were used instead of the VBA macros commonly used in malicious Excel files, as they are both less likely to be detected by scanning engines and more likely to be enabled in the editor.

The Excel 4 macro formulas are invoked in the workbook by using the “Auto_Open” option to download the next stage payload from toliku[.]com. At the time of analysis, the URL was down and not serving any payload, but was previously serving the Dridex malware.

Figure 1 shows how to view the sheet ‘QMBVLCQaJJviKgsHo’ which contains the malicious URL.

Figure showing URL hidden as an Excel 4 macros formula in a hidden sheet.
Figure 1: URL hidden as an Excel 4 macros formula in a hidden sheet

Disclosure

Netskope reported the exposures we uncovered to the affected organizations in July 2020.

Conclusion

This edition of our leaky cloud apps series provided a detailed synopsis of how confidential information gets leaked through misconfigured Zendesk attachment links. We also detailed how malware can spread using Zendesk. We recommend turning on the “Require authentication to download” option to avoid accidental exposure as shown in Figure 2.

Figure 2: Default option for attachments in Zendesk

After enabling this option, private linked attachments with the shared file links will now require authentication.

author image
About the author
Ashwin Vamshi is a Security Researcher with innate interest in targeted attacks and malwares using cloud services. He is primarily focusing in identifying new attack vectors and malwares, campaigns and threat actors using ‘cloud as an attack vector.’
Ashwin Vamshi is a Security Researcher with innate interest in targeted attacks and malwares using cloud services. He is primarily focusing in identifying new attack vectors and malwares, campaigns and threat actors using ‘cloud as an attack vector.’