SASE Week 2023 オンデマンド! セッションを探索します

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドであり、接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に近代化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
People at the open space office
  • NewEdge

    NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスを誇るセキュリティプライベートクラウドです。

  • クラウドセキュリティプラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドにおける可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護

  • 技術パートナーと統合

    Netskopeは、エンタープライズテクノロジーの最強の企業と提携しています。

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

業界別ソリューションについて学ぶ
崖沿いの風力タービン
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

2024年の予測
ホストのEmily Wearmouthが、BCD Travelのシニアバイスプレジデント兼CISOであるSherron Burgess氏と、Netskopeのクラウド戦略およびイノベーション責任者であるShamla Naidoo氏と対談し、来年のホットなトピックについて語ります。

ポッドキャストを再生する
2024年の予測
最新のブログ

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を通じてゼロトラストとSASEの旅を可能にする方法。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様を見る
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeコミュニティは、あなたとあなたのチームが製品とプラクティスからより多くの価値を引き出すのに役立ちます。

Netskopeコミュニティに移動
Netskope コミュニティ
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • Netskopeが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
Highest in Execution. Furthest in Vision.

ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。

レポートを読む
ネットスコープは2023年Gartner®社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラント™でリーダーの1社として評価されました。
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
プレスリリース
ロスアルトス、カリフォルニア州
2016年2月4日

Netskopeの調査によると、GDPRコンプライアンスの達成に自信を持っている企業は5社に1社だけです。

大手クラウドアクセスセキュリティブローカーであるNetskopeは本日、5社に1社のみが、今後のEU一般データ保護規則(GDPR)に準拠すると確信していることを発表しました。

500社以上の企業を調査したNetskopeの委託を受けたYouGovの調査結果によると、2016年春に最終決定され、2018年から施行される予定のGDPRを含む今後の規制に準拠すると確信している中規模および大規模企業のITプロフェッショナルはわずか21%でした。

さらに、回答者の21%は、GDPRの文言によると、クラウドプロバイダーがコンプライアンス義務を自分に代わって処理すると想定していましたが、明らかにそうではありません。 さらに調査対象者の18%は、クラウドアプリを取り巻くコンプライアンスと規制のトピックが「心に恐怖を与える」ことを認め、規制環境の変化に照らして混乱と懸念の程度を強調しています。

クラウド アプリの使用について具体的に尋ねたところ、IT プロフェッショナルの 29% が、従業員がビジネス内で「一部」または「多数」の承認されていないクラウド アプリを使用していることを知っていると回答しました。 中規模および大規模組織の回答者のわずか7%が、職場内での認可されていないアプリの使用に対処するためのソリューションがあると述べました。 クラウド アプリは、法律の対象となる非構造化データを作成することが多いため、GDPR コンプライアンスに特別な課題をもたらしますが、データの作成と保存の方法が原因で、組織にとって管理がはるかに困難です。 データは通常、生産性アプリケーションやコラボレーションアプリケーションなどのクラウドアプリのユーザーによって作成され、多くの場合、データはモバイルデバイスに保存され、承認されていないアプリケーションやクラウドストレージを介して他のユーザーと共有されます。 これらのデータはすべて組織の直接の管理外であるため、GDPRへの準拠に深刻なリスクをもたらします。

最新の Netskopeクラウドレポート(2015年秋 )によると、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)地域の企業あたりのクラウドアプリの平均使用数は608で、前回のレポートから26%増加しました。 これは、非構造化データの作成の大きな可能性を示しており、その管理は重大な規制リスクをもたらします。 この不確実性に加えて、これらのアプリの89.8%はエンタープライズ対応ではなく、セキュリティ、監査と認証、サービスレベル契約、法律、プライバシー、財務上の実行可能性、脆弱性の修復などの主要な機能が不足していることがわかりました。

「GDPRは、クラウドを消費する組織とクラウドベンダーの両方に広範囲にわたる影響を及ぼします」と、NetskopeのEMEA担当副社長であるEduard Meelhuysenは述べています。 「この法律の批准が差し迫っているため、ITチームとセキュリティチームの競争は2年以内に迫っています。 準備を完了するのに長い時間枠のように聞こえるかもしれませんが、これらの改革のかなりの範囲は、企業がEUの期限に間に合うようにコンプライアンスを確保するために作業を削減することを意味します。」

GDPRの下では、組織は個人データが規制と一致する方法で処理されていることを確認する必要があります。 つまり、企業は、GDPRへの準拠を確実にするために、データの機密性、整合性、可用性を目的とした従来のセキュリティ対策を超えて、組織的および技術的な対策を講じる必要があります。

「大事なのは、できるだけ早く準備を始めることです。 技術的な課題は、クラウドとシャドーITによってもたらされる無数の複雑さによってさらに重要になり、個人データの追跡と制御がさらに困難になります」とMeelhuysen氏は述べています。「GDPRコンプライアンスの出発点として、組織は監査を実施して、どのクラウドアプリ(認可済みと非認可済みの両方)が使用されているか、およびそれらのクラウドアプリにどのようなデータがあるかを確実に理解する必要があります。」

GDPRによってもたらされる重大な技術的および組織的課題を抱える組織を支援するために、Netskopeは最近、 EU GDPR向けのNetskopeクラウドコンプライアンスおよび修復サービス を開始し、企業をコンプライアンスに導きます。

Netskopeは、クラウドアプリの使用によってもたらされる課題に特に言及して、GDPRコンプライアンスの達成に関する情報とベストプラクティスが満載の、関連するダウンロード可能なGDPR準備キットを公開しました。 ホワイトペーパーを無料で表示またはダウンロードするには、 ここをクリックしてください。

Netskopeについて

Netskope™, the leading cloud access security broker (CASB), helps enterprises find, understand and secure sanctioned and unsanctioned cloud apps. Through contextual awareness and a multi-mode architecture, Netskope sees the cloud differently. This results in the deepest visibility and control, the most advanced threat protection and data loss prevention and an unmatched breadth of security policies and workflows. The world’s largest companies choose Netskope, the only CASB that ensures compliant use of cloud apps in real-time, whether accessed on the corporate network, remotely or from a mobile device. With Netskope, enterprises move fast, with confidence. To learn more, visit our website.

###