Netskope named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the report

閉める
閉める
  • Netskopeが選ばれる理由 シェブロン

    ネットワークとセキュリティの連携方法を変える。

  • 導入企業 シェブロン

    Netskope は世界中で 3,000 を超える顧客にサービスを提供しており、その中にはフォーチュン 100 企業の 25 以上が含まれます

  • パートナー シェブロン

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Still Highest in Execution.
Still Furthest in Vision.

2024 Gartner ® Magic Quadrant ™が Netskope を 3 年連続でセキュリティ サービス エッジのリーダーに選出した理由をご覧ください。

レポートを読む
Netskope Named a Leader in the 2024 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge graphic for menu
私たちは、お客様が何にでも備えることができるように支援します

お客様について
窓の外を見て微笑むメガネをかけた女性
Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

Netskope パートナーについて学ぶ
色々な若い専門家が集う笑顔のグループ
明日に向けたネットワーク

サポートするアプリケーションとユーザー向けに設計された、より高速で、より安全で、回復力のあるネットワークへの道を計画します。

ホワイトペーパーはこちら
明日に向けたネットワーク
Netskope One プラットフォームの紹介

Netskope One は、SASE とゼロトラスト変革を可能にする統合型セキュリティおよびネットワーキング サービスを提供するクラウドネイティブ プラットフォームです。

Netskope One について学ぶ
青い照明の抽象画
セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャの採用

Netskope NewEdgeは、世界最大かつ最高のパフォーマンスのセキュリティプライベートクラウドであり、比類のないサービスカバレッジ、パフォーマンス、および回復力を顧客に提供します。

NewEdgeの詳細
NewEdge
Netskope Cloud Exchange

Netskope Cloud Exchange (CE) は、セキュリティポスチャに対する投資を活用するための強力な統合ツールを提供します。

Cloud Exchangeについて学ぶ
Netskopeの動画
  • セキュリティサービスエッジ製品 シェブロン

    高度なクラウド対応の脅威から保護し、あらゆるベクトルにわたってデータを保護

  • Borderless SD-WAN シェブロン

    すべてのリモートユーザー、デバイス、サイト、クラウドへ安全で高性能なアクセスを提供

  • Secure Access Service Edge シェブロン

    Netskope One SASE は、クラウドネイティブで完全に統合された単一ベンダーの SASE ソリューションを提供します。

未来のプラットフォームはNetskopeです

インテリジェントセキュリティサービスエッジ(SSE)、クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)、クラウドファイアウォール、セキュアウェブゲートウェイ(SWG)、およびZTNAのプライベートアクセスは、単一のソリューションにネイティブに組み込まれており、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)アーキテクチャへの道のりですべてのビジネスを支援します。

製品概要はこちら
Netskopeの動画
Next Gen SASE Branch はハイブリッドである:接続、保護、自動化

Netskope Next Gen SASE Branchは、コンテキストアウェアSASEファブリック、ゼロトラストハイブリッドセキュリティ、 SkopeAI-Powered Cloud Orchestrator を統合クラウド製品に統合し、ボーダレスエンタープライズ向けに完全に最新化されたブランチエクスペリエンスを実現します。

Next Gen SASE Branchの詳細はこちら
オープンスペースオフィスの様子
SASEアーキテクチャの設計 For Dummies

SASE設計について網羅した電子書籍を無償でダウンロード

電子書籍を入手する
最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

NewEdgeの詳細
山腹のスイッチバックを通るライトアップされた高速道路
アプリケーションのアクセス制御、リアルタイムのユーザーコーチング、クラス最高のデータ保護により、生成型AIアプリケーションを安全に使用できるようにします。

生成AIの使用を保護する方法を学ぶ
ChatGPTと生成AIを安全に有効にする
SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

ゼロトラストについて学ぶ
大海原を走るボート
NetskopeがFedRAMPの高認証を達成

政府機関の変革を加速するには、Netskope GovCloud を選択してください。

Netskope GovCloud について学ぶ
Netskope GovCloud
  • リソース シェブロン

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ シェブロン

    Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) を通じてセキュリティとネットワークの変革を実現する方法を学びます

  • イベント&ワークショップ シェブロン

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ シェブロン

    サイバーセキュリティ百科事典、知っておくべきすべてのこと

「セキュリティビジョナリー」ポッドキャスト

How to Use a Magic Quadrant and Other Industry Research
このエピソードでは、マックス・ヘイビー、スティーブ・ライリー、モナ・フォークナーが、マジック・クアドラントを作成する複雑なプロセスと、それが単なるチャート以上のものである理由を分析します。

ポッドキャストを再生する
マジック・クアドラントとその他の業界調査の活用方法ポッドキャスト
最新のブログ

Netskope がセキュリティ サービス エッジ (SSE) 機能を通じてゼロ トラストと SASE の導入をどのように実現できるかをご覧ください。

ブログを読む
日の出と曇り空
SASE Week 2023年:SASEの旅が今始まります!

第4回 SASE Weekのリプレイセッション。

セッションの詳細
SASE Week 2023
セキュリティサービスエッジとは

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

セキュリティサービスエッジの詳細
4方向ラウンドアバウト
  • 会社概要 シェブロン

    クラウド、データ、ネットワークセキュリティの課題に対して一歩先を行くサポートを提供

  • リーダーシップ シェブロン

    Netskopeの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • カスタマーソリューション シェブロン

    お客様の成功のために、Netskopeはあらゆるステップを支援いたします。

  • トレーニングと認定 シェブロン

    Netskopeのトレーニングで、クラウドセキュリティのスキルを学ぶ

データセキュリティによる持続可能性のサポート

Netskope は、持続可能性における民間企業の役割についての認識を高めることを目的としたイニシアチブである「ビジョン2045」に参加できることを誇りに思っています。

詳しくはこちら
データセキュリティによる持続可能性のサポート
思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

当社のチーム紹介
雪山を登るハイカーのグループ
Netskopeの有能で経験豊富なプロフェッショナルサービスチームは、実装を成功させるための規範的なアプローチを提供します。

プロフェッショナルサービスについて学ぶ
Netskopeプロフェッショナルサービス
Netskopeトレーニングで、デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、ウェブ、プライベートアプリケーションを最大限に活用してください。

トレーニングと認定資格について学ぶ
働く若い専門家のグループ

Building Security into Your M&A Process Part 1: Due Diligence

Jun 23 2022

This is the first part of a four-part blog series where I will cover each of these phases of the M&A process and how you can build security into each phase.

If you read the news, you already know that we’re seeing a huge uptick in mergers and acquisitions (M&A). Global M&A volumes hit a record high in 2021—increasing by 64% over the previous year and topping $5 trillion for the first time ever. This activity continues to surge in 2022 as companies use M&A to manage the still-unpredictable economic effects of the COVID-19 pandemic and find their strategic footing. Deals can help them streamline assets, establish or extend digital capabilities, acquire top talent, and otherwise strengthen their competitive positions.

M&As are all about speed and secrecy. Your business development group will start by researching companies—and in the beginning, it’s completely stealth. In fact, the business development group may be the only people who know what specific companies are even being considered. Once that core team identifies a company that fits their plans, they’ll move forward with the formal M&A process—which we’ve defined in four phases. 

Phase One: Due Diligence

The due diligence phase of the M&A process is where information will start being shared between the acquirer (i.e., the buyer) and the target (the company that’s being acquired). 

One of the critical errors that many businesses make to keep things as quiet as possible early on is that they don’t inform their security team that an M&A is being explored. Often a security expert is engaged along with the broader team after the due diligence is done and the letter of intent is signed. But that’s really too late. If I’m that due diligence team, I want to understand the security posture of the target company as early as possible. I need to know what technologies they currently have in place to understand the risk levels and the security team will want to start planning out the day one integration. 

Business development groups should always involve at least one person from the security team among the trusted entities read in early in the transaction process. A security expert will help ensure secure information sharing and they can also help identify some big potential risks before the companies sign a letter of intent. 

Target companies may stop doing investments to boost their profit and loss (P&L) statement—including some things that should have been made for maintaining safe operations. Therefore, a key part of this phase has to be evaluating the target company’s impact on the overall security of the organization. You want to discover all the potential costs and the risks of the transaction in advance. And there may be things that aren’t evident on the surface. A cybersecurity due diligence review should evaluate all aspects of the target’s security—including policies, procedures, account management, regulatory compliance, applications, APIs, and cloud/infrastructure security.

It’s not that different from buying a house. A house inspector helps the buyer understand any repairs that need to be made to keep the house safe, and that information helps with negotiating the final terms of the sale. Or if the inspector discovers problems that are too great a risk (like a cracked foundation), it gives the buyer a chance to move on to another property that’s a better investment.

If I’m working for the acquirer, I’m going to be looking at a target from a security perspective to determine the kinds of investments that will have to be made in order to bring them up to the equivalent of the acquiring company. That will be probably the most quantifiable part of it. The second part, though, is going to be how likely is it that they’ve already had a breach that no one knows about. Early detection of an attack or breach could save the acquirer from unwittingly taking on a material liability that might be both expensive and generate bad press. 

Acquiring companies have suffered hefty losses by discovering a target’s past data breaches only after completing the final deal transactions. This can result in significant fines and reduction in the target company’s overall deal value. You might need to do millions in clawbacks. In one example from a few years ago, Verizon reduced its offer for Yahoo by $350 million after discovering two massive data breaches in Yahoo’s recent past that had not been fully disclosed

Data is also going to start moving back and forth between the two companies during due diligence. The target is going to send financials, and often data will come the other direction from the acquirer as well. Security needs to be able to see these data flows to make sure information sharing is handled properly. 

Stay tuned for Part 2, where I will talk about integration planning and public announcement. For more about how you can fit security into your M&A process, download a copy of the Smoothing Out M&A solution brief.

author image
James Christiansen
James Christiansen is Netskope’s vice president of cloud security transformation and leader of the Global Chief Strategy Office. He is focused on enhancing Netskope’s global clients understand the challenges and solutions of cloud deployments by helping drive thought leadership in cloud security transformation.

Stay informed!

Subscribe for the latest from the Netskope Blog