ネットスコープは2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社として評価されました。 レポートを読む

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

実行能力とビジョンの完全性において
最上位の評価

ネットスコープが2024年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントで3年連続リーダーの1社として評価された理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope、2024年ガートナー®マジッククアドラント™セキュリティサービスエッジ部門でリーダーに選出 メニューのグラフィック
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

On Patents, Trolls, and Innovation
In this episode host Emily Wearmouth chats with Suzanne Oliver, an intellectual property expert, and Krishna Narayanaswamy, co-founder and CTO of Netskope, about the world of patents.

ポッドキャストを再生する
On Patents, Trolls, and Innovation
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Netskope
脅威研究所レポート:
金融サービス

ライトブループラス
このレポートでは、過去 12 か月間に金融サービス部門の組織に影響を与えたクラウド導入と脅威の傾向を調査し、攻撃者が一貫してソーシャル エンジニアリングを使用して、人気のあるクラウド アプリを介してユーザーをトロイの木馬でターゲットにしていることを浮き彫りにしています。
Threat Labsレポート
7 min read

このレポートでは リンク リンク

test answer

クラウド アプリの導入: Microsoft OneDrive、Microsoft Teams、SharePoint は金融サービス分野で最も人気のあるアプリのトップ 5 に含まれており、Microsoft Teams の人気は他の業界よりもはるかに高いです。 他のセクターと同様に、Microsoft OneDriveは依然としてトップの座を占めています。

クラウド アプリの悪用: OneDrive、Github、SharePoint は、金融サービス分野でマルウェアのダウンロードで最も人気のあるアプリのトップ 3 です。 金融サービスのユーザーは、他の業界のユーザーに比べて、GitHub や Microsoft SharePoint からマルウェアをダウンロードする頻度が高くなります。

マルウェアとランサムウェア:攻撃者は主に金融サービス部門のユーザーをトロイの木馬で標的にし、感染したマシンへのアクセスを維持し、追加のマルウェア ペイロードを配信するオープンソースの Sliver C2 フレームワークを使用して、他のマルウェア ペイロードをダウンロードさせるよう仕向けました。 金融サービス分野で観察される一般的なマルウェア ファミリには、BanLoad、SLoad、Lockbit ランサムウェア、Clop ランサムウェアなどがあります。

クラウド アプリの導入 リンク リンク

金融サービス部門の平均的なユーザーは、月平均 23 個のクラウド アプリを操作しており、これは他のすべての業界よりも高いです。 上位 1% のユーザーは、月に 93 個のアプリを操作しました。

Average apps per user. Financial Services vs Other Industries - Last 12 Months

金融サービス部門のユーザーは他の業界とほぼ同じ割合でクラウド アプリからデータをダウンロードしており、金融サービス部門ではユーザーの 93% がクラウド アプリからデータをダウンロードしているのに対し、他の業界では 94% でした。 一方、クラウド アプリへのデータ アップロードは金融サービスが平均 71%、その他の業界は平均 66% でした。

Percentage of users uploading data. Financial Services vs Other Industries - Last 12 Months

最も人気のあるクラウドアプリ

金融サービス分野で最も人気のあるクラウド アプリのトップ 10 は、1 つの注目すべき例外を除いて、他の業界を反映しています。 Microsoft Teams は金融サービスでの人気が非常に高く、従業員の 35% が Teams を使用しているのに対し、他の業界では 21% です。

Overall App Popularity. Financial Services vs Other Industries

アップロードに使用された上位のアプリ

予想通り、Microsoft OneDrive は大差で最も人気のあるアプリであると同時に、データのアップロードに最もよく使用されるアプリでもあり、金融サービス ユーザーの 22% が毎日 OneDrive にデータをアップロードしています。

Apps Used for Uploads. Financial Services vs Other Industries

ダウンロードに使用された上位アプリ

OneDriveは、金融サービスで最も人気のあるダウンロードアプリでもあり、ユーザーの24%がOneDriveからダウンロードしています。

Apps Used for Downloads. Financial Services vs Other Industries

クラウド アプリの不正使用 リンク リンク

クラウドマルウェア配信

過去 1 年間、クラウド アプリからのマルウェア ダウンロードの割合は、金融サービス部門を含むすべての業界で全般的に減少しています。 その間、金融サービス部門ではクラウド アプリからのマルウェア ダウンロードの割合が引き続き高くなっており、1 年前の 70% 以上から現在では 50% 弱まで低下しています。 クラウド アプリを悪用すると、マルウェアが気づかれずに飛行し、ドメイン ブロック リストなどのツールに依存したり、クラウド トラフィックを検査しない通常のセキュリティ制御を回避したりできます。

Malware Delivery, Cloud vs. Web. Financial Services vs Other Industries - Last 12 Months

他の業界と比較すると、クラウドから発生したマルウェアに関しては金融サービス部門が 58% で 2 位となっています。

Malware Sourced from the Cloud Last 12 Months Average. Financial Services vs Other Industries

クラウドアプリが悪用されてマルウェア配信

金融サービス部門では、Microsoft OneDrive からのマルウェアのダウンロードが他の業界に比べて少ないことがわかります。 しかし、ユビキタスなクラウド ストレージ アプリは、依然として業界全体でマルウェアのダウンロードの第一位にあります。 対照的に、GitHub と SharePoint は金融サービスでのマルウェアのダウンロードが多く、2 位と 3 位を占めています。 多くの攻撃者が (SharePoint を使用する) Teams でのファイル共有を介してマルウェアを配信しようとしているため、SharePoint マルウェアのダウンロード数は、金融サービス分野における Microsoft Teams の人気に関連していると考えられます。

このようなマルウェアのダウンロードは通常、攻撃者が Microsoft OneDrive を使用してマルウェアをホストし、被害者と共有するという形で行われます。 場合によっては、ユーザーが誤って感染ファイルを共有場所にアップロードし、組織内にマルウェアを拡散してしまうことがあります。

Top Cloud Apps Abused for Malware Download Last 12 Months. Financial Services vs Other Industries

 

上位のマルウェアおよびランサムウェア ファミリ リンク リンク

このリストには、過去 12 か月間に金融サービス部門のユーザーをターゲットとして Netskope によって検出された上位 10 件のマルウェアおよびランサムウェア ファミリが含まれています。

Backdoor.Sliver は、Golang で記述されたオープンソースの C2 (コマンド アンド コントロール) フレームワークです。 フレームワークペイロードは、感染したシステムを制御し、攻撃者が機密情報の盗み出し、シェルコマンドの実行、他のファイルの実行などのアクションを実行できるようにします。

Backdoor.Zusy (別名 TinyBanker)は、Zeusのソースコードに基づくバンキング型トロイの木馬で、Webサイトへのコードインジェクションを介して個人情報を盗むことを目的としています。

Downloader.BanLoad は、さまざまなマルウェア ペイロード、特にバンキング型トロイの木馬を配信するために広く使用されている Java ベースのダウンローダーです。

Downloader.SLoad (別名Starslord)は、Ramnitの配信によく使用されるダウンローダーです。

Phishing.PhishingX は、被害者をフィッシングページにリダイレクトするフィッシングキャンペーンの一部として使用される悪意のあるPDFファイルです。

Ransomware.AvosLocker は、2021 年半ばに初めて出現したサービスとしてのランサムウェア (RaaS) ギャングです。 それ以来、金融サービス、重要な製造、政府施設部門など、米国の重要インフラを標的とした攻撃で悪名高いものとなっています。

Ransomware.Clopは、Raspberry Robin などのマルウェアや TA505 などのグループに関連していると報告されているランサムウェアです。

ランサムウェア.LockBit 3.0 (別名) Black) は、2019 年 9 月に出現したLockBitランサムウェアの最新バージョンであり、世界で最も関連性の高い RaaS グループの 1 つになりました。

Trojan.Razyは、通常、正規のソフトウェアを装った悪意のある広告を介して配布されるトロイの木馬で、暗号通貨データを盗むためによく使用されます。

Trojan.Valyria (別名 POWERSTATS)は、悪意のあるVBScriptが埋め込まれた悪意のあるMicrosoft Officeドキュメントのファミリーであり、通常は他の悪意のあるペイロードを配信します。

推奨 事項 リンク リンク

このレポートでは、さまざまなクラウド アプリにアップロードおよびダウンロードされるデータの増加など、クラウド導入の増加が強調されています。 また、攻撃者がさまざまなクラウド アプリ、特に人気のあるエンタープライズ アプリを悪用して、マルウェア (主にトロイの木馬) を被害者に送り込む傾向が増加していることも浮き彫りにしました。 Netskope Threat Labs は、金融サービス部門の組織に対し、セキュリティ体制を見直して、次のような傾向から適切に保護されていることを確認することを推奨しています。

  • すべての Web トラフィックやクラウド トラフィックを含むすべての HTTP および HTTPS ダウンロードを検査して、マルウェアがネットワークに侵入するのを防ぎます。 Netskope の顧客は、すべてのカテゴリからのダウンロードとすべてのファイル タイプに適用される脅威保護ポリシーを使用してNetskope Next Gen Secure Web Gatewayを構成できます。
  • 実行可能ファイルやアーカイブなどのリスクの高いファイルの種類は、ダウンロードする前に静的分析と動的分析を組み合わせて徹底的に検査します。 Netskope Advanced Threat Protectionの顧客は、 Patient Zero Prevention ポリシーを使用して、完全な検査が完了するまでダウンロードを保留できます。
  • 組織内で使用されていないアプリやインスタンスからのダウンロードをブロックするポリシーを構成して、ビジネスに必要なアプリやインスタンスのみにリスクを軽減します。
  • 組織内で使用されていないアプリやインスタンスへのアップロードをブロックするポリシーを構成して、内部関係者による偶発的または意図的なデータ漏洩や攻撃者による悪用のリスクを軽減します。
  • 一般的なマルウェアに関連するコマンド アンド コントロール トラフィックなど、悪意のあるトラフィック パターンを識別してブロックできる侵入防御システム (IPS) を使用します。 この種の通信をブロックすると、攻撃者が追加のアクションを実行する能力を制限することで、さらなる被害を防ぐことができます。
  • 新しく観察されたドメインや新しく登録されたドメインなど、リスクが高いカテゴリに分類される Web サイトにアクセスする必要がある場合は、 Remote Browser Isolation (RBI)テクノロジーを使用して追加の保護を提供します。

Netskope Threat Labs リンク リンク

業界屈指のクラウド脅威およびマルウェア研究者を擁するNetskope Threat Labs は、企業に影響を与える最新のクラウド脅威を発見、分析、および防御設計します。 当社の研究者は、DefCon、BlackHat、RSAなどのトップセキュリティカンファレンスで定期的にプレゼンターやボランティアを務めています。

このレポートについて リンク リンク

Netskope は、世界中の何百万ものユーザーに脅威からの保護を提供します。 このレポートに記載されている情報は、事前に許可を得た Netskope 顧客のサブセットに関連してNetskope Security Cloud プラットフォームによって収集された匿名化された使用状況データに基づいています。

このレポートには、Netskope の次世代セキュア ウェブ ゲートウェイ (SWG)によって引き起こされた検出に関する情報が含まれており、個々の脅威の影響の重要性は考慮されていません。 このレポートの統計は、2023 年 2 月 1 日から 2024 年 1 月 31 日までの期間に基づいています。 統計は、攻撃者の戦術、ユーザーの行動、組織のポリシーを反映しています。

ライトブループラス

Threat Labsのレポート

毎月のNetskope Threat Labsレポートには、Netskope Security Cloudプラットフォームがブロックした上位5つの悪意のあるドメイン、マルウェア、アプリに加えて、最近の出版物と脅威のまとめが記載されています。

Threat Labs

SASEのリーダーと共にセキュリティ対策を強化する