Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Two RCE Vulnerabilities Found in Spring Framework
Apr 06 2022

Two RCE Vulnerabilities Found in Spring Framework

Summary

At the end of March 2022, two critical vulnerabilities (CVE-2022-22963 and CVE-2022-22965) were discovered in different components of VMware Spring. Spring is a popular framework focused on facilitating the development of Java applications, including cloud-based apps, eliminating the need for additional code or concerns related to server requirements. 

According to VMware, both vulnerabilities may be exploitable through crafted HTTP requests that can result in remote code execution (RCE), both having the same critical CVSS score of 9.8 out of 10. Given the popularity of Spring, these security issues represent a serious threat to vulnerable web applications. 

These bugs have already been fixed by Spring, but exploits for both vulnerabilities can be found in the wild, which makes these bugs more critical as one could simply leverage the PoC code to exploit vulnerable systems with minimal effort.

CVE-2022-22963

According to the report published by VMware on March 29, 2022, this vulnerability affects Spring Cloud Function versions 3.1.6, 3.2.2, and older unsupported versions.

To exploit this vulnerability, an attacker may send an HTTP request with a crafted SpEL (Spring Expression Language) string as a routing-expression, which may result in remote code execution.

Screenshot showing how an attacker could exploit CVE-2022-22963

To mitigate this issue, users running affected versions of Spring Cloud Function should upgrade to 3.1.7 or 3.2.3.

CVE-2022-22965

The second vulnerability affects Spring Framework versions 5.3.0 to 5.3.17, 5.2.0 to 5.2.19, and older unsupported versions. This bug is also being publicly called as Spring4Shell.

There are a few prerequisites for the exploit:

  • JDK 9+
  • Apache Tomcat as the Servlet container
  • Packaged as WAR
  • spring-webmvc or spring-webflux dependency

An attacker may exploit this vulnerability by sending a crafted HTTP request that manipulates a property in Tomcat’s pipeline allowing one to drop a web shell, hence providing further access to the machine.

Screenshot showing how an attacker may exploit CVE-2022-22965

A detailed analysis of this exploit was released by Microsoft. To mitigate this issue, users running affected Spring Framework versions should upgrade to 5.2.20+ or 5.3.18+.

Mitigation

Update / Patch

We strongly recommend anyone using the affected products mentioned in this post to update to the latest version. Furthermore, Spring has also released a few workarounds for CVE-2022-22965 such as upgrading Tomcat or downgrading to Java 8, which can be followed when the update is not feasible.

Netskope Private Access

If you are running internal applications that cannot be immediately patched, you can mitigate the risk of exploitation by limiting access to the app. A private access solution, such as Netskope Private Access, can be used to make private apps invisible to external attackers who seek to exploit vulnerable services. Furthermore, a private access solution can restrict access to a private app internally, such that only authorized users are able to access the app, reducing the risk that a compromised user or device could be used to exploit vulnerable services.

author image
About the author
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.
Gustavo Palazolo is an expert in malware analysis, reverse engineering and security research, working many years in projects related to electronic fraud protection. He is currently working on the Netskope Research Team, discovering and analyzing new malware threats.