Netskope named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the report

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Still Highest in Execution.
Still Furthest in Vision.

Learn why 2024 Gartner® Magic Quadrant™ named Netskope a Leader for Security Service Edge the third consecutive year.

レポートを読む
Netskope Named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge graphic for menu
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ
サムネイルを投稿

このエピソードでは、Netskopeのクラウド戦略責任者であるShamla Naidoo氏、NetskopeのフィールドCTOであるSteve Riley氏、Netskopeの最高デジタル情報責任者であるMike Anderson氏、そして最後になりましたが、NetskopeのAPAC CSOであるDavid Fairman氏との円卓会議を主導しています。

このエピソードでは、シャムラ、スティーブ、マイク、デビッドがすべて2022年以降の予測を共有しています。 セキュリティリーダー向けのメンタルヘルスサポートの強化から、二酸化炭素排出量を測定する企業の増加まで、さまざまな予測を聞くことができます。 あなたがセキュリティにいて、業界の将来がどのように見えるかに興味があるなら、これはあなたが見逃したくないエピソードです。

私たちが目にするのは、CEOがセキュリティリーダーのメンタルヘルスとウェルビーイングをサポートするプログラムを作成することです。 この仕事は本当に大変で、どんどん難しくなっています。 現時点では、セキュリティリーダーのメンタルヘルスサポートの方法はほとんどありません。

—シャムラ・ナイドゥ、CISO、Netskopeのクラウド戦略責任者
Shamla Naidoo

 

タイムスタンプ

*(3:23) - 予測:インサイダー脅威の増加*(18:26) - 予測:自律型サイバーセキュリティと人的遅延の排除
*(5:20) - 予測:テクノロジー固有のセキュリティベンダーのブランド変更*(25:02) - 予測: 増大する攻撃対象領域リスクとしての API
*(9:21) - 予測:ディープフェイク、ボイスクローニング、誤報の増加*(33:54) - 予測:将来の機械学習と管理のリスク
*(15:08) - 予測:二酸化炭素排出量を測定する企業の増加*(37:40) - 予測:CEOはセキュリティリーダーのメンタルヘルスをサポートするためのより多くのプログラムを作成する予定

 

以下プラットフォームからも聴くことができます:

グリーンプラス

本エピソードの出演者

シャムラ・ナイドゥ
CISO、 Netskopeクラウド戦略責任者

シェブロン

Shamla Naidoo

Shamla は、エンジニアからエグゼクティブまで 37 年間、CISO として 20 年間勤務してきました。 デジタルおよびサイバー分野における深い技術的および業界的知識により、彼女は公的および民間部門から求められており、世界中の会場で講演するよう招待されることがよくあります。 彼女は技術、ビジネス、規制のトピックに堪能です。 6大陸の20か国以上で働き、話すことで、彼女は文化の壁を克服する上で自分自身を際立たせるのに役立ちました。

ジェイソン・クラーク
Netskopeの最高戦略およびマーケティング責任者

シェブロン

ジェイソン・クラーク

ジェイソンは、成功した戦略的セキュリティプログラムの構築と実行の数十年の経験を Netskopeにもたらします。

以前は、Optivの最高セキュリティおよび戦略責任者を務め、CXOエグゼクティブがセキュリティ戦略を強化し、それらの戦略とビジネスとの連携を加速するのに役立つ包括的なソリューションスイートを開発しました。 Optivに入社する前は、Websenseで指導的役割を果たし、最高情報セキュリティ責任者(CISO)向けの重要なテクノロジーのプロバイダーへの会社の変革の原動力でした。 エマソンエレクトリックのCISOおよびインフラストラクチャ担当バイスプレジデントを務めていたクラークは、1,500の拠点で14万人の従業員を対象としたセキュリティプログラムを開発および実行し、成功裏に実行することにより、会社のリスクを大幅に軽減しました。 以前はニューヨークタイムズのCISOを務め、EverBank、BB&T、および米陸軍でセキュリティのリーダーシップと技術的役割を果たしてきました。

スティーブ・ライリー
NetskopeのフィールドCTO

シェブロン

Steve Riley

ベンダー、エンドユーザー、アナリストの分野でいくつかのアドバイザリーおよびコンサルティングの役割を持つ経験豊富な情報技術の専門家。 専門分野には、オンプレミスとクラウドの両方のセキュリティ アーキテクチャ/設計、ポリシー/プロセス、コンプライアンスが含まれます。 人前で話す豊富な経験を持つ、ビジネスおよび技術分野にわたる熟練したコミュニケーター。 複雑な技術的トピックに斬新な理解をもたらす能力が認められています。 ビジネスエグゼクティブから技術チームまで、世界中の顧客会議や会議で、あらゆるタイプの聴衆を定期的に関与させます。 彼の情熱は、攻撃に耐えることができる回復力のあるプロセスとシステムの構築、クラウドコンピューティングの展開で機能するセキュリティプラクティスの作成と進化、ビジネスを可能にし強化するための情報セキュリティの方法の発見、疑わしい人を支持者に変える証拠の作成を誘発します。

マイク・アンダーソン
最高デジタル情報責任者、Netskope

シェブロン

マイク・アンダーソン

マイク・アンダーソンは、Netskopeの最高デジタルおよび情報責任者を務めています。 過去25年間、営業、運用、事業開発、情報技術など、さまざまな分野で高性能チームを構築し、主導してきました。 フォーチュン500に名を連ねる世界的な企業であるSchneider Electricから Netskope に入社し、北米のSVP、CIO、デジタルリーダーを務めました。 2020年、Constellation Researchから、組織内でビジネス変革の取り組みを主導しているトップグローバルエグゼクティブを表彰するエリートリストであるビジネストランスフォーメーション150のメンバーに指名されました。 全米ダイバーシティ評議会はまた、2020年と2021年にダイバーシティとインクルージョンの分野でトップ50のCIOとして同氏を認めています。 Schneider Electricエレクトリックの前は、CROSSMARKのCIOを務め、40,000人の従業員サービスプロバイダーのビジネス機能を小売および消費財業界にデジタル変革しました。 また、マイクロソフトの合弁会社であるEnterprise Mobileでエグゼクティブリーダーシップの役割を果たし、現在はHoneywell、Insight、Software Spectrum、および1999年に共同設立したWebサービスのパイオニアであるInVergeの一部となっています。 マイクは、数多くのテクノロジーおよび業界の諮問委員会に所属し、メンタルヘルスと自殺予防に焦点を当てた非営利団体、および科学、技術、工学、数学の将来の労働力の開発に役立つ非営利団体と協力してボランティアをしています。

デビッド・フェアマン
Netskopeにおけるアジア太平洋のCSO

シェブロン

David Fairman

Davidは、サイバーセキュリティ、詐欺および金融犯罪、インテリジェンス、ビジネス継続性、物理的セキュリティ、およびオペレーショナルリスクをカバーするセキュリティおよび金融犯罪の分野で経験豊富な専門家です。 デビッドは、英国とEU、北米、APACのいくつかの大手金融機関やフォーチュン500企業で働き、コンサルティングを行ってきました。 Davidは、サイバーセキュリティと金融犯罪の情熱的なリーダーであり、デジタル世界でのビジネスと取引をより安全に行うことを目的として、複数の地域でいくつかの業界アライアンスや専門家グループの設立に積極的に関与しており、取締役会の役職を務めています。 デビッドは、知っておくべきトップCISOの1人として認められており、出版された著者であり、非常勤教授です。 Davidのコア能力は、デジタルコマースから生じるオペレーショナルリスクを理解し、それらを技術ソリューションと組織能力の成熟度を含む戦略的アクションに変換して、サイバーおよびデジタルリスクのあらゆる側面を管理する組織の能力を変革する能力です。 Davidの現在の焦点は、デジタルリスクで蔓延している現在および新たな脅威に対処し、コミュニティのサイバーレジリエンスとリテラシーを向上させるために、業界全体でコラボレーションとイノベーションを推進することです。

Shamla Naidoo

Shamla は、エンジニアからエグゼクティブまで 37 年間、CISO として 20 年間勤務してきました。 デジタルおよびサイバー分野における深い技術的および業界的知識により、彼女は公的および民間部門から求められており、世界中の会場で講演するよう招待されることがよくあります。 彼女は技術、ビジネス、規制のトピックに堪能です。 6大陸の20か国以上で働き、話すことで、彼女は文化の壁を克服する上で自分自身を際立たせるのに役立ちました。

ジェイソン・クラーク

ジェイソンは、成功した戦略的セキュリティプログラムの構築と実行の数十年の経験を Netskopeにもたらします。

以前は、Optivの最高セキュリティおよび戦略責任者を務め、CXOエグゼクティブがセキュリティ戦略を強化し、それらの戦略とビジネスとの連携を加速するのに役立つ包括的なソリューションスイートを開発しました。 Optivに入社する前は、Websenseで指導的役割を果たし、最高情報セキュリティ責任者(CISO)向けの重要なテクノロジーのプロバイダーへの会社の変革の原動力でした。 エマソンエレクトリックのCISOおよびインフラストラクチャ担当バイスプレジデントを務めていたクラークは、1,500の拠点で14万人の従業員を対象としたセキュリティプログラムを開発および実行し、成功裏に実行することにより、会社のリスクを大幅に軽減しました。 以前はニューヨークタイムズのCISOを務め、EverBank、BB&T、および米陸軍でセキュリティのリーダーシップと技術的役割を果たしてきました。

Steve Riley

ベンダー、エンドユーザー、アナリストの分野でいくつかのアドバイザリーおよびコンサルティングの役割を持つ経験豊富な情報技術の専門家。 専門分野には、オンプレミスとクラウドの両方のセキュリティ アーキテクチャ/設計、ポリシー/プロセス、コンプライアンスが含まれます。 人前で話す豊富な経験を持つ、ビジネスおよび技術分野にわたる熟練したコミュニケーター。 複雑な技術的トピックに斬新な理解をもたらす能力が認められています。 ビジネスエグゼクティブから技術チームまで、世界中の顧客会議や会議で、あらゆるタイプの聴衆を定期的に関与させます。 彼の情熱は、攻撃に耐えることができる回復力のあるプロセスとシステムの構築、クラウドコンピューティングの展開で機能するセキュリティプラクティスの作成と進化、ビジネスを可能にし強化するための情報セキュリティの方法の発見、疑わしい人を支持者に変える証拠の作成を誘発します。

マイク・アンダーソン

マイク・アンダーソンは、Netskopeの最高デジタルおよび情報責任者を務めています。 過去25年間、営業、運用、事業開発、情報技術など、さまざまな分野で高性能チームを構築し、主導してきました。 フォーチュン500に名を連ねる世界的な企業であるSchneider Electricから Netskope に入社し、北米のSVP、CIO、デジタルリーダーを務めました。 2020年、Constellation Researchから、組織内でビジネス変革の取り組みを主導しているトップグローバルエグゼクティブを表彰するエリートリストであるビジネストランスフォーメーション150のメンバーに指名されました。 全米ダイバーシティ評議会はまた、2020年と2021年にダイバーシティとインクルージョンの分野でトップ50のCIOとして同氏を認めています。 Schneider Electricエレクトリックの前は、CROSSMARKのCIOを務め、40,000人の従業員サービスプロバイダーのビジネス機能を小売および消費財業界にデジタル変革しました。 また、マイクロソフトの合弁会社であるEnterprise Mobileでエグゼクティブリーダーシップの役割を果たし、現在はHoneywell、Insight、Software Spectrum、および1999年に共同設立したWebサービスのパイオニアであるInVergeの一部となっています。 マイクは、数多くのテクノロジーおよび業界の諮問委員会に所属し、メンタルヘルスと自殺予防に焦点を当てた非営利団体、および科学、技術、工学、数学の将来の労働力の開発に役立つ非営利団体と協力してボランティアをしています。

David Fairman

Davidは、サイバーセキュリティ、詐欺および金融犯罪、インテリジェンス、ビジネス継続性、物理的セキュリティ、およびオペレーショナルリスクをカバーするセキュリティおよび金融犯罪の分野で経験豊富な専門家です。 デビッドは、英国とEU、北米、APACのいくつかの大手金融機関やフォーチュン500企業で働き、コンサルティングを行ってきました。 Davidは、サイバーセキュリティと金融犯罪の情熱的なリーダーであり、デジタル世界でのビジネスと取引をより安全に行うことを目的として、複数の地域でいくつかの業界アライアンスや専門家グループの設立に積極的に関与しており、取締役会の役職を務めています。 デビッドは、知っておくべきトップCISOの1人として認められており、出版された著者であり、非常勤教授です。 Davidのコア能力は、デジタルコマースから生じるオペレーショナルリスクを理解し、それらを技術ソリューションと組織能力の成熟度を含む戦略的アクションに変換して、サイバーおよびデジタルリスクのあらゆる側面を管理する組織の能力を変革する能力です。 Davidの現在の焦点は、デジタルリスクで蔓延している現在および新たな脅威に対処し、コミュニティのサイバーレジリエンスとリテラシーを向上させるために、業界全体でコラボレーションとイノベーションを推進することです。

エピソードのトランスクリプト

トランスクリプトをオープン

Shamla Naidoo: This job is really hard and it continues to get harder. But at this point, there's very little in the way of mental health support for the security leaders and for the security teams. So I really think that CEOs are going to start to double down on not just innovating for the business but also helping the CISOs to create both innovation for security, giving them the tools, the technology and the solutions to help them do their jobs better. But also supporting that with mental health and wellness support programs.

Producer: Hello, and welcome to Security Visionaries hosted by Jason Clark, CSO at Netskope. You just heard from one of today's guests, Shamla Naidoo, Head of Cloud Strategy and Innovation at Netskope. In this episode, Shamla is also joined by Steve Riley, Field CTO at Netskope, Mike Anderson, Chief Digital and Information Officer at Netskope and last but certainly not least, David Fairman, APAC CSO at Netskope.

Producer: As we welcome the New Year with open arms, security leaders around the world are continuing to try and stay five steps ahead of bad actors in the space. To kick off 2022, we brought together some of the sharpest leaders in the industry to share what predictions are top of mind on their risk radars. We hope you enjoy this round table discussion and from everyone at Netskope, we want to wish you a happy and healthy New Year.

Sponsor: The Security Visionaries podcast is powered by the team at Netskope. Netskope is the SASE leader, offering everything you need to provide a fast data centric and Cloud Smart user experience at the speed of business today. Learn more at N-E-T-S-K-O-P-E.com

Producer: Without further ado, please enjoy episode seven of Security Visionaries with your host, Jason Clark.

Jason Clark: Welcome to Security Visionaries. I am your host, Jason Clark CSO at Netskope. And today I'm joined by some of the best experts in the industry and we're going to be talking about predictions and it's always a big topic this time of year. But we're going to try and bring to light some of these that we all need to be paying attention to for 2022 and beyond. First guest is, Steve Riley, great to have you here. How are you doing?

Steve Riley: Thanks, Jason. How about yourself?

Jason Clark: Doing super fantastic. And Dave Fairman, how are you?

David Fairman: Hey, Jason, good to be here. Thanks for including me in your conversation this week. I'm doing well, mate. I'm doing really well. I'm looking forward to the Christmas and New Year break.

Jason Clark: What time is it in Australia right now?

David Fairman: 2:00 AM in the morning. So I'm hoping my responses to this conversation will be eloquent considering the time.

Jason Clark: Yeah. Thanks for staying up for us. It'll be awesome.

David Fairman: Oh, good man.

Jason Clark: And Shamla, how are you?

Shamla Naidoo: Hey, Jason, thank you so much for including me in this fantastic conversation. I'm looking forward to it.

Jason Clark: Awesome. And Mike?

Mike Anderson: Hey, good morning. It's great to be here, looking forward to hearing some great predictions this morning on this podcast.

Jason Clark : Well, perfect. Well, let's keep it lively and really just bring anything up you want to and comment on any of these as we go through, just so we'll make it fun for the audience. But again, everybody here as you'll see and you can look up, they're all amazing experts in the industry that I've known for a very long time. So the first thing I wanted to start off with is that, it's kind of a prediction but it's also very obvious. So I kind of call it a little bit of a softball but I bring it up because I'm worried not everybody's thinking about it. And that is that as we return to work and meaning, everybody was working from home and then your company says, "It's time to come back in the office three days a week or five days a week." And we're already starting to see this. A significant amount of people have either A, already moved but didn't tell their employer or B, are deciding, you know what? I like working from home and don't want to go back to the office. And with that, we're going to see a lot of attrition and turnover and that comes with insider threat. And when somebody decides to change jobs, they see their work product as their own. And when we see as, increase of over a 10X the downloads of information that they have touched or worked on. It could be anything from somebody that's on their sales to team, downloading all their customer lists so that they can take it to their next place. So just something that every security team should be thinking of, not just thinking about the external threats. So anybody have any thoughts on that one?

David Fairman: No, I think that's a fair prediction. And we're talking about this is going to be the new era of resignation and people leaving the organization as well. I think we're going to probably see a little bit more of a rise in that activity at the moment. Now, I know we are talking about it here in region.

Jason Clark: Yeah, I think that the place that catches people a little bit blind is just the use of really of all the personal apps, all the storage apps, et cetera. And a lot of organizations aren't inserting that information, that traffic into their existing insider threat processes. So I think that's the place I really recommend people look into. So to Shamla, I wanted to start with you and you have a long shot prediction around technology specific security vendors, are going to redefine, rebrand themselves as SSE vendors. Can you unpack that prediction and share your thoughts?

Shamla Naidoo: Yes, absolutely. If you look out there today Jason, most of the cyber security vendors who provide products or services or tools are rebranding themselves as Secure Services Edge vendors and they're really pushing this idea of zero trust. And so what you have is, everyone who's doing things like securing or protecting files, protecting servers, protecting networks, acting as gateways, acting as data leak prevention tools. Everyone is branding themselves as a zero trust vendor securing the edge. And what that is doing, I think is going to create an enormous growing burden for the CISO, because now we've shifted the burden on what we actually do to this very generic term. And we are leaving it up to the consumer or the decision makers to determine whether or not these solutions address strategic gaps. Which gaps they address? What are the pros and cons? We also leaving it up to the consumer to decide, which ones they need versus which ones they can do without? And I feel like that is unfair to the industry because if everyone says they're zero trust vendor and there's no strategic or industry definition for what is included in zero trust and where is the edge, that just makes the job of the CISO much, much harder. Because really when you think about it, where is this edge that these SSE vendors are going to be addressing? It's everywhere. It's wherever we conduct transactions, it's wherever we conduct business. So the edge basically is everywhere. And we know from experience that not every provider, not every vendor can actually address all of the issues in those environments. And so that's why I think that as companies rebrand themselves, it's just going to increase the burden on the CISO.

Jason Clark: You know what? I think same thing with SASE. As soon as SASE came out you started seeing, there's now 50 SASE companies. And everybody's just calling themselves SASE or they started just buying companies but with no integration and then saying, "Hey, we have all the parts and they all work together." And they really don't. But Steve you'd recently published something, Dave, you as well around zero trust and some good articles. Any additional thoughts on Shamla's prediction?

Steve Riley: Yeah, I think it's important to remember what these topics are. SASE is intended to be an architecture and zero trust is intended to be a new way of thinking about assessing the trustworthiness of an interaction. Zero is a starting point, but ultimately there has to be some level of trust for any two entities to interact. And we don't want to just assume that you have full access to everything because of what your IP address is. And I really love the way that vendors who brought this are moving more toward a continuous adaptive trust approach, where you look at all these contextual signals and determine just how much access to grant, for just that interaction, for just that amount of time.

Jason Clark: Yeah, I agree, and trust isn't binary. It's not on or off. And I think that a lot of those vendors that Shamla mentioned that they kind of still view that zero trust is like an ACL, that trust is you either have it or you don't. And a lot of vendors you ask them to define what zero trust even means and you're going to get different answers for most of them as well. So I think there it is, we are hurting the industry, there's a lot of confusion. David, so you had an interesting prediction around deepfake, and voice cloning and misinformation. So why is this a prediction that you're considering and how should users and companies be thinking about protecting themselves?

David Fairman: Well, look, I think even this year, we started to see the rise of deepfake and probably even in the preceding year, the rise of deepfake as a tool for various nefarious reasons. Whether it was political influence or whether it was for increasing fraud and scams, social media social engineering for supporting social engineering attacks, et cetera. There was a couple of really good events that happened this year with regards to an energy company, which they had a fraud committed and the tool that was used to support that fraud was deepfake. And there was another unsuccessful attack on a technology company using the same capability. I think what we're starting to see now, is the fraud elements, whether it's identity fraud, business email compromise. Sorry, not business email compromise but sort of