Netskope named a Leader in the 2022 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge. Get the Report.

  • プラットフォーム

    世界最大のセキュリティプライベートクラウドでの比類のない可視性とリアルタイムデータおよび脅威保護。

  • 製品

    Netskope製品は、NetskopeSecurityCloud上に構築されています。

Netskope は、データと脅威の保護、および安全なプライベートアクセスを実現するための機能を統合した、最新のクラウドセキュリティスタックを提供します。

プラットフォームを探索する

ネットスコープ、2022年Gartner社のセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)のマジック・クアドラントでリーダーの1社と位置付けられる

レポートを読む
  • 変身

    デジタルトランスフォーメーションを保護します。

  • セキュリティの近代化

    今日と明日のセキュリティの課題に対応します。

  • フレームワーク

    サイバーセキュリティを形作る規制の枠組みを採用する。

  • 業界ソリューション

    Netskopeは、クラウドに安全に移行するためのプロセスを世界最大規模の企業に提供しています。

最小の遅延と高い信頼性を備えた、市場をリードするクラウドセキュリティサービスに移行します。

詳しくはこちら

シングルパスSSEフレームワークを使用して、他のセキュリティソリューションを回避することが多い脅威を防止します。

詳しくはこちら

SSEおよびSASE展開のためのゼロトラストソリューション

詳しくはこちら

Netskopeは、クラウドサービス、アプリ、パブリッククラウドインフラストラクチャを採用するための安全でクラウドスマートかつ迅速な旅を可能にします。

詳しくはこちら
  • お客様の成功事例

    デジタルトランスフォーメーションの旅を保護し、クラウド、Web、およびプライベートアプリケーションを最大限に活用します。

  • カスタマーサポート

    Netskope環境を最適化し、成功を加速するためのプロアクティブなサポートとエンゲージメント。

Netskopeを信頼して、進化する脅威、新しいリスク、テクノロジーの変化、組織とネットワークの変更、および新しい規制要件への対応を支援してください。

詳しくはこちら

クラウドセキュリティ、ネットワーキング、仮想化、コンテンツ配信、ソフトウェア開発のさまざまなバックグラウンドを持つ世界中の資格のあるエンジニアが、タイムリーで高品質の技術支援を提供する準備ができています。

詳しくはこちら
  • リソース

    クラウドへ安全に移行する上でNetskopeがどのように役立つかについての詳細は、以下をご覧ください。

  • ブログ

    Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)を通じてセキュリティとネットワークの変革を可能にする方法を学びましょう。

  • イベント&ワークショップ

    最新のセキュリティトレンドを先取りし、仲間とつながりましょう。

  • 定義されたセキュリティ

    サイバーセキュリティ百科事典で知っておくべきことすべて。

セキュリティビジョナリーポッドキャスト

ボーナスエピソード:セキュリティサービスエッジ(SSE)の重要性

ポッドキャストを再生する

Netskopeがセキュリティサービスエッジ(SSE)機能を介してゼロトラストおよびSASEジャーニーを実現する方法に関する最新情報をお読みください。

ブログを読む

RSA2022でのNetskope

RSAのNetskopeセキュリティスペシャリストと会って話してください。

詳しくはこちら

セキュリティサービスエッジとは何ですか?

SASEのセキュリティ面、ネットワークとクラウドでの保護の未来を探ります。

詳しくはこちら
  • 会社概要

    クラウド、データ、ネットワークのセキュリティの課題を先取りするお手伝いをします。

  • ネットスコープが選ばれる理由

    クラウドの変革とどこからでも機能することで、セキュリティの機能方法が変わりました。

  • リーダーシップ

    ネットスコープの経営陣はお客様を成功に導くために全力を尽くしています。

  • パートナー

    私たちはセキュリティリーダーと提携して、クラウドへの旅を保護します。

Netskopeは仕事の未来を可能にします。

詳しくはこちら

Netskopeは、組織がゼロトラストの原則を適用してデータを保護できるように、クラウド、データ、およびネットワークのセキュリティを再定義しています。

詳しくはこちら

思想家、建築家、夢想家、革新者。 一緒に、私たちはお客様がデータと人々を保護するのを助けるために最先端のクラウドセキュリティソリューションを提供します。

私たちのチームに会う

Netskopeのパートナー中心の市場開拓戦略により、パートナーは企業のセキュリティを変革しながら、成長と収益性を最大化できます。

詳しくはこちら
ブログ 脅威からの保護 Customer Zero: A Case Study
Jun 13 2019

Customer Zero: A Case Study

Being CISO for a security technology vendor can be an interesting position. My job combines the usual CISO responsibilities alongside daily self and industry analysis as I support our own product teams to continually improve their understanding of, and support for my industry peers.  In this role, I thought it would be interesting to share a recent experience of a security threat originating from one of our enterprise software cloud service providers.

The identification

One of the many benefits of being a security company is that the employees are generally savvy about spotting security threats, so the identification of this event came in the form of a morning phone call, alerting me that one of the cloud services our sales team uses was experiencing a DNS redirection issue.  In this example, automatically redirecting to a uncategorised site. Had I not had that call it would only have taken a few more users logging in and taking an action including an actual attempt to download the malicious flash player binary the page was serving for our threat detection engine to trigger and our machine learning anomaly detection (MLAD) algorithms to report the incident , but as it was, I got a head start on the machines (thanks Andy!)

My process

My first step was to block the dormant redirect site with our Netskope for Web gateway, so that I could be confident it was no longer a threat.  Having taken that simple step, I needed to start on a more forensic assessment of exactly what the threat had been.  

Our CASB enables me to monitor all of the cloud services we use (Netskope CASB has a database of 28,500+ cloud apps), so I could instantly check to see who had recently used the service in question, and what data movements there had been (i.e. had any sensitive data been compromised).  While no data had been compromised, I was particularly grateful for the CASB at this point because (as is common for cloud services) the affected service requires a number of exceptions to be added to more traditional secure web gateways and analysing logs with exceptions is not an efficient method to triage activity .  Without the CASB, I would not have had any detailed insight on the user, application and data interactions and would have had to assume the worst case scenario , that the whole organisation may have been affected. 

By collating information from both the vendor concerned (who, when asked, provided details of the time period of the DNS issue) and our own analytics engine, my analysis identified 24 employees who had used the service during the compromised period.   The CASB told me exactly who they were, so I was able to perform targeted retrospective endpoint scans to look for (and eliminate) any malicious payloads that may have made it onto our systems. For this, Netskope’s product integrates directly with many endpoint technology providers allowing our security teams to initiate these scans directly through the Netskope console for the 24 employees potentially exposed.

Happily ever after

The dwell time on this threat was about 10 minutes, which meant that no major damage was done, but the risk was acute.  I was helped by proactive employees reporting of the issue, which reiterates the importance of employee threat education.

Conclusions

I often consider myself ‘customer zero’ for Netskope technology.  Everything we build gets its first real-world installation on our systems, and as such I am probably the most awkward customer we have. As CISO  I am, after all, responsible for the effectiveness of our systems and processes.

For me, the integration of the secure web gateway and cloud access security broker is incredibly useful, but it is definitely the cloud security capabilities that leads our security team. With the web exceptions and ‘direct-to-net’ loopholes needed to run a modern digital workplace, I see a web gateway as a sledgehammer tool.  Sometimes you need to be aggressive and unequivocally block a site and a web gateway is just the tool for the job. But more often nowadays I need much more information and context for a more nuanced approach to security, and it is the CASB that gives me that.

author image
About the author
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).
Neil Thacker is a veteran information security professional and a data protection and privacy expert well-versed in the European Union General Data Protection Regulation (EU GDPR).