Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威ラボ Cloud and Threat Report: Gone Phishing
May 26 2021

Cloud and Threat Report: Gone Phishing

The total number of phishing attacks doubled in 2020, with phishing for cloud credentials, specifically SaaS and webmail app credentials, accounting for nearly a third of the targets of phishing campaigns. Over the same period, we saw cybercriminals hosting 13% of their baits in cloud apps. This blog post summarizes the top phishing trends from 2020 and looks forward at what to expect for the rest of 2021.

This blog post accompanies the release of the February 2021 Cloud and Threat Report, which analyzes 2020’s most interesting trends in enterprise cloud and web security. In addition to highlighting personal app usage, the Cloud Threat Report also highlights four other trends:

Cloud phishing targets

The total number of phishing attacks doubled over the course of the year in 2020, according to the 4th Quarter 2020 Phishing Activity Trends Report from the Anti-Phishing Working Group (APWG). In October 2020, APWG reported a new record for the highest number of new phishing attacks seen in one month.  

At the same time, the percentage of the total phishing attacks targeting cloud app credentials, specifically SaaS and webmail credentials, fell to 22.2%. As shown in the figure below, this is the lowest percentage since 2018. This relative decrease compared to other phishing targets was driven by an increase in phishing campaigns targeting financial institutions, payment providers, online retailers, and eCommerce platforms.

Graph showing percentage of total phishing of cloud credentials since 2018.

Despite the marked decrease in SaaS and webmail credentials as a percentage of the total phishing attack targets, it remains in the second place position behind financial institutions (22.5%) and ahead of payment providers (15.2%). We expect SaaS and webmail will continue to remain among the top two phishing targets along with financial institutions for the foreseeable future and will continue to account for around one-quarter of all phishing attacks. The primary drivers behind this prediction are:

  1. There are a lot of potential targets. SaaS and webmail apps are popular among both consumers and enterprises.
  2. There is a lot of valuable data hosted in SaaS and webmail apps. This data can be leveraged for extortion, sold on the black market, or leveraged for broader attacks.
  3. SaaS and webmail platforms themselves can be abused for other purposes, such as hosting illicit content or launching broader cyber attacks. Phished accounts can be used directly by the phishers or sold on the black market.

Phishing from cloud apps

In 2020, we saw 13% of all phishing baits hosted directly in SaaS applications on the web. There are two popular types of SaaS applications abused to host phishing baits: app hosting providers and online forms.

In this first example, the attacker created a low-effort Office 365 login form using Microsoft Forms. Aside from the logo and color scheme, there is little here in common with the actual login page. However, there are some advantages to this type of phishing attack — the attacker abuses a Microsoft service to phish for Microsoft credentials. The victim will see a login page to Office 365 hosted on an office.com subdomain (forms.office.com) with a certificate issued by DigiCert to Microsoft. In other words, the onus is on the victim to notice the unusual aesthetic or the warning at the bottom of the page that warns not to share your password.

Example of a low-effort Office 365 login form used for phishing.

In this second example, the actual login page is a nearly perfect copy of the actual Microsoft login page. This phishing campaign was created in Google App Engine. Here, the onus is on the victim to notice that the page is a user-generated page hosted in a Google service. This type of hosting of phishing pages is common on phishing-as-a-service platforms where templates for creating phishing pages can be shared easily.

Example of a nearly perfect copy of a Microsoft login page used for phishing.

Predictions

In 2021, we expect SaaS and webmail credentials to remain in the top two targets of phishing attacks. At the same time, we expect the percentage of phishing baits hosted in cloud apps to increase as more attackers begin to abuse cloud services for phishing. Finally, we expect to see an increase in attackers abusing OAuth workflows in their phishing attacks to circumvent MFA and fly under the radar.  

The analysis presented in this blog post is based on anonymized usage data collected by the Netskope Security Cloud platform relating to a subset of Netskope customers with prior authorization.

author image
About the author
Ray is the Director of Netskope Threat Labs, which specializes in cloud-focused threat research. His background is in software anti-tamper, malware detection and classification, cloud security, sequential detection, and machine learning.
Ray is the Director of Netskope Threat Labs, which specializes in cloud-focused threat research. His background is in software anti-tamper, malware detection and classification, cloud security, sequential detection, and machine learning.